2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文系】役に立たない学問とは【理系】

1 :名無しさん:02/12/25 20:30
文系・理系の中で存在意義の無い学部を教えて下さい。(理由付きで)


2 :名無しさんの主張:02/12/25 20:32
「俺にとって」存在意義があるかどうかと問うべきだな。


3 :2:02/12/25 20:32
2

4 :名無しさんの主張:02/12/25 20:43
文学部

5 :名無しさんの主張:02/12/25 20:45
教育学部 特に必要ないよね、教職取ればいいんだから

6 :名無しさんの主張:02/12/25 20:45
全く存在意義が無いというのは難しいが,経済学部などは
学費に見合う価値のある授業を提供しているとは言いがたいな。
特に日本の経済学部については。

7 :名無しさんの主張:02/12/25 20:46
農学部もいい就職がないから駄目。

8 :名無しさんの主張:02/12/25 20:46
神学

9 :名無しさんの主張:02/12/25 20:52
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。
もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。

「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。

ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。

青空のなかををツバメが横切っていった。


10 :名無しさんの主張:02/12/25 21:05
>>7
なに言ってんの!
獣医学部は公務員なんか簡単になれるし、雪印の研究所、農水省、JRA・・etc

  いくらでもいいとこあるよ!

11 :名無しさんの主張:02/12/25 21:06
天文学部

12 :名無しさんの主張:02/12/25 21:07
>>10
農林の技官なんかなってなにがいいんだ?

13 :名無しさんの主張:02/12/25 21:11
>>12 まあそうだけど、学年で10位以内位じゃないといけないよ


でもJRAはいいでしょ?  年収3000万行く事も可能だし 



14 :名無しさんの主張:02/12/25 21:16
誰かが真剣にやっている事柄に、意味のないものなんてないと思う。
以前は、「家政学部って何?」なんて思っていたけど、FMでやっている
放送大学の生活科学(家政学のことを最近はそう言うらしい)の講義を
なんとなく聞いていて、自分の認識を改めたことがある。

人間、必要に迫られてあれこれ勉強したり、働いたりするけれども、
なかには「自分の好きなこと」にしか熱中せず、またそんな人生を過ごす
ことが許される人もいる。
そういった人たちが成し遂げた成果を、習得出来るのが学校であって、
大学の学部ともなると、無意味なもんなんて有り得ないのではないかと信ずる。


15 :名無しさんの主張:02/12/25 21:17


メリークリスマス。。★彡
パートナーは見つかりました?(o^.^o)

http://abba.hp.infoseek.co.jp/1/



16 :名無しさんの主張:02/12/25 21:21
>>14
じゃあ、行って損する学部、っていうタイトルにした方が良いかな。
就職が厳しい学部にいって不本意な就職をすることになったら本人にとっては
明らかに損したわけだから、そういうケースが多い学部をあげてみよう!

17 :名無しさんの主張:02/12/25 21:23
>>14
存在意義とは物事が他との関連においてもつ価値や重要性

 家政学に価値や重要性があると思いますか?


18 :名無しさんの主張:02/12/25 21:25
>>16
     一人一つでお願いします(出来たら理由付きで)



19 :名無しさんの主張:02/12/25 21:26
考古学部

20 :名無しさんの主張:02/12/25 21:26
「女性学」
田島陽子という歪な人生を送ってきた性悪な女性の説いた愚痴の集大成。
もちろん世の役に立ってないばかりか、薄っぺらな哲学(*)で他の女性を毒し
日本中に害悪を撒き散らしている。

(*)「哲学」というには余りにお粗末な学問であり、理性より感情で成り立って
 いる世にも珍しい「学問?」。


21 :名無しさんの主張:02/12/25 21:28
就職の為に行くんなら全部の学部が無意味


22 :名無しさんの主張:02/12/25 21:35
>>21
なわけない。
慶応法学部は官僚になりやすい。
だから官僚志望者にとっては有意義だ。

23 :名無しさんの主張:02/12/25 21:36
完了死亡

24 :名無しさんの主張:02/12/25 21:52
理学部

理由:机上の空論。パンチョ伊東と同じ


25 :名無しさんの主張:02/12/25 22:11
>>24
パンチョ伊東って・・・  理学部ってどんな事やってるの?


26 :名無しさんの主張:02/12/25 22:11
大学時代パン教で義務的に取らされた科目も、卒業して随分たってから
本読み直してみるとおもしろいのなんのって・・・。

就職にトクする科目か否かの話を別とすれば、
人生に役に立たない学問なんて一つもないよ。

27 :名無しさんの主張:02/12/25 22:15
>就職にトクする科目か否かの話を別とすれば、
>人生に役に立たない学問なんて一つもないよ。

別にできない人が多いのが問題

28 :名無しさんの主張:02/12/25 22:16
>>26
それらが何の役に立ってる? もっとやりたい学問あったでしょ?

29 :名無しさんの主張:02/12/25 22:17
早速おいでになりました

30 :名無しさんの主張:02/12/25 22:18
>>20哲学自体何の役にも立たないYO

31 :名無しさんの主張:02/12/25 22:20
まあ、「知的好奇心」の程度は個人差大きいから・・・。

32 :名無しさんの主張:02/12/25 22:21
役に立つ勉強したいなら大学より専門学校行け。

33 :名無しさんの主張:02/12/25 22:22
一番手っ取り早く立つのは自動車運転免許。

34 :名無しさんの主張:02/12/25 22:33

 天文学・文学・考古学・音楽科・体育学部

   こんなもん遊びだよ!

35 :セニョリート名無し ◆40WnEtzSeY :02/12/25 22:35
ドイツ語学部

ドイツ語は役に立ちません。


36 :名無しさんの主張:02/12/25 22:37
>>35 役に立つだろ、ウェーバーとかマルクスが原本で読めるじゃないか

37 :名無しさんの主張:02/12/25 22:40
>>36
そもそもウェーバーとかマルクス読んでも何の役にも立たないYO

38 :名無しさんの主張:02/12/25 22:40
教養コンプレックス。

39 :名無しさんの主張:02/12/25 22:41
読んで役に立つのは東スポだけ

40 :名無しさんの主張:02/12/25 22:41
>>35
英語よりドイツ語のほうが簡単だったよ。 あんたドイツ語やったの?

41 :名無しさんの主張:02/12/25 22:43
>>37 暇つぶしになる

42 :名無しさんの主張:02/12/25 22:44
>>33
そうだ!
自動車学校>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>東大
だよ。
俺も東大卒の学歴なんて就職活動でも役に立たなかったけど、免許のお陰で
配達の仕事が見つかったよ。案外給料いいし、まあ、満足だね。
ただ、大学行った分だけ時間とお金を損した気がするけど。

43 :名無しさんの主張:02/12/25 22:45
>>38実務に何の役にも立たない教養をつけても生活は良くならないぞ
あんた教養でメシが食えるか? 役に立つって医学とか法学なんかを言うんだよ!

44 :名無しさんの主張:02/12/25 22:46
>>42
あんた東大出てなんで配達なんかやってるの?

45 :名無しさんの主張:02/12/25 22:47
教養コンプレックス。

46 :名無しさんの主張:02/12/25 22:47
>>41
漫画でいいじゃん

47 :名無しさんの主張:02/12/25 22:48
>>45
医学とか法学は教養とは言わないの?

48 :名無しさんの主張:02/12/25 22:49
ウェーバーが社会学のみならず
法学や経済学などの社会科学全般に与えた影響をしらないのだらうか?

49 :名無しさんの主張:02/12/25 22:50
>>46 当然漫画、映画、音楽も好きだよ。でも直ぐ終わっちゃうじゃん。


50 :名無しさんの主張:02/12/25 22:50
>>43
しかしキミは女が腐ったような考え方をするな。

51 :名無しさんの主張:02/12/25 22:51
>>48 行政学と政治学が抜けてます。

52 :名無しさんの主張:02/12/25 22:53
>>51
法学や経済学「など」とちゃんと書いています。

53 :名無しさんの主張:02/12/25 22:54
>>50
女が腐ったようなって・・・ そんな事言う奴に言われたくないよ

54 :名無しさんの主張:02/12/25 22:54
「何の」役に立つのか、役に立たないのかを示せ。

55 :名無しさんの主張:02/12/25 22:55
>>50女が腐ったような考え方とはなんなのよ! 女性差別じゃないの!

56 :名無しさんの主張:02/12/25 22:55
だから学問なんてみんな暇つぶしなんだって、生活に余裕がある奴のお遊び

57 :名無しさんの主張:02/12/25 22:56
教養コンプレックス。

58 :名無しさんの主張:02/12/25 22:57
>>49 早いか、遅いかの違いでしょ?  
漫画だけでも全部読もうとしたら死ぬまでかかっても無理だよ


59 :名無しさんの主張:02/12/25 22:58
>>53>>55
おーよしよし

60 :名無しさんの主張:02/12/25 22:58
>>56逆だろう。 生活していく為の手段でしょ?

61 :名無しさんの主張:02/12/25 23:00
>>58 そうだよ、漫画は金が掛かりすぎるしその後の展開が気になると他のことが手につかなくなるし
でも漫画も好きなんだよな、困った

62 :名無しさんの主張:02/12/25 23:00
>>57 乞食が教養あってもコンプレックス持たないよ


63 :名無しさんの主張:02/12/25 23:01
なんつーのかな。
学歴スレに釣られていた教養コンプレックスを持つ連中が
文学スレとこのスレに集結している気がする。
やはり必要なのか?「高卒って生きてて恥ずかしくないの?」スレって?

64 :名無しさんの主張:02/12/25 23:01
>>62
じゃあ乞食になれば?w

65 :名無しさんの主張:02/12/25 23:02
>>61
じゃあ、金があればいいんだね? 

66 :名無しさんの主張:02/12/25 23:02
一つだけ言っとくがな
わからないならわからないってはっきり言った方がいいぞ。
別にバカにしたりしないからさ

67 :名無しさんの主張:02/12/25 23:03
>>63 違うって。 ココ立てたのは理系学部の奴だよ。


68 :名無しさんの主張:02/12/25 23:04
>>67
それなら
そもそも学問なんていらない
なんて言っている奴がいるってどういうこと?

69 :名無しさんの主張:02/12/25 23:05
>>67
つかお前が>>1
重複スレちゃんと削除依頼に出しておけ

70 :名無しさんの主張:02/12/25 23:05
>>68
結局、文系を叩きたいんだよ

71 :名無しさんの主張:02/12/25 23:07
>>69 いや、ちがうよ!! 

72 :名無しさんの主張:02/12/25 23:07
>>70
「学問」の中には理系も含まれているのに
それにもかかわらず学問を叩いている奴はアホ? 

73 :名無しさんの主張:02/12/25 23:07
>>60 
学問が生活していく手段?円周率を知らないと球体を作れないって事ですか?

74 :名無しさんの主張:02/12/25 23:07
>>71
じゃあなんでここ立てた奴が理系だなんて分かるんだよ(藁


75 :名無しさんの主張:02/12/25 23:08
>>73
たてものが どうやって せっけいされ つくられているのか しっていまちゅか?

もっとべんきょうしようね!

76 :名無しさんの主張:02/12/25 23:11
>>75 バカだねそんなの学として研究する必要なんて無いよ。
科学誕生以前に建物が無かったのならわかるけど 歴史から学べ

77 :名無しさんの主張:02/12/25 23:11
>>72
役に立つ学問は要る→理系マンセーって流れでがんばってる

78 :名無しさんの主張:02/12/25 23:13
>>1
  ∧_∧   
 ( ・∀・)< こんなのをみつけたっち♪ 
http://freeweb.kakiko.com/hiroyuki/

79 :名無しさんの主張:02/12/25 23:13
>>76
文明を科学誕生以前に戻せと仰るのですか?

一人で原始人並みの生活してください。

80 :名無しさんの主張:02/12/25 23:13
脳の機能が解明されないと思考も出来ないと思ってるんだろうか?

81 :名無しさんの主張:02/12/25 23:14

脳梗塞になっても医者にかからないのだろうか。

82 :名無しさんの主張:02/12/25 23:15
>>77
じゃあ今は
理系VS学問不要
という対立なのか?

83 :名無しさんの主張:02/12/25 23:15
これでも見て勉強しましょう。
http://csx.jp/~taka-shige/





84 :名無しさんの主張:02/12/25 23:18
>>81
関係ないけど個人が決めればいいんじゃない?

85 :名無しさんの主張:02/12/25 23:19
>>84
まあ学問は不要と思っている奴は
決して脳梗塞になっても医者にかかってはいけないだろうけどね。
言行不一致になるからな。

86 :名無しさんの主張:02/12/25 23:19
役に立つ=物を作る 又は 役に立つ=収入源になる しか頭に無いのかね理系の奴らは

87 :名無しさんの主張:02/12/25 23:22
学問が不要とは思わないがとりあえず落ち着け

88 :名無しさんの主張:02/12/25 23:24
メルヘンチックな文学部の男はキモイ

89 :名無しさんの主張:02/12/25 23:25
メンヘルチックな理系の男はコワイ

90 :名無しさんの主張:02/12/25 23:26
>>88
>>89
両方コワくてキモイというのが正解。

91 :名無しさんの主張:02/12/25 23:26
頭の悪い科学信者に限って幽霊は居ませんとかのたまうんだよね 
証明してみろよ

92 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/25 23:30

西欧の文学者は、文章の論理を重視し、動詞を慎重に選択して創作します。

日本の文学者気取りは、
文章の名詞や形容詞を「知っているかどうか」で、
パネルクイズアタック25みたいに一喜一憂します。


93 :名無しさんの主張:02/12/25 23:30
>>86
世の中を一変させてしまうような発見はやっぱり理系だよね? 
例えばノーベル文学賞受賞者の功績って世の中に何か影響与えてる?

94 :名無しさんの主張:02/12/25 23:31
ないってことを証明するのはむずかしいぞ

アリバイだって一人の人間が同時に2ヵ所に存在できないってことが前提で
違うところに居たってことで証明するんだからな。

95 :名無しさんの主張:02/12/25 23:31
>>92 おめでたくて良いじゃないか

96 :名無しさんの主張:02/12/25 23:34
>>93 どういう風に変わるかはあまり議論しないよね。


97 :名無しさんの主張:02/12/25 23:35
>>86>>93で無限ループ

98 :名無しさんの主張:02/12/25 23:37
とりあえず文系=文学部だと思っている奴は
なんというかまあオツムの程度がモーレツに(略

99 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/25 23:39

西欧では文系とか理系という区別がそもそも無い。
(私の10回以上にわたるロンドン出張とビジネスマンとの会話などから邪推するに)


100 :名無しさんの主張:02/12/25 23:40
>>96
白川教授の「伝導性ポリマーの発見と開発」で携帯電話の小型化


101 :名無しさんの主張:02/12/25 23:42
おまえらが2ch出来るのも工学部のおかげ

102 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/25 23:46

>>101
それはそうかもしれないが、
あんたたちが毎日仕事が出来るのは経済学部や経営学部のおかげ、とも言えます。
あんたたちが毎日食事が出来るのは農学部や水産学部のおかげではないのですか?
あんたたちが毎日セックスが出来るのは医学部のおかげではないのですか?


103 :名無しさんの主張:02/12/25 23:57
野依教授のおかげで奇形児が生まれなくなった
田中さんのおかげでガンの早期発見が出来るようになった
江崎さんのエサキ・ダイオードの発明により家電の省力化が進みました

川端康成により・・・・・・?????????

104 :名無しさんの主張:02/12/25 23:59
>>86
>役に立つ=物を作る 又は 役に立つ=収入源になる しか頭に無いのかね理系の奴らは

「役に立つ」というイデオロギーは、個人のルサンチマンから来ています。
本当はみんな、役に立たない純粋な基礎学問に憧れているのです。
アーチストとか宇宙の真理とか尊師のサットバの先とか、そういう感じ。
でも、己の才能がないから、就職してメシを食っていかねばなりません。
というわけで、自分の置かれた/置かれる状況(サラリーマン)を肯定するため、
「役に立つ生き方こそ正義」(経済に貢献する生き方こそ正義)と叫ぶのです。
コスト削減、生産性向上、この手の「人生諦めた言葉」は沢山あります。


105 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/25 23:59

川端康成により、
日本人は北チョンからのミサイルを心配して毎晩シェルターを掘ることもなく、
人間の知性や業を深く考えながら暖炉でうとうとすることができます。


106 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/26 00:02
>>104
コスト削減、生産性向上が、どうして「人間諦めた」になるのですか?
あなたはものすごく異常です。
まるでフランス留学から帰国したポル・ポトの日記の抜粋のようです。

あなたは市場経済そのものに憎しみでもあるのですか?
富の創出と資本の流動性が人類の知性向上の最大の貢献物であることを、
絶対に認めたくないのですか?


107 :名無しさんの主張:02/12/26 00:07
>>106
>コスト削減、生産性向上が、どうして「人間諦めた」になるのですか?

サラリーマンだからです。

>あなたは市場経済そのものに憎しみでもあるのですか?

ありません。ご苦労様です。がんばってください。

>富の創出と資本の流動性が人類の知性向上の最大の貢献物であることを、
>絶対に認めたくないのですか?

それ、知性ではありません。


108 :名無しさんの主張:02/12/26 00:09
>>105 文学者はホームレス・アフガン難民を救う事は出来ないが、科学者には出来る


109 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/26 00:10
>>107
あなたはイスラムの数学や、西洋のルネサンスが、
領土拡大と資本蓄積、市場拡大と技術競争の尖鋭化から
起こったのだという「常識」を、
高校でも、いや中学でも、習いませんでしたか?


110 :名無しさんの主張:02/12/26 00:14
>>7
結構、都道府県や市などの自治体職員になってる

111 :名無しさんの主張:02/12/26 00:17
>>110
あなた獣医科出たの? もしかして共済

112 :名無しさんの主張:02/12/26 00:17
1へ
学問に役立たずは無い。
人間には役立たずが居るが。


113 :名無しさんの主張:02/12/26 00:19
モノ作る奴だけいたらいいんだよ。 
営業とかそんなモンいらん いい物は買いに来てくれるんだから

114 :名無しさんの主張:02/12/26 00:22
どうせ多くの人間は、自分や他人が経験した来たことを理論づけたり、
体系化したりは出来ないのだから、先人の業績を素直に学ぶことによって、
その人なりの人生観であるとか、価値観を確立することが出来るのでは
なかろうか?

家政学が何の役に立つか?
乳幼児の食事について、個々の母親の体験や、医学者の提言をもとに、
あるべき指針を打ち出したりしている。
育児というものは、母親の裁量によって行われるのが普通だが、それに
自信が持てない人にとって、「とりあえずのアドバイス」程度のことは
出来るのではないかと思う

115 :名無しさんの主張:02/12/26 00:24
先にも誰かが指摘していたことだけど、結局は『知的好奇心』の
個人差による問題に尽きるね。


116 :名無しさんの主張:02/12/26 00:26
とりあえず、哲学は糞だろ?

医学・法律学・マーケティングなど、実学性あるものの方が生きていくにはいいでしょう。

もちろん、充実もあるんだろうけど。

自我やら存在がどうかを知っても「それが何なの?」としか思えんよ。

117 :110:02/12/26 00:28
>>111
No

118 :名無しさんの主張:02/12/26 00:29
>>116 マーケティングは外しといてね

119 :名無しさんの主張:02/12/26 00:30
人は自由に生きていけるのが幸せだと思うのだが、
他人の自由を侵害してまで、自分の自由を貫くことは出来ない。

自分が学ぶべき学問と巡り会えるのは幸せなことかも知れないが、
そんな他愛もない満足感をさらに充足させるために、
他人が好きでやっている学問のことにまでとやかく言うのは失礼千万。

その学問が役に立つかどうかは、やっている当人の判断に任せるべき。
世の中のすべての事柄に対して、あれこれ批判めいたことを言うヤツは、
金正日なる人物ひとりで充分。

120 :名無しさんの主張:02/12/26 00:31
科学的思考の基礎に哲学あり。


121 :名無しさんの主張:02/12/26 00:33
科学者も殆どの場合即物的な社会への貢献が動機でないケースが多いけどな。

医学に貢献し世界の人々を救うことを動機としてレントゲンはX線を発見したわけではない。
彼は陰極線の実験をしていただけで、それは彼が単純に陰極線とは何ぞや?という自分の(そして
おそらく学会全体の)好奇心を満たすべく研究していたに過ぎないわけだ。
だが結果としてX線は医学に革命を起こしこの技術によってどれほどの人命が救われたかはいうまでも無い。
レントゲン自身もそのことに満足しているだろう。だけど動機はけっして人命救済ではなかった。
医学でも研究畑の人は臨床より実験志向で、それはやはり好奇心が原動力なのではないかな。

このスレで語られている「役に立つ理系」というのは工学に属する分野に思われる。
工学というは実学であるから「役に立つ」ことが求められるしそれが動機である場合も多いだろう。
だが工学もまた理学の上に成り立っている。「役に立つ」ことだけを目的とした研究のみを
行っていたらおそらくこれほど人類の発展はなかっただろうと思われる。

122 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/26 00:34

おお、哲学だけはクソだ、とかなり妥協を示しましたね。
でも哲学はクソではないですよ。
市場、意思決定、製品の魅力などなど、
抽象的で多元的な解釈が可能な議論をすればするほど、
暗記型人間の浅薄さ加減がだんだん露呈してきます。

私はなんでも需給の関係でとらえる癖がついていて、
唯物的だなどとボスに言われたこともありますが、
でも抽象度が高くなればなるほど、哲学とか数学の思考鍛錬が必要なのは確かなのでは?
そんな学部の必要性うんぬんはわかりませんが、
そういう知的鍛錬は、ただの条件反射の労働者と一線を画すため、
絶対に必要です。


123 :名無しさんの主張:02/12/26 00:35
>>109
>あなたはイスラムの数学や、西洋のルネサンスが、

数学はアプリオリ的に人間の本能です。
ルネサンスのメッセージと引き金とは親和しません。


124 :名無しさんの主張:02/12/26 00:36
文系の奴らに飯の種を与えてるのは理系

125 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/26 00:39
>>121
>「役に立つ」ことだけを目的とした研究のみを行っていたらおそらくこれほど人類の発展はなかっただろうと思われる。

逆です。
市場の存在を知り、役立てよう、とする意欲があったからこそ、
その開拓者の時間や知性や物理的要求に投資をするスポンサーがあらわれ、
開拓者はじっくりと研究を続けることができたのです。

バナナだけをとって食う途上国にも、
すごいヒラメキをする人間は居るかもしれません。
でもそのヒラメキを追求するだけの市場環境がなく、
そんなことをボンヤリと悩んでいるあいだに、ものすごいスコールがやってきて、
その人は家と畑を守るため、ヒラメキのことなど忘れて奮闘することになります。


126 :名無しさんの主張:02/12/26 00:41
>>125
その通り。
バカなスポンサー99人は、
天才のアーチスト1人を養う宿命なのです。
まあ、がんばってくれや。
俺は天才。よろしくな。


127 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/26 00:42

>>123
じゃああなたは、人知とは引き金でほぼ決まり、
それを市場で商品化するルネサンスなどはほぼ偶発的なものだと…?
>>125を読んでください。もうこれ以上は何も反論しませんから。




128 :名無しさんの主張:02/12/26 00:42
>>125
>そんなことをボンヤリと悩んでいるあいだに、ものすごいスコールがやってきて、
>その人は家と畑を守るため、ヒラメキのことなど忘れて奮闘することになります。

なんとなくワラタ。

129 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/26 00:43
>>126
なにが「その通り」や?
まったく分かっとらんやないか!


130 :名無しさんの主張:02/12/26 00:44
数学と哲学は密接な関係。


131 :名無しさんの主張:02/12/26 00:45
今までスレ出て来た考え方を類型化すると

@学問なんてそもそも役に立たない。

A理系は実利(というか有り体に言えば「メシ」)の点で役立つからいい。
 実利に結びつかない文系は要らない。

B理系に限らず文系も実利の点で役に立つ。

C実利の点で役に立たない学問もあっていい。
 文系が役に立たなくても、何の問題もない。 

大雑把に言うとこんなところかな・・・

132 :名無しさんの主張:02/12/26 00:45
1 : ◆MUMUMUkopk @むむむφ ★ :02/12/25 18:35 ID:???
 気象庁や東京都庁が先週、庁内で無線LANの利用を相次いで停止した。建物の
外で部外者が電波を受信すると、個人情報などをのぞき見できることがわかった
からだ。
(中略)
 気象庁では職員のパソコン内にあるシステム設計図、議事録、契約社員の勤務
状況などが外部から読める状態だった。 火山課などは、暗号化や、登録された
パソコンしか接続できないようにする安全対策をしていなかった。
(中略)
 東京都庁では、建設局、環境局などで複数の無線LANを暗号化せずに使って
いた。 病院経営本部では、約80台の職員パソコンの多くが外からアクセスできる
状態だった。都立病院に勤務する医師の報酬一覧、薬剤の購入表などのほか、
患者の情報まで漏れ得る状況だった。
(中略)
 経済産業省では、情報システム厚生課の無線LANの電波が、外部から受信
できる状況だった。パソコンに、「ハリー・ポッター」などの映画やドラマ、アイドルの
ビデオなど多くの不正コピーソフトが蓄積されていた。
(以上、2002年12月25日のアサヒ・コムより一部引用―全文は引用元を参照)
引用元: http://www.asahi.com/national/update/1225/035.html

http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1040808946/
http://live2.2ch.net/test/read.cgi/news/1040808952/

133 :裕香(14) ◆knhF0rmC.o :02/12/26 00:48
古典かな。なんとなく。。

134 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/26 00:50

>>131
ひとつ抜けている。
D 実利に役に立たない学問などありえない。
なぜなら直接意識しているかいないかに関わらず、どんな学問も実利の市場に出入りすることになるから。



135 :名無しさんの主張:02/12/26 00:51
>>125
それはレントゲンの例もそれに当てはまりますか?
私にはそうは思えません。仮に投資していた存在があるとして医学に貢献させようと思って彼に
投資していたわけではない。それならもっとましな、何か新薬の研究をするとか
そういうことをやらせたほうが合目的であるはずです。だが彼は陰極線の研究をしていた。
それは医学に役にはたたないしそれどころか彼は医学の研究者ですらなかった。
だけどX線の発見による医学への貢献(それに伴う社会や市場への貢献)はおそらく
レーザーメスの研究(こっちは純粋に医学への貢献を目的として研究していたわけですが)
よりはるかに大きい。
当然ながら市場や経済の存在が研究(とそれに必要な資本の投資に)必要であることは
認めましょう。だが研究は必ずしも投資した側の要求に答えることを動機としていない。
あるいはしていないケースが多いということです。


136 :名無しさんの主張:02/12/26 00:52
>>134
あなたのいうDはBに還元できます。

137 :名無しさんの主張:02/12/26 00:53
>身長183cmの普通の日本人27歳

オレにはどうしても分からないんだけど、天文学・考古学の必要性を説明してよ。  
インチキ考古学者がでっち上げばっかりしてたけど何も困らなかったし

138 :名無しさんの主張:02/12/26 00:53
>>129
いい加減、素直になったらどうですか? ルサンチマンはやめれ。

>>131
>A理系は実利(というか有り体に言えば「メシ」)の点で役立つからいい。
> 実利に結びつかない文系は要らない。

「役に立つ」ことしか考えていないのが、(いわゆる)文系です。
(いわゆる)理系とは、役に立つことを内心バカにしている純粋な人。

純粋だからこそ、おっとりしているからこそ、
自分の才能に自信が持てないからこそ、
中途半端な(いわゆる)理系は、「役に立つ」ことに逃げるのです。
「役に立つ」というのは、要するに強迫観念なのです。

ご苦労なこった。


139 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/26 00:56

>>135
でも、
レントゲン技術が体系化され、発表の段に至ったとき、
「バカじゃねーの、そんなもんより、美味い酒持って来い!」
などと吠えまくる連中ばかりだったら、
レントゲン技術や理論をまとめた論文類も、焚き火で燃やされて終わっていたのでは?
実用化を考えるほどの知的な人々が、なぜ発表の場に集まったか、
ここを考えると、投資だけではなく商品化においてやはり市場規模の意義はかなり大きいはずです。



140 :名無しさんの主張:02/12/26 00:57
まあ身長なんとかの言ってることは判るけどね。

つまりどんな活動だって人間の活動は市場の実利に出入りしてるって話だろ。
そんなもん「すべての人間の活動は太陽光線の恵みを元にしている」という話と同じで
そのとおりだけど、だから何?って話なんだよね。

困ったことにこういうタイプはそういうひとつの完璧(に見える)原理をみつけると
その原理を元に社会から人間性までそれを原理とした思想に凝り固まる傾向があるんだな。
気をつけたほうがよい。世界はいろんな側面に満ちているというのに。

141 :名無しさんの主張:02/12/26 01:01
137へ
天文学は物理法則の解明にも役立ち、物理法則の解明は科学文明に欠かせない。
考古学で得られる情報が歴史の組み立てに有効で、
正確な情報は他の事例・現象の年代測定に応用できる。


142 :名無しさんの主張:02/12/26 01:07
>>141 じゃあ現在はどっちも必要ないって事になるね。 


143 :名無しさんの主張:02/12/26 01:08
現在ではー現代では

144 :身長183cmの普通の日本人27歳:02/12/26 01:13
>>140
また知識だけふりかざしているね。
だいたい、太陽の恵みで「僕らはみんな生きている」云々と、
市場経済との需給の関係は、
個人の選択や分業の可否という観点からして、
ぜんぜん違うよ。
頼むぜ、オイ、学生なら、俺みたいに
「身長が言えない普通の中国人18歳の学生」
と名乗ったらどうだ。


145 :名無しさんの主張:02/12/26 02:09
>>140
身長某ではないが、そういう決め付けも凝り固まって見えるぞ。

146 :名無しさんの主張:02/12/26 02:12
>>142
まだまだ解明できてない物理法則はあるし
歴史はまだまだ積み重ねられていくよ。
現在は必要ないなんてことはない。

147 :名無しさんの主張:02/12/26 04:49
第二次世界大戦後のアメリカで、
「どの学問がどれだけ戦争に貢献したか」
を数値化して報奨金の額を決めるという試みがあったそうな。

その結果は、
最高=物理学
最低=地理学
だったんだって。

この話は大学で人文地理の先生に聞きますた。

148 :銘無し:02/12/26 04:57
何の役にも立たない数学万歳。


149 :名無しさんの主張:02/12/26 05:11
たのしけりゃ役に立ってる。
既出かもしれんが問いが間違い。

150 :名無しさんの主張:02/12/26 05:37
>>147
それ聞いたことないんだが、
核爆弾作って本土で戦わずに勝てたってことの比喩じゃないの?

151 :名無しさんの主張:02/12/26 08:13
>>148
土木屋だけど数学は役に立ってるよ

多くの理系の学科では、専門課程で数学履修させてる

152 :名無しさんの主張:02/12/26 18:09
>>151 土建屋がそもそも役立たずじゃないか、役立たずの役に立っても役立たず

153 :名無しさんの主張:02/12/26 19:37
科学史学部・・ これって何よ??

154 :名無しさんの主張:02/12/26 19:41
「21世紀アジア学部」

155 :名無しさんの主張:02/12/26 19:49
今、実際に廃止になってる学部(特に教育・文学)って多いですが、
やはり時代が必要としない学部は役に立たないと言う事になると思います

156 :名無しさんの主張:02/12/26 20:22
>>152

まあ、数学がないと橋も架からないし、道路もできないし、しょっちゅう洪水が起こるってこと

157 :名無しさんの主張:02/12/26 21:01
>>156
これ以上税金の無駄使いさせんな!  橋も道路ももういらん!!

158 :名無しさんの主張:02/12/26 21:05
何万人のくいぶちがなくなるか

いまだに出稼ぎ外人までいる業種だし

159 :名無しさんの主張:02/12/26 21:14
>>158外国に行けばいいじゃん

160 :名無しさんの主張:02/12/26 21:28
数学ないと、テレビも携帯も出来てこないぞ

読み書きそろばん

161 :32:02/12/26 21:33
>>160 数学科は絶対に要ります!  でも数学史学科は要りませんよね?


162 :名無しさんの主張:02/12/27 10:10
メルヘンチックな文学部の男はキモイ

163 :名無しさんの主張:02/12/27 10:22
早く地球連邦政府を作ってくれないと
歴史が大きく変わってしまう

164 :名無しさんの主張:02/12/27 10:39
多くの大学で「数学科」が「情報数理学科」だとか「数理科学科」
とかに改称、改組されているのを見ると、当の数学科自身が
数学単独で生き残るのは困難という認識を持っているのであろう。

165 :名無しさんの主張:02/12/27 15:22
お約束だけどなんの役に立つのかをはっきりさせないと無意味な問いだろ。

「何らかの役に立つ」だったら全ての学問が入っちゃうから。

166 :名無しさんの主張:02/12/27 15:28
>>165
だから、科学史学科や芸能学科みたいに本当に役に立たないモノもあるんだって

167 :名無しさんの主張:02/12/27 15:40
>>166
やりたくてやってるやつがいるんだから「何らかの」役には立ってるだろ。
役に立つ立たないの話には基準がいるだろ?
「人の命を助けるのに役立つかどうか」というのが基準だったらほとんどの学問は役立たず。

何が基準になりえて何が基準になりえないか、あるいは
何を基準にして判定しているかをはっきりさせないと。

168 :名無しさんの主張:02/12/27 16:08
>>166
科学史が「役に立たない」って、オマエは科学史を学んでから言ってるの?
そもそも「役に立つ」の基準をどう考えてるわけ?

169 :名無しさんの主張:02/12/27 16:09
>>166
科学史学や芸能学といった学問分野が役に立たないという主張なのか、
それらを教授する学科が役に立たないと言ってるのか、どっちだ?

170 :名無しさんの主張:02/12/27 16:11
「実生活に貢献する」って見地から考えれば科学史は役に立たない?かな
金稼ぐのや、社会に便利な発明とか、人の命を救うとか
内宇宙(インナースペース)で完結するのが人文科学の特徴だから

171 :名無しさんの主張:02/12/27 16:16
>>168
科学史なんて理科年表があれば要らないYO〜

172 :名無しさんの主張:02/12/27 16:23
>>171
理科年表って歴史年表じゃないよ。本物見たことある?
それに、科学史に限らず歴史学が対象にしているのは、年表に乗ってるような
事実のラレルではないことぐらいわかってるよね?

173 :名無しさんの主張:02/12/27 16:25
>>172
間違った。ラレル→羅列

174 :名無しさんの主張:02/12/27 16:27
>>171
門外漢なんで間違ってるかもだけど、
「この発見がこのときあった」ってのは理科年表で十分だと思うけど、
「この発見が歴史の中でどのように位置付けられるか」っていう作業を明示的な形にする
のは科学史家の仕事じゃないかな?
科学者はそんなことには興味ないかもしれないし、一家言持っていたとしても論文の形にする事は滅多にないだろう。

ただ、その形になったものが役に立つかどうかはわからんが、
ある科学上の事件がどんな意味を持っていたかに興味があるひとには重要かも知らんね。

175 :174:02/12/27 16:27
>>172
あ、普通の年表じゃないんだ…。スレ汚しスマソ。

176 :名無しさんの主張:02/12/27 16:28
>>171
理科年表では近代科学が成立した歴史的・思想的背景はわからないと思われ。

177 :名無しさんの主張:02/12/27 16:30
>>174
科学者がそれなりに仕事を成し遂げると、後半生は科学史や科学哲学の道に
入っていくというのはよくあることだ。

178 :名無しさんの主張:02/12/27 16:33
結局>>166の考える基準はなんだったのか、、、?

179 :名無しさんの主張:02/12/27 16:35
>>169にも答えてほしい。

180 :名無しさんの主張:02/12/27 16:35
絶対に要らないのは
   ↓
  心理学

181 :名無しさんの主張:02/12/27 16:37
理科年表ってのは早引帳だよ。
各種定数とか各地の日の出入り時刻とか書いてあるよ。
ようするに利便性のための本。

182 :名無しさんの主張:02/12/27 16:38
>>180
オマエみたいなヤツを取り扱うために必要だとおもうが。

183 :名無しさんの主張:02/12/27 16:39
じゃあ芸能学科はどうなの?

184 :174:02/12/27 16:39
>>181情報サンクス
んじゃ>>174も大筋じゃ間違ってないかな?

185 :名無しさんの主張:02/12/27 16:42
>>183
何をやってる学科かしらねえと判断できめえ?
あと判断の基準がないとな。
>>165の言う通り、何らかの役には立ってるだろうし。

186 :名無しさんの主張:02/12/27 16:43
>>183
芸能学と芸能学科、どっちを問題にしたい?

187 :名無しさんの主張:02/12/27 16:49
>>186そもそも芸能学って何かわからない

大体、昭和になってから出来た学部なんて全く要らないんだよ!!



188 :名無しさんの主張:02/12/27 16:50
全ての学問は役に立ちません 

189 :名無しさんの主張:02/12/27 16:55
>>188
禿同

190 :名無しさんの主張:02/12/27 16:55
>>187
学問分野のはなしと学部・学科という大学の組織の話をごっちゃにしないほうがいい。

191 :名無しさんの主張:02/12/27 16:56
>>188
その日暮らしで衰亡していくのがいい。黄昏ですな。

192 :名無しさんの主張:02/12/27 16:59
>>191
あんた文学部のセンチなキモイ青年だね

193 :名無しさんの主張:02/12/27 17:19
>>192
文学部で>>191みたいなこと言ってるヤシは
小説家にはなれても(それも難しいと思うが)、研究者にはなれないな。

194 :名無しさんの主張:02/12/27 18:26
>>193
文学部っていうか、文系の奴って理系の奴の事を金とか損得しか考えない
とか言うけどノーベル賞の田中さんなんか見てて分かんないんでしょうか?
彼もそうだけど理系で研究職の奴って本当に学問が好きで純粋でなければ
出来ないと思う。
金や損得しか考えないのは文系の方だと思います




195 :名無しさんの主張:02/12/27 18:29
>>194 いいとこを衝いてるけどチョッと違うね。文型にも銭金じゃない人間は居ます
多くの文系は損得を考えるのではなくて、何が損で何が得かを決めることを考えているのです

196 :名無しさんの主張:02/12/27 18:33
>>195 あんたみたいに、文系は訳の分からん事を言って、煙に巻くからコスイって言われるんだよ


197 :名無しさんの主張:02/12/27 18:35
>>194
学問は役立てるやつがいないと本質的に役に立たないんだよ。
研究者の研究の主な動機は探究心とか好奇心だろ。
役に立つか立たないかだけで研究してるやつはいるのか?
これは文系も理系も変わらないと信じている。

「基礎学と応用の学」、「技術と技術の学」が学問にはどの分野にも混在している。
学問を理系文系で分けるのがいかに虚しいかってのは大学にいけばわかるよ。

カネや損得しか考えないヤシは文系にも理系にもいるだろう。
2文目で研究者とそうでないやつで分けてるのに何で最後は理系文系の二分法に持ってくるんだ?

198 :名無しさんの主張:02/12/27 18:53
>>197に補足しておくと、
基礎より応用が、学問より技術が実用性という意味で世の中の役には立ちやすい。
哲学よりも教育学が、教育学よりも学校教育学が、
学校教育学よりも30年教師として働いた人の経験が世間の役に立つと考えられるだろう。
どの学問にもこれに似た構造がある。
即座に役に立つ技術こそが大切なら専門学校さえあればいい。大学など必要ない。

学問が役に立たねばならぬということはない。役に立つ学問があってもなにも悪くはないが。
法律が役に立つからと言って、法学全ての分野が役に立つかと言えばそうでもなかろう。

あと、研究者が「この研究がいつか人類のためになるだろう」って思惑で研究することはあるかもね。

199 :名無しさんの主張:02/12/27 18:54
理系
小柴昌俊・田中耕一・白川英樹・湯川秀樹・朝永振一郎・江崎玲於奈
福井謙一・利根川進・野依良治

文系
川端康成・佐藤栄作・大江健三郎

自分は文系3人の受賞者がもしいなかったとしても何も困らない




200 :名無しさんの主張:02/12/27 18:59
ノーベル賞?死の商人の手下の数自慢ですか?カルト キショ

201 :名無しさんの主張:02/12/27 19:01
勉強なんかするより、青木雄二のような生き方の方が勉強になる。

202 :名無しさんの主張:02/12/27 19:01
>>200
オマエはトンガにでも行って文学でもやってなよ

203 :名無しさんの主張:02/12/27 19:06
かなり古いけどこのスレ読んでみたら?
一番役にたたなそうな文学部の是非について議論してる。
http://science.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1027104222/

204 :名無しさんの主張:02/12/27 19:08
>>201 青木なんてマルクス主義唱えながら豪邸に住んでる似非野郎じゃないか
     そんなクズの生き方見習っても何にも勉強にならん


205 :;なんであほがこんな多いんだ。:02/12/27 19:09
学問とは自分にとって役に立てば良いのが学問だ、
いったい誰の為に学問しているんだ、自分の為だろうが。
社会に役に立つとかどうかは予算獲得の為の方便に過ぎない。

206 :名無しさんの主張:02/12/27 19:10
>>202 トンガで文学?チケットくれ、いつでも行くよ。



207 :名無しさんの主張:02/12/27 19:18
実際文学の分野ではトンガで文学のようなスタイルを好むケースもあるしな。
>>202 が必ずしも煽りにならないのがつらいところだ。

208 :名無しさんの主張:02/12/27 19:19
トンガで相撲でもやれ

209 :名無しさんの主張:02/12/27 20:00
文明社会を否定する200はロシアで文学でもやってればよい


210 :名無しさんの主張:02/12/28 06:10
>>164
遅レスだが、数学科なんてコアの学科を改組するなんてどこの大学?
無名大学なら致し方ない。数学や物理のような学問は一部の天才がやれば
良いのであって、半端じゃ少なくとも学会には通用しないと思う。
もっとも、旧帝クラスでも多くの凡人が去っていくわけだが…。

211 :名無しさんの主張:02/12/28 12:25
>>210
学者の仕事は100年に一度の天才のために土壌を作ってあげることなんだよ。
旧帝の凡人だってその為の肥やしになってるかも知らん。

212 :名無しさんの主張:02/12/28 13:20
社会人になっても学問を続けている賢者のみが学問を語れる。


213 :名無しさんの主張:02/12/28 13:42
テレビ局は普段増税しろとか喚いてるくせに,税金ガメてこんなもの作ってます
http://members32.cool.ne.jp/~yuzer8/tocho.html
盗聴/盗撮器です



214 :名無しさんの主張:02/12/28 18:21
>>212
そんなのは社会の落ちこぼれって言うんじゃない?

215 :名無しさんの主張:02/12/28 18:29
>>214
芸術家を偉人と思うか落ちこぼれと思うかの違いと一緒だよ。

芸術に価値を見出す人にとっては芸術家の能力と仕事は卓越したものだけども、
不要だと思う人にとってはどうでもいいだろ。

学者や芸術家に限らず、スポーツ選手や伝統芸能の後継者とかそういうもんは見方次第で全部落ちこぼれともいえるし、素晴らしい人とも言える。

216 :名無しさんの主張:02/12/28 19:04
>>215
生きて行く上では何の必要もない。 キャラメルの「おまけ」みたいなもんだよ

217 :名無しさんの主張:02/12/28 19:07
>>216
でも「おまけ」目当てでキャラメルが売れるんだよ
まあ、キャラメル食わなくても生きていけるけど

218 :名無しさんの主張:02/12/28 19:08
生きている間に読める本の数は限られている。
良書を読もう。


219 :名無しさんの主張:02/12/28 19:10
>>217
いや俺はキャラメル好きだよ。 特にアーモンドグリコが



220 :名無しさんの主張:02/12/28 19:11
>>218
本読んで何か良い事あった?

221 :名無しさんの主張:02/12/28 19:14
俺は役に立たない学部を出て、その分野の最下層の仕事をしている。

222 :名無しさんの主張:02/12/28 19:14

馬鹿が治った。


223 :名無しさんの主張:02/12/28 19:26
>>221
失礼ですが学部と職業を伺っても宜しいですか? 

224 :名無しさんの主張:02/12/28 20:47
>>203のスレから

40 名前:Nanashi_et_al. 投稿日:02/08/11(日) 09:51
さらに>>29のように問いを「出身者で役に立ったものはいるか」と解釈すると、
「〜学(〜学部)は役に立っているか」という問いにほとんど意味がなくなる。

社会に出た以上、(きちんと就職しさえすれば)何らかの形で社会の一員として貢献しているはず。
特定の学部卒にろくなやつがいないという意見もあるかも知れないが、
そんなものは学部(あるいは学問)の有用性の問題ではなく只の中傷だろう。

また、専攻で得たものが職業に生かされていないことを理由に学部(学問)の有用性を問うことも無意味。
学部の四年間で専門的な知識をつけるのはどの学部でも困難であろう。
特に理系は専攻配属が4年になってからのところも多いと聞く。
(それでも、文学部卒が専攻とあまりにかけ離れた職につくことを理由に、
理学部の方がより専門的な知識を自分の職業に生かし得るとは言えるかもしれない)
そもそも基礎学に進む学生が、就職のために専攻を決めるというのは考えにくい。
とすると、出身学部によってその学部の必要性を論じるのは無意味といえる。

225 :名無しさんの主張:02/12/28 20:53
>>224
なぜそんなに必死になる? 駄目なモノは駄目と認めるのも時には必要なんじゃない?

226 :名無しさんの主張:02/12/28 20:55
>>216
長島茂雄なんて、そのオマケの最たるもの。

227 :名無しさんの主張:02/12/28 20:56
>>225
224のレスは文学部は役に立たないことを認めてるレスだよ。
おれも学問は役に立たないと思ってるし。

228 :名無しさんの主張:02/12/28 20:57
勉強なんて知的好奇心のおもむくままにやるのが一番面白いに決まってる。
それが、他人の役に立ったり、経済的ご利益をもたらしたりしたら、それは
それで結構なことだが、まあ、そんなことは二の次だろう。

229 :名無しさんの主張:02/12/28 20:58
>>227
学問一般についていってるんなら、「役に立たない」というのは間違いだろ?


230 :名無しさんの主張:02/12/28 21:00
>>227
「文学部」という機構が、経済人の育成に貢献するという観点で役に立っているか
どうかということと、学問そのものが社会の知的基盤の充実に貢献しているという
観点で役に立っているかどうかということは、区別して論ずるべきでは?

231 :名無しさんの主張:02/12/28 21:00
>>229
役立てる人がいなけりゃ役立たないよ。
はさみとか包丁みたいなもんだろ。

232 :名無しさんの主張:02/12/28 21:09
>>227
最初の方しか読まなかった。。ごめん

233 :名無しさんの主張:02/12/28 21:21
>>230
前者について言えば文系学部はだいたい似たり寄ったりだよね。
法学部に法曹関係が多いくらいか。後は専攻ごとの多少の差があるくらい。
他と同じくらい役立ってるか立ってないかってとこかな。

後者について言えばわからないという他ないな。
人文科学はそもそも応用という形で外に出にくい。
専門性の線引きが曖昧だから教養以上のことをやると院生との区別がつかない。
世間への影響は大きくないだろうね。

特別な意義が見出せないのでなくした方がよいかというと意見が分かれるだろうね。個人的には、
学者の再生産という大学の機能を重要視して、主要な大学以外はなくしてよいと思うんだけどね。
文学部はやる気があって教養を身につけたい人にとっては、最も効率のよい機関だと思うし、
大学で専門性が身につかないとダメだって言う人が多くなかったらこのままでいい気もする。

234 :名無しさんの主張:02/12/28 21:33
>>233
法学部に行かなくても弁護士になれるんだから法学部もいらない。
かえって頭が良いと思われてカッコいい。 大平光代さんなんて超かっこいい



235 :名無しさんの主張:02/12/28 21:38
2ちゃんねらの皆さん、飯田宏美さんに支援の書き込みを!
ひとり、議員と戦う2ちゃんねらです!
現在議員側は対話拒否を宣言。
緊張が高まっています。
ただし、荒らしは厳禁。
http://www3.ocv.ne.jp/~gaku24h/cgi/yybbs.cgi

236 :名無しさんの主張:02/12/28 23:20
いつ何処で何が役に立つかなんて誰にもわかんないことじゃん
役に立つかどうかじゃなくて、役に立った時にやっておいて良かったと感じるんだよ
役に立つから立たないからやるやら無いってのは考えるだけ時間の無駄
世の中の役に立ちたいんだったら、単に人のことが思いやれることの方が大事
社会に貢献する?バカじゃないの、どんな社会でどのように役に立つかを考えろよ。

237 :名無しさんの主張:02/12/28 23:33
役に立たたせるために学問があるんじゃなくて
役に立った(と多くの人が思った)学問が残ってる、ってだけの話だな。確かに。
たとえばケツ毛の研究ってのがあったとして、やってみるまでそれが役に立つかどうかわからんわな。
ひょっとしてケツ毛の長さと寿命に深い相関関係があるやもしれず。


238 :名無しさんの主張:02/12/28 23:55
>>237
やってみても役に立つかわからんこともかも。
研究者の死後に再発見されたり。メンデルみたいに。
そういう場合、ケツ毛研究者の先見性はたいしたもんだろうけど、
役立ち具合では再発見者の方が貢献度は大きい。

どこで役に立つかわからんから、専門学校がいくら栄えても大学は残してるんだろう。

239 :名無しさんの主張:02/12/29 00:00
>>238
私立大学なんてどこも潰れかけてるYO

240 :名無しさんの主張:02/12/29 00:09
>>239
へぼい大学がいくら潰れて、専門学校がいくら栄えても、
大学はいっそのこと全部なくしちまおうって話にはならないだろうってこと。

241 :名無しさんの主張:02/12/29 00:16
>>240
国立はあったほうがいいよね

242 :名無しさんの主張:02/12/29 06:46
クニタチ

243 :名無しさんの主張:02/12/29 21:04
ロシア文学いらん

244 :名無しさんの主張:02/12/29 21:09
基礎研究は重要。


245 :名無しさんの主張:02/12/30 13:02
>>210
遅レスですが
東京大学理学部数学科 → 数理科学研究科
名古屋大学理学部数学科 → 多元数理科学研究科
九州大学理学部数学科 → 数理学研究科
千葉大学理学部数学科 → 数学・情報数理学科
など沢山ある。
結局、時代遅れの学問と文部省や大蔵省から見られる
名称では予算獲得が難しいもののようだ。

246 :名無しさんの主張:02/12/30 13:15
2chから、「ノーベル賞・ケツ毛博士」をだそう。
博士の名前が仮に”鈴木”だとして、

ケツ毛の長さ×ケツ毛の剛性×S(鈴木定数)=その人の予想寿命

247 :文学部なのでよく知らないが:02/12/30 16:28
>>245
それ学科じゃなくて大学院の名前じゃん。あと九大の院は名前はは数理学府だよ。
数理学府は学部の数学科の院を独立させたもの(だから理学府に数学の研究室はない)。
つまり学部の学科名はいまだに理学部数学科。

他の大学の事情はもちろん知らんけど。

248 :名無しさんの主張:02/12/30 16:30
間違いなく文学部。特に古典系は歴史学系と統合しる!!

249 :名無しさんの主張:02/12/30 16:58
>>248
やってること違うじゃん。文献解釈(文学的、哲学的)と歴史的解釈の仕事ってそれぞれ違うくない?

250 :名無しさんの主張:02/12/30 17:05
>>249
248はそんなこと知らずに思い込みで吠えてるだけと思われ。バカを相手に
しないほうがいいと思うよ。

251 :名無しさんの主張:02/12/30 17:18
>>247
あまり正確ではなくて失礼しました
(九州大学の例はおっしゃる通り)。
一連の大学院重点化に伴い研究者の所属組織が
学部から大学院に移行し、学部は下部組織化したので
研究者の立場からは大学院の名称が周辺諸科学を含むものに
変わったということはかなり重要な変更点。
実際、これらの大学では、旧数学科ではスタッフとして
考えられなかったような研究者がスタッフになっているという変化がある。
つまり文部科学省に対しては数学だけではなくて周辺諸科学まで含めた
数理科学の研究をやっているということになっているということ。

252 :名無しさんの主張:02/12/30 17:35
>>246
はたしてそのケツ毛方程式なるものは「役に立つのか?」という議論が
ケツ毛学会のみならず社会現象化するかもしれないぞ。
なにしろ自分がいつ死ぬか大体わかっちゃうわけだ。
それは人類が知るべきではなかった神の知識ではないのか?神への冒涜ではないのか?
などといった議論が・・・あ、もしかしてケツ毛を伸ばせば寿命も延びる?
そうだとしたらこんどはケツ毛増伸作用薬の利権をめぐって国家的規模での企業間抗争が・・

いや、ケツ毛研究は恐ろしいね。

253 :名無しさんの主張:02/12/30 18:15
学術研究を乱暴に4つに分類してみた。

1:結果、社会のために、役にたった。
2:結果、弊害のほうが多かった。
3:同類学者からみても、まず役にたたない。
4:冷静に考えたら、学問ですらなかった。

254 :名無しさんの主張:02/12/30 18:24
1:応用学
2:応用学
3:基礎学
4:ドクター中松

ってことね。

255 :名無しさんの主張:02/12/30 20:00
言語学って何? 

256 :門外漢:02/12/30 20:21
とりあえずしってる言葉だけ。

意味論、統語論、音韻論、語彙論、生成文法論、認知言語学、心理言語学

257 :名無しさんの主張:02/12/30 20:32
>>256
なんでも論や学つけりゃいいってもんじゃねーよ!

258 :名無しさんの主張:02/12/30 20:33
どこの学問もそうでしょ。

259 :名無しさんの主張:02/12/30 20:34
学問学を論じるスレ

260 :名無しさんの主張:02/12/31 00:04
経営工学

261 :名無しさんの主張:03/01/01 20:39
国境なき学生関西(ESFK)
http://www.esfk.com/
ホームレス支援のワンクリック募金のあるHP(今あるやつ全て)
をご存知の方お教え下さい。。

262 :名無しさんの主張:03/01/01 23:17
学問に厳密な社会貢献度を求めていくのなら、一部の学部(といっても、結構多いが)を除いて
専門学校生・見習い実習生>大学生ということにならないか?

オレは高卒だから、どっちでもいいけど。(w)

263 :名無しさんの主張:03/01/01 23:21
一度も現場に出た事がない学内引きこもり教授の講義全て

264 :高学歴一流企業9連休 :03/01/01 23:26
散歩してたら見つけたんだけど、
正月から働いているDQNって日本にいるんだね。
ツラ見てみると、いかにもDQNっていうようなバカそうな顔してたよ。
あれが高卒(=低学歴)っていうんだな(プププ

こいつら、正月に働いたって、大したカネにならないんだろ?
見てて哀れになってきたよ。こういうのを見ると、
「ああ。俺って、高学歴でよかった・・・・。」
と、つくづく感じるね。

265 :名無しさんの主張:03/01/01 23:31
9連休くらい別に普通じゃないのか?

266 :名無しさんの主張:03/01/01 23:34
自称高学歴を釣ってしまった・・・

267 :名無しさんの主張:03/01/01 23:38
>>262
だけど、多くの人の大学に寄せる期待と専門学校に寄せる期待を比較してみたら、
必ずしも、そういう不等号にならないと思う。

ということは、学問や大学を評価する指標というものが「厳密な社会貢献度」だけではない、といえると思う。
ということは、学問や大学が(社会貢献において)役に立たないということは認めてよいが、
それだけが学問の存在価値ではないことも示される。

別の基準を持ってくれば、不等号を逆にできるのではないか?ということ。
どんな基準があるかは自分で考えれ。

268 :名無しさんの主張:03/01/02 03:35
経済学
卓上の空論だから

269 :名無しさんの主張:03/01/02 03:36
無くなってしまった学問で悔やまれるのが「道徳」かな・・・

270 :ななしにゃん ◆DEP4IVx7X6 :03/01/02 04:08
道徳…
あれってたぶん先生の資質がもっとも問われる授業ですよね。
私はあんまり先生の話ちゃんと聞いてなかったにゃ〜ん。。。
道徳の教科書っていろいろお話が載ってたから先生のお話は
そっちのけで教科書読んでたり。
あれは役に立ってたのかな…

271 :名無しさんの主張:03/01/02 04:58
>>269
倫理学(道徳哲学、実践哲学)というものがありますが。

道徳そのものは学問ではない。

272 :名無しさんの主張:03/01/02 20:31
>だけど、多くの人の大学に寄せる期待と専門学校に寄せる期待を比較してみたら、
>必ずしも、そういう不等号にならないと思う。

現在の、現実社会においてはあなたの言う通り。>>267
でもね、外部からの評価って、結局「アンケート」でしかない。
それが10年後、20年後も変わっていないかもしれないけど、
今の日本の”一応大卒”人間量産システムが続けば、
アンケートの結果が変化しても、不思議ではないと思うよ。

実はオレは、「好奇心を動機とする、学問の中の、ある分野への深い探求心」
というものを個人的に高く評価したい側の者なの。
だから逆に、親のスネをかじって4年間も時間をもらっておきながら、
何の分野の”ヲタク”にもなれない連中には、同情心も関心も無い。

273 :名無しさんの主張:03/01/02 20:41
ノーベル賞受賞者見ても、、小柴、野より、江崎、田中、、、みんな少年の様な純粋な心を持ち続けている

で、文系は大江、川端、佐藤、、、みんな腹黒い


274 :名無しさんの主張:03/01/02 20:56
>>272
学問の有用性を問うことはあまり意味がない、と言う点では一致してるようで。

大学・学部の有用性は問われるべきですね。
教養ある社会人を養成したいのか。学問のために学者を養成したいのか。
希望する進路によって卒論を課す課さないなど教育面での方針をはっきりした方がいいかもしれない。

おれはやる気次第で良くも悪くもなる放任主義な大学が結構好きなんだけど。
数が多すぎるのが一番問題かもね。

275 :名無しさんの主張:03/01/04 15:05
天文学って楽しいね。

直径60mの奇妙な小惑星、8日に最接近

 【ワシントン=笹沢教一】米航空宇宙局(NASA)は3日、地球の周囲をつかず離れず
動き回る直径約60メートルほどの小惑星が今月8日、過去約100年間では最も近い、
地球の上空590万キロにまで接近すると発表した。

 この小惑星は昨年10月に報告された「2002 AA29」と呼ばれる小惑星で、地球が
太陽の周りを公転する軌道沿いに、地球と太陽の引力を受けながら地球の軌道の内外を出入り
する複雑な曲線軌道を巡っている。地球から見ると「馬蹄(ばてい)型」の軌道で、地球の外
からは、地球の公転軌道に沿って競争をしているようにも見える。地球の疑似衛星とも呼ばれ
ている。

 このような奇妙な小惑星はこれまで確認されておらず、NASAは、最接近時の軌道の状態
などを詳しく観測し、衛星や小惑星の起源の解明に役立てる。

(読売新聞)
[1月4日12時45分更新]



276 :名無しさんの主張:03/01/04 15:19
>>275
地球にぶつかっても問題ないじゃん  

277 :名無しさんの主張:03/01/04 15:25
直径60メートルって、マトモに地球にぶつかったら大変なことになるんじゃない?
前世紀初頭にツングースに落ちたとされる隕石も直径100メートルかそこいらということでしょ。


278 :名無しさんの主張:03/01/04 15:29
でも、それって大事な事なの?

279 :名無しさんの主張:03/01/04 15:30
>>277
ツングースって直径3キロくらいのクレーターが出来ただけでしょ?
そんなもん別にいいじゃん  自分としては皇居に落ちてほしいよ

280 :名無しさんの主張:03/01/04 15:38
原発に落ちて欲しい気がする

281 :名無しさんの主張:03/01/04 15:39
>>278
こういうことの意義を感じられない低脳DQNが多いんだろうね。

282 :名無しさんの主張:03/01/04 15:40
>>280
福島の辺に3つほどあるからそこに落ちたら多分近畿は全滅だろうね

283 :282:03/01/04 15:43
福井のまちがい

284 ::03/01/04 15:44
>>1
は、あほか?
学問が何の役に立つかどうかという質問がおかしい、
学問は何の学問でも自分にとって役に立てばよいのである、
それが他人にどう思われようとな。
臍のごまを学問して何の役に立つかという疑問は他人の視点で
物事を見ているからである、臍のごまの学問をしている者は、
臍のごまを研究する内発的な疑問が有り、それを解決する為に
学問研究をしているんである。分かった?>>1

285 :名無しさんの主張:03/01/04 15:46
つか、議論よんでないのか >>278 は。
大事なことかどうか、を調べるのが学問なんだよ。

DQNにもわかりやすく説明するとだね、
たとえば隣の家で得体の知れない物音がしたとする。大概はつまらないことで
自分には関係ないんだろうけど、それをどうでもいいや、って無視するより
やっぱ調べたほうがいいだろ?ひょっとしてヤバイことかもしれないし。
何より、「気にならないか?」ってことよ。

286 :名無しさんの主張:03/01/04 15:46
>>284 おまえみたいに口だけ達者な文系はいらんのよ


287 ::03/01/04 15:49
>>286
学問とは口か文が達者になる事を言うのと違うのか?
馬鹿モンが。

288 :名無しさんの主張:03/01/04 15:52
>>287
数学・物理の偏差値80で凄くできて、国語からっきしのヤツだっているよ

289 :名無しさんの主張:03/01/04 15:53
DQN と学者の違い

DQN は近所で車の事故があると面白がって見に行くが、小惑星のどこが面白いかわからない。
学者は近所で車の事故があってももはや面白い現象ではないので無視するが
小惑星が気になってしかたがない。

290 :名無しさんの主張:03/01/04 15:56
>>289
おまえは空想が好きみたいだね

291 :名無しさんの主張:03/01/04 15:59
DQN の発展系

DQN は自分の行為の正当性について常に完璧でないと気に入らないので
(オレって悪だからよー、とかオレって硬派だからよー、って言うのも同じ心理)

小惑星について興味が湧かない自分自身を正当化するため
「あんなもんは役にたたねーよ!」と理屈をつける。

小惑星なんか興味がなくたって別にかまわんのだが・・
だからといって小惑星の研究が不要とは限らないのだが・・

292 :名無しさんの主張:03/01/04 16:18
>>291
じゃあ魯山人とかみたいに誰も取り付く島も無いような人もDQNか?

293 :名無しさんの主張:03/01/04 16:41
魯山人 != DQNの発展系
魯山人とDQNの発展系は結果的に同じことを言うかもしれないが
その自身の発言への理解度が違う。

DQN が車空ぶかししながら「なー車にも酸性雨のコーティングいるよな、
やっぱ環境対策が大事だよ」っていうのと
WTOの議題で「環境対策が大事」っていうのが違うようなもの。

294 :名無しさんの主張:03/01/04 17:01
>>293一般人に何故深い理解度なんて必要があるの? 本能で分かればいいじゃん
普段誰もそんなに深く考えて生活してないし、そんなの小柴でも大して変わんないよ

295 :名無しさんの主張:03/01/04 17:11
だからといって、生活に関係ないからって学問全体が何で否定されないかんのだ

296 :名無しさんの主張:03/01/04 17:14
>>294-295 のループ、がこのスレの命題への結論

297 :名無しさんの主張:03/01/04 17:18
>>296
問い自体がナンセンスなんだよ。>>1はセンスないよ。
スレタイからみて文系不要論に持っていきたそうに見えるし。

298 :名無しさんの主張:03/01/04 18:09
>>297
あくまでもナンセンスって言うあんたは文学部?

299 :名無しさんの主張:03/01/04 18:33
>>298いや?高卒だが?

300 :名無しさんの主張:03/01/04 18:39
>>298
どういう場合でも意見と立場は一致してるもんだと思い込む
その単細胞頭をいいかげん見直したほうがいいよ。

301 :299:03/01/04 18:43
>>300そんなにせめるなよ。悪気があるとも限らない。

302 :名無しさんの主張:03/01/04 18:44
つか >>300 が単細胞だろ?
>>298 だけで >>298 = 反文学って決め付けてるんだから。

303 :名無しさんの主張:03/01/04 20:51
古文 ---> 古文の教師になる以外役に立たない

304 :名無しさんの主張:03/01/04 21:00
普通に就職するよ。

305 :セニョリート名無し ◆40WnEtzSeY :03/01/04 22:56
これからは日本語教授法が役に立つよ。
僕はボランティアでブラジル人に日本語を教えていますけど。


306 :名無しさんの主張:03/01/05 09:52
日本はもうこれ以上経済成長しないと思うから経済学部はいらん

307 :名無しさんの主張:03/01/05 10:24
机上の学問何百万
書き写すだけで
いいカモ〜
ってあたりですか♪

308 :九弐八 ◆AXS9VRCTCU :03/01/05 10:41
朝鮮語かな
朝鮮人のオマンコを買う時くらいしか役にたたんよ


309 :名無しさんの主張:03/01/05 11:25
そもそも「大学」の意味がわかってない人が多いみたいだなー。
本来的な意味を考えたら医学部と法学部でやってる授業は「専門学校」
でやるべきもので、そういった意味ではこの二つが「大学」には不要。

310 :名無しさんの主張:03/01/05 11:29
>>309
薬歯獣医看護は?

311 :名無しさんの主張:03/01/05 11:45
学問、スレなんだね。ちょっと勘違い。スマソ。
でもまあ一応いっとくと薬は基本的にOKで歯、獣医(獣医師養成系)、看護(看護士など養成系)
はだめ。違いはわかるでしょ?まあ少なくとも暗記中心の所はだめなわけで。

312 :名無しさんの主張:03/01/05 12:13
>>311 あなたはどれも学んだ事もないのに言う資格ないと思いますよ
    


313 :名無しさんの主張:03/01/05 12:16
>>277
今更だが、ツングースカの一件って結局地表までは
到達しなかったんじゃ無かったか?
上空で四散したんでクレーターにも成らず木を倒しただけ、
爆発自体も原因は諸説紛々だと思ったが。
最近の説は知らない。

314 :名無しさんの主張:03/01/05 12:23
まあ、隕石も近所の事故も同じくらい面白いと言う事で。
事故の原因考察するのもまた一興だよ、非道いので無ければ。

315 :名無しさんの主張:03/01/05 12:25
西洋哲学や、宗教系は役に立たない、伝統系のものはカルト扱いは
されないかもしれないが、伝統だからこそ、解釈以外手を加えるこ
ともなく、それ自体が権威になりがちなんだよね。その中に閉じこ
もるだけになれば、現代社会の問題には手も足も出ないんだし、
この分野自体がもう僻地にあるようなもんだからなー。

316 :名無しさんの主張:03/01/05 12:27
>西洋哲学や、宗教系は役に立たない、

これは言いすぎか。

317 ::03/01/05 14:59
何の学問でもすれば、知的鍛錬にはなる、この知的鍛錬が一番役に立つ。
これが最終の答えだ。知的鍛錬の習慣の無い者は知的なものに拒否反応
するようになる、いわゆるDQNになるんだ。

318 :名無しさんの主張:03/01/05 17:17
学問なんて所詮何の役にも立たない。
学者の知名度や社会的影響力なんて芸能人のそれに比べたらウンコ。
芸能人>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>学者
というのが定説。
渥美清のことは一般常識として知っていなければならないが、
丸山眞男のことを知らなくてもなんにも困らない。

319 :名無しさんの主張:03/01/05 17:26
>>318
そういいながら、ちゃんと丸山眞男をご存知の貴方はオチャメ。

320 :名無しさんの主張:03/01/05 17:36
>>318
だからそれは「社会的影響力」を尺度にした評価だろ。
しかも芸能人の発言は「短期的な」影響力しかねえじゃん。
学問の影響力は短期的には効いてこない。

さらに進めて、影響力が一切なくても(=全く役に立たなくても)
学問が必要ないとは言い切れないと思う。

321 :名無しさんの主張:03/01/05 18:44
>>311俺はその学部に行ってる友達とは授業内容をお互い話すけど
話してると、どの学部も勉強内容なんて殆ど学問的なものでもなく、
暗記主体のものだと分かるよ
それに確か神戸の医学部出て向学心で北大獣医学部に入り直した人が
似たような講義内容でびっくりしていたと、誰かが言ってたよ

322 :名無しさんの主張:03/01/05 19:50
>>309
私大で政経学部に政治学科を設置しているところを除けば
政治学科は法学部に設置されているケースが多いですが、
それでも法学部は不要なのですか?

323 :名無しさんの主張:03/01/05 19:51
結果的に暗記になっているかどうかはともかくとして、本当に教えたいものが
何かということ。物事が「なぜそうであるのか」きちんと自分で組み立て、
未知の領域に関して発展的に考えられる能力を養うのが大学。
医と獣医じゃ同じ事やってないほうが不思議だよ。人間も動物なんだし。
理学部の先生から見たら医学部は「嘘ばかり」教えているらしい。

324 :俺は・・・:03/01/05 20:39



ばぁ〜か!!!
役に立つ、役に立たないじゃあ無いんだよ!!!
そんなことを言うやつは、偏差値のすこぶる低いやつだよ!!!
『学問』というのは、そこに「学びたい」という欲求がある、
そしてその欲求を満たすということだ。

俺やおまえらが、学校で習っていることや、偏差値を上げるための反復作業は、
決して学問じゃない。

学問はみんなが、日々行っている。





325 :名無しさんの主張:03/01/05 20:40
>>323理学部みたいに嘘教えても何も問題が起こらない様な学部の教授と違って
医歯薬獣医学部は授業で嘘教えてたら国試にすら受からないし、医・獣医学部だと
患者や患畜が死んじゃうような取り返しのつかない事態が起こるから教授も真剣さ
が違う。俺の知るところでは教授は自分の書いた教科書を授業で使ってる人とか
何人かいるけど、とても嘘は書いてないと思うよ




326 :名無しさんの主張:03/01/05 20:55
そういうレベルの「嘘」ではなくて、「なぜそうなるのか」って部分だよ。
こうやってインターネット使ってる人の中にちゃんと集積回路の構造を理解している人が
どれだけいる?だから医学部は「専門学校」なのであってそれが即悪とはいっていない。

327 :名無しさんの主張:03/01/05 21:12
>>326
「なぜそうなるのか」を理解するのは当たり前ですよ。
小手先だけの試験勉強のみで卒業できる理学部と違い
物事の機序を理解できないヤツは医学系学部では先ず卒業出来ない、、
と言うより勉強する量が多すぎて理解しないと試験に通るのも無理



328 :名無しさんの主張:03/01/05 22:33
岡田斗司夫のオタク学

何でも学問にすりゃいいってもんでもないだろ!!

329 :名無しさんの主張:03/01/05 22:39
俺が好きな学問はすべて役立つ。俺にとって。


よって物理はいらん。赤点ばっかりだったから。

330 :名無しさんの主張:03/01/05 23:06
あなたってホント役立たずなひとね

331 :名無しさんの主張:03/01/05 23:30
ケンダマで大学入った人は、いまどうしてる?

332 :名無しさんの主張:03/01/06 07:17
この20年間に消えた学問。
文化人類学。


333 :名無しさんの主張:03/01/06 07:25
東大の文学部に西洋古典とゆーのがある。
ギリシャ・ラテンの古典を研究する学科。
そこに進んだ人から聞いたのだが、
ギリシャ語の残された文献ってたいした量ないんだって。
それを40歳くらいまでにすべて読み、それから研究が始まるそーな。
先行研究は日本語じゃないから、西洋諸語を学ぶことも必須。
英仏独伊西も学んでいた彼はそろそろ40だが、はたして?


334 :名無しさんの主張:03/01/06 07:36
かつて万能だと思われていたニュートン力学。
しかしアインシュタインの登場によって、
静止系の話にすぎなかったことが判明した。
そういったプロセスを理論化したのが科学史家トマス・クーン。
(この人も消えた人だが)。
パラダイム(思考の枠組)が転換するまでは、
従来理論の齟齬は誤差として旧理論に吸収されてしまうが、
誤差が一定量蓄積されるとパラダイムが転換され、
新理論が打ち立てられるとした。
つまり彼は理論というものを相対化したわけで、
すなわち科学史の効用は科学に対するストッパー役。


335 :名無しさんの主張:03/01/06 08:00
>>334
アインシュタンの後半生には、色々と間違った主張をしたこともあるし........

336 :名無しさんの主張:03/01/06 14:00
>334
科学史,科学哲学を忘れていたよ,不要なものとして.
そんなん勉強してる暇があったら科学をちゃんと勉強したら勝手にそのあたりは身につく.
327は医療事故を起こしそうな医者か医学部生だなあ.医者が物事を理解しているなんて、ププッ

337 :名無しさんの主張:03/01/06 16:24
>>336
勝手に身につくということというのはそれ自体では学問じゃない。
身についたことを論文化して体系的にするのが学問なわけで。
そうでなくては単なる慣習とか経験則とか常識とかにとどまるものとなる。
「物はとにかく下に落ちるんだよ!」というのが学問ではないのと同じ。

科学史が学問化されるべきものを対象としているか、ということはまた別の話だが、
一つのジャンルとして多くの人が研究している現実を見てみれば
何らかの学問的な必要性があったのだろう、と消極的に擁護できるかもしれない。

338 :名無しさんの主張:03/01/06 21:22
>>336 いや、物事を理解してます
医学系学問とは全ての教科間における知識の関連づけ、ネットワークは必須であるし
理解度も相当なものが要求される。それ故長期にわたる深い勉強が必要なのである。
例えば「糖新生」という言葉があるけど、これなら糖が新しく生まれる、と簡単に解釈出来
そうだけど、この言葉一つ理解して自分の物にしようとしても相当な勉強が必要となるし、
次のステップに行こうとしたらその最低限の知識を完全に理解してないと知識の空洞化
がおき実践レベルには程遠いものとなる。
やはりその場しのぎの付け焼刃的な浅い知識の積み重ねでは無理なんです


339 :名無しさんの主張:03/01/07 02:44
>そんなん勉強してる暇があったら科学をちゃんと勉強したら勝手にそのあたりは身につく.
身につかないと思うが。

340 :名無しさんの主張:03/01/07 02:50
教育学部だよ。

み ん な 学 級 崩 壊 っ て 言 葉 し っ て る ?

341 :名無しさんの主張:03/01/07 10:13
>>336
人の営みを体系化し、歴史的哲学的に位置付けることは重要です。

342 :山崎渉:03/01/07 16:02
(^^)

343 :山崎渉:03/01/07 16:55
(^^)

344 :名無しさんの主張:03/01/07 19:03
役に立たないとされる人文系
役に立つとされる社会科学、自然科学系

このどっちも大学には必要だと思う。
伝統的なことばっかりやってて今の現状を知らない奴は問題だし
かと言って時代や流行に流されてるばっかりでも困る。
だから伝統的なものと実社会に役立つものの両方が必要。

345 :名無しさんの主張:03/01/07 19:07
おまいら学問の意味わかってんの? 
おまいらか゛いってんのは学習でしょ。

346 :名無しさんの主張:03/01/07 20:12
経済学に一票。
経済学者など抽象的な数式モデルとかで、複雑な現実経済が解明できると
思っているシャチ並みのIQしか持ってない連中ばかりだしね。
大体、10年以上続く平成不況になんら処方箋を打てない時点で無能の
そしりを受けても文句はいえんだろう。

347 :山崎渉:03/01/07 20:15
>>346
あんたはその抽象的な数式モデルを理解してるの?


348 :名無しさんの主張:03/01/07 20:59
>>347
現実の経済現象を解明できない抽象モデルを理解するのは意味が無いので
そんな努力はしていません。
 もしそんな私を批判したいのなら、あなたが抽象的なモデルでどのような
物を得られたか教えてください。

349 :名無しさんの主張:03/01/07 23:13
モデルというのは現実を抽象化したものであって現実そのものではない。
そういったこともわからず、モデルの意味を理解できていない346=348が
「モデルの理解は無意味」と言っているのは無知をさらけ出している。


350 :名無しさんの主張:03/01/08 01:55
>>346
やみくもにやるよりはましでしょう。地震予知は地震を防げません。

351 :名無しさんの主張:03/01/08 06:27
>>349
 では、その抽象化したモデルがいかに現実経済を分析する為の有益な手段に
すらなってない現状をどう考えるのか。
 つまり、複雑な現実経済を自然科学の様に事象を抽象化してモデルを立てて
現実を解明しようとする方法論は間違いなの。
 今の日本の経済みればわかるとおもうけど。

352 :名無しさんの主張:03/01/08 07:56
経済学はいつの時代も天才のお仕事だからな。
複雑な絡みは言語で直列思考して判断できるもんではなく
非言語の並列思考で判断する必要があるからな。
非言語に長けた天才は義務教育で姿を消し
言語に長けた受験秀才があらゆる重要なポストを占め
屁理屈こねて保身するから日本は駄目になってんだよ。
安藤忠雄は街の動きから不景気を感じ取るらしいが
そういう感覚的な洞察が教育から社会に至るまで
否定されすぎてる感がある。

353 :山崎渉:03/01/08 08:32
>>352 
天才のお仕事っていうのは芸術・数学・物理と相場が決まってる
し並列的な思考なんてこの3つのどれにも当てはまる
経済学なんて単純な二次元的思考のみ、それに対し
芸術・数学・物理は非常に高い知能を要する三次元的思考が必要
まあ20世紀最高の天才と言われる経済学者アンゾフも
数学的センスは抜群だったと言われるし安藤忠雄なんてやっぱ
数学的物理的センスがあるからあそこまで行ったんだよ  


354 :名無しさんの主張:03/01/08 08:41
>>353
なんやかんや言って肯定してるんか・・・

355 :名無しさんの主張:03/01/08 08:45
経済学者ってそんなに偉い?
天才学者さんがいるのに、
なんでこんな世の中不況になるんよ?

356 :名無しさんの主張:03/01/08 08:50
いまの日本の経済学者に天才がいるとは
>>346以降誰も言ってないと思うぞ?

357 :名無しさんの主張:03/01/08 08:53
いまは、世界的に不況かと思うが。

358 :名無しさんの主張:03/01/08 09:03
経済学者なんて数字をいじる市況占い師のようなもん。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。

359 :コピペ:03/01/08 18:53
経済学部とは人を欺く方法を学ぶ学部   つまり詐欺師養成所

360 :名無しさんの主張:03/01/08 19:06
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1042004169/l50

361 :名無しさんの主張:03/01/11 22:41
高卒を叩くしか能の無い文学部と経済学部

362 :名無しさんの主張:03/01/11 23:29
理系の人が羨ましいです。
勉強のしがいがありそうだから。
文型の勉強なんてするだけ無駄。
ほとんど教授の趣味の世界だし、
役に立つ事はほとんどない。


363 :名無しさんの主張:03/01/11 23:40
>>362
愚痴をたれるんだったら今から理系の学科に行きなおせよ。

364 :名無しさんの主張:03/01/11 23:40
>>362
自業自得。グチグチ言うな。最低だな。

365 :名無しさんの主張:03/01/11 23:43
>>362
法学・経営は潰しがききそうだがなぁ。

366 :名無しさんの主張:03/01/11 23:44
ホーケイ。

367 :名無しさんの主張:03/01/11 23:46
>>365
法学部出てても、マトモに法的思考ができるやつなんて、旧帝や早計ぐらいで、
わけのわからん大学の法学部経済学部出の連中なんか教養も無い常識も無い
もちろん専門性も無い、クズのようなヤツが殆どです。

368 :名無しさんの主張:03/01/11 23:47
>>366
「法経学部」って言いたいんか?
本当にあるからな、法経学部って

369 :名無しさんの主張:03/01/11 23:47
>>367
早大でもエスカレーターの学生は質が悪い

370 :名無しさんの主張:03/01/11 23:48
>>367
そんなこと言い出すと理系の大半もダメダメじゃん。(w


371 :千葉大学法経学部の学生ですが:03/01/11 23:48
包茎ではありません。

372 :名無しさんの主張:03/01/11 23:49
371は真性だそうです。

373 :名無しさんの主張:03/01/11 23:51
哲学科とかって、世間からどの程度評価されてるんですか?
つぶしはきかなそうだしね

374 :名無しさんの主張:03/01/11 23:56
哲学科を評価できるような人間が世間には殆どいないともいう。

375 :名無しさんの主張:03/01/11 23:57
俺が留年する事になったら大学の校舎爆破するわ。
そこんとこよろしく!

376 :名無しさんの主張:03/01/11 23:57
世の中の人間は、自分に理解できないことは評価に値しない、価値が無い、
と思い込みたがるもの。


377 :名無しさんの主張:03/01/12 00:07
>>375 教授殺したほうがいいよ  
  俺も実際殺そうと思った事何度もあるよ


378 :名無しさんの主張:03/01/12 00:09
いまだにマル経やってる先生っているの?

あとこのスレ立てた1に言いたいんだけど、
クソみたいな学部やら学科が日本に溢れているから
君のような凡才も他をコケにするような勘違いを起こしながらも
曲りなりに大学行けてるということを感謝しなければいけないよ。

379 :名無しさんの主張:03/01/12 00:12
現実経済を分析する体系としての経済学ではマル経は既に無意味だと思うが、
思想としてのマル経は今でも研究する価値はあると思う。マルクス経済学と
いうより、マルクス経済思想として。

380 :名無しさんの主張:03/01/12 00:19
理系偏差値+いくつが文系偏差値?
成蹊工学部ですが成蹊文系に馬鹿にされるのが納得いきません

381 :名無しさんの主張:03/01/12 00:19
成蹊に理系があるなんてはじめて知った。

382 :名無しさんの主張:03/01/12 00:22
>>378 役立たずの経済卒必死だね  経済勉強して何か得したの?


383 :名無しさんの主張:03/01/12 00:27
376に禿同。

384 :名無しさんの主張:03/01/12 00:37
>>373
就職で特に不利になるということはない。
特に有利になることもないが・・・。

385 :名無しさんの主張:03/01/14 00:12
>>384 昔だと思想やってる学生は就職無かった事考えると
哲学なんかヤバイんじゃない?


386 :......( ゚-゚)y―~~:03/01/14 00:23
まあ就職を念頭に哲学科に行く学生なんてあまりいないだろうからなぁ。
所詮「高等遊民」なんだろうが
こういった人がいなくなってしまえばいいとは全然思わないな。

387 :名無しさんの主張:03/01/14 01:15
なんか数学vs理学とか理学vs工学のような話やな(医療系はわからん)。
理系もっとも実学な工学だって、大学研究と企業研究は違うんだから
学問にはホントの実学など無いのかもな

388 :......( ゚-゚)y―~~:03/01/14 02:15
「高等遊民」というと、内田魯庵の「文明国には必ず智識ある高等遊民あり」という文章がある。
以下一部抜粋。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000165/files/2393.html
|遊民は如何なる国、何れの時代にもある。
|何所の国に行っても全国民が朝から晩まで稼いで居るものではない。
|けれども、国に遊民のあるは決して憂うるに足らぬことだ。
|即ち、これあるは其の国の余裕を示す所以で、
|勤勉な国民に富んで居るのは、見ように依ってはその国が貧乏だからである。
|遊民の多きを亡国の兆(ちょう)だなどゝ苦労するのは大きな間違いだ。
|文明の進んだ富める国には、必ず此の遊民がある。
|是れ大平の祥であると云って何も遊民を喜ぶのではない。
|あっても決して差支えないと言うのである。
                 (中略)
|一体国民の智識の高まるのは必然の大勢である。
|文部省の方針や、制度の塩梅(あんばい)手加減で何うすることも出来るものではない。
|文部省の施設如何に拘らず、国民はそれ自らに大勢に依って進歩する。
|我々は高等遊民其の物を決して国家の為めに恐れるものではない。
|たゞ、高等遊民を恐れて、
|高等の智識に走らんとする国民の大勢を抑えんとするものあるを恐れるのである。

389 :......( ゚-゚)y―~~:03/01/14 02:16
もし実学のみを重視するならば、魯庵が生きた「富国強兵」の時代のように
生産性を第一に考えていればよいかもれない。
しかし、そのスローガンの指導のもとに輩出される人間のみを期待するだけでは
一国の文明そのものの層の厚みが薄くなる。
多様性の消失は文明そのものが貧弱になることに他ならない。
もちろん、何も全ての人間が高等遊民になれば良いというのではない。
「あっても決して差支えないと言うのである。」
大学を出ても就職先が見つからないような学問を修めることは
感覚に齎される利益のみを価値あるものと考える人にとっては愚かな振る舞いかもしれないが、
このような高等遊民を異端として排斥し侮蔑する者も
こうした異端者がいることで
自分が異端ではないということを自覚することができるくらいの価値は認めるはずであって、
つまり、自分が今いる位置を認識する際の指標として高等遊民の価値を認めることができるはずだ。

390 :......( ゚-゚)y―~~:03/01/14 02:39
ひょっとして>>389に書いた「文明」という単語は「文化」に置き換えた方が良かったかもしれないが・・・
細かいことは気にしないっと (´ー`)

391 :名無しさんの主張:03/01/14 13:48
哲学は法、政治、経済等の方向性(価値基準)を決定するのに必要です

392 :名無しさんの主張:03/01/14 16:59
官庁の法系優遇制度(事務官出世)やめたら、文系の意味ってある?

393 :名無しさんの主張:03/01/14 19:23
>>392
官吏養成しか意味がないと思ってる?

394 :......( ゚-゚)y―~~:03/01/14 20:24
>>391
仰ることは正論ですし、
自らの持つ価値観を検証するために哲学的思考を誰もが持ち合わせるべきということは
個々人の教養を積み人格を形成する上で大切なことです。

ただ、価値基準を問わなければならない場がない状況や時代に於いては、
つまり人々の価値基準が画一的で平板な状況や時代に於いては
哲学の必要性を感じられない人々が多く出てくることも仕方がない、
ある意味必然ではないかとも思います。

以前他のスレでも述べましたが
哲学が必要とされるのは人々が何が価値あることであるのかを失った時、
つまりその都度の時代精神が危機に瀕した時です。

395 :......( ゚-゚)y―~~:03/01/14 22:13
>>394訂正
×哲学が必要とされるのは人々が何が価値あることであるのかを失った時、
○哲学が必要とされるのは人々が確固とした価値基準を失った時、

396 :名無しさんの主張:03/01/14 23:26
学問ではないが、高校までの国語はいらない。
国語=文学の教育で役には立ちにくい。漢文なんて、趣味でやってほしい。
まずは、事実と意見を区別して、論理的に書く練習をしてほしいね。

397 :名無しさんの主張:03/01/14 23:32
>>396
漏れは実践的な読み書きや話し方はもちろん必要だけど
そうじゃない文学史や古文漢文の購読も必要だと思う。
実践的なものだけでいいってことじゃあ学校じゃなくて話し方教室になる。
いわゆる役に立つものと役に立たないもの、両方が教育と学問には必要。
どっちかだけだとバランスが保てない。
これはどんな分野にも言えると思う。

398 :名無しさんの主張:03/01/14 23:42
古文漢文の素養があると、文章を書く際にも語彙だけではなく全体的に深みが出る。
これは、文学的文章に限ったことではない。実用も大事だが、質の高い実用性を
身に付けるには教養が絶対に必要。とくに、義務教育段階でそれを叩き込むことが
不可欠ではないだろうか。古今東西を通じて、優れた実務家は優れた教養人で
あったのだから。


399 : ◆YUI.xwuGiY :03/01/14 23:44
>>398 小泉さんは例外のような・・・

400 :名無しさんの主張:03/01/14 23:47
>>399
小泉さんは優れた実務家だけど教養人ではない、ということ?

401 :名無しさんの主張:03/01/15 00:55
今は教養人なんて要らないんだよ。
金を稼げる才能がある奴だけが欲しいんだ。
むしろ下手に物を知りすぎてる人間は嫌われるからな。

402 :名無しさんの主張:03/01/15 00:57
>>401
カネを稼ぐだけの薄っぺらい人間も必要ですが、それだけでは社会は
成り立ちません。そういう連中は教養の大切さはわからなくて結構ですが、
自分が教養人になれないからといって、不要であると断言するのはいかが
なものかと思います。

403 :名無しさんの主張:03/01/15 00:58
無知なヤツだけが跋扈する世界...間違いなく滅びるね。

404 :名無しさんの主張:03/01/15 01:39
長いものには巻かれろ、みたいな生き方は嫌だねえ
そういう人間が痛い目にあってるのが、
今の世の中じゃない?

93 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)