2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

雇用梗塞とでも言うべきか。

1 :すきやきっち@似非学者 ◆a2T922RdeA :02/12/30 11:31
失業率やフリーターを辞めない若者等の雇用問題や
子育ての不届きや離婚などの家庭問題や
消費意欲の伸び悩みは
雇用形態の選択肢の粗末さによる
雇用流動の梗塞状態が大きく影響していると思う。

「正社員」と言うシステムは、確かに、雇われる身には
「雇用期限無し」等の保障が効いて魅力的であるし、
企業側としても、社員への融通の要求等魅力的だが、
そこまでの制度を雇用側も労働側も
それほど多くの量を求めているかっていう話は別。

で、保障を減らしたり、融通の要求を減らすシステムとなると契約社員となるが、
かなり制度的に正社員との距離があり、正社員的な魅力は持ち得ていないし、
会社が自分で制度を手作りしても、法整備面からして
雇用側も労働側も悪知恵を効かした者勝ちな現状。

派遣は、職能を基準に配属されるという魅力と
「派遣元」という、会社の人事部よりも責任を問いやすい人事システムと
高職能な人材を短期的期限で雇えるという魅力があるが、
一年契約しかないので、あまり派遣社員に
個々の企業での独特得な面での熟練を求められない。
それに、職種が限定されているし、派遣へのイメージは
男が派遣になるには正社員並みの世間体を捨てる覚悟がいるくらいである。

そんな状態だから、労働者としては、その時その時の状態に即した
雇用形態を満たせていない分、正社員という重みを避けてフリーターになったり
残業や出張を断れない分家庭を粗末にしたり、
思い切った人生設計を実行は気分がよろしくなかったり不安であったりする。
企業側としては、労働者の能力を引き出せない分、利益をあげにくいと思う。
何とかならないかなぁ〜・・・

2 :名無しさんの主張:02/12/30 11:35
>一年契約しかないので
法律が変わって期間が延長されると聞いたが?

3 :名無しさんの主張:02/12/30 11:45
労働者全員を正社員にする
労働内容の違いで賃金格差をつける
社会保障制度は全員同じとする
正社員の勤労時間は短時間から長時間まで自由に決めれる


4 :山崎渉:03/01/07 16:29
(^^)

5 :名無しさんの主張:03/01/15 16:36
逆療法として、期限のない雇用契約の禁止でどうよ

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)