2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

   『なぜ、人殺しがいけないのか?』   

1 :     :02/11/30 20:55
な・ぜ・だ?



2 :コピペですまん。:02/11/30 20:57
319 :名無しさんの主張 :02/11/27 20:51
1
人を殺してなぜいけないか?
おまえは殺されたいか?
殺されるのは嫌だろう。
自分がされて嫌な事を人にやるな。
自分だけは特別なんて事はありえない。


3 :     :02/11/30 20:58
法的には全く問題ないよ。
ただ、殺人罪に問われるだけだから。


4 :名無しさんの主張:02/11/30 20:59
人殺しがいけないのは自明です。

5 :名無しさんの主張:02/11/30 21:00
なぜだろう?
「自分が殺されるのはいやだろ、だから他人を殺しちゃいかんよ。」ということか?
俺の単純なアタマではこのぐらいしか思いつかん。

6 :     :02/11/30 21:02
>>2
では、老人の場合はどうか?
もう死ぬ直前なら、何してもかまわないと考えるやつはいないのだろうか?
その老人を目の前にして、何を言って説得をするのか?

7 :名無しさんの主張:02/11/30 21:04
あのニュース23見てたよ。筑紫もゲストも糞

8 :(o・∀・o)ちんこたん(未良良)。:02/11/30 21:04
駄目なものは駄目!

9 :     :02/11/30 21:07

確かに、法律は人殺しはいけないとは言っていない。
だが、法の下に平等に人権を認められているから、
ソレを犯すことは絶対に許されない。
だから、罪に問われるよ、絶対。

人権ではないが、犬やネコも法的には、
愛護されるべき存在だから、むやみに傷つけてはならない。
法的に、愛護されるべき存在ではないカエルは、
傷つけても罰せられない。


10 :膝落とし:02/11/30 21:10
>1
そんな簡単に人殺しちゃったら世の中円滑に回らないから。
それと人間の場合、他者の苦痛を共感してしまうから。

11 : :02/11/30 21:11
1
は殺されろ。
そうすりゃなんで殺人がいけないのかわかるだろうよ。


12 :名無しさんの主張:02/11/30 21:12
>>2は相互性の原則からのアプローチだね。
漏れは基本的に↑を支持してます。

別のアプローチからすれば、
不当に他人を貶めるような権利はないからダメとも言えるでしょうね。
そうすると仇討ちは許されるのか?って新たな問いが生じますけど。

13 :@人殺し経験なし     :02/11/30 21:14
もし、仮に人殺しをしても良いことにしてみよう。
そうなった瞬間に、1を殺しに行こうではないか。


14 :        :02/11/30 21:14
こんなクソスレ、
これまで社会板だけで何百回も立てられ、潰され、捨てられてきたはず。

なぜ、人を殺してはいけないか?と問う人間の真意はおどろくほど単純である。
『俺は政府や大企業の連中の言うことなど鵜呑みにしない、本当の思考人だ。
世の中の労働バカどもは、殺人ときくと無条件で耳をふさぐだけだ。
だから日本人はダメなんだ。俺は、違うぞ』
だが、残念ながら、こんなクソレベルの自己陶酔こそが、
もうほとんどの日本人とまったく同レベルなのである。

いいか、>>1よ、おまえは凡人だ、
だがもしかしたら、単純労働をニコニコ笑いながら続ける、踏み台として、
立派な人間かもしれない。
だから、この際、書いておく。よーく、読め。いいか、くだらん陶酔を捨てて、よーく、読め!

実際、殺人がいけないのは、それを放任すれば知的にすぐれた強者が、
>>1のようにただただ労働だけで終わるであろうバカを殺しまくるからである。
>>1はなかなか分からないだろうが、世の中は本来、全ての人間が同じように生きることは不可能なのである。
しかしそれを認めたら消費者が激減し、失業とインフレが同時に地獄レベルにまで到達し、
国体を維持できなくなり、有能なエリートは日本を捨ててしまうことになる。
それではエリート層といえども無国籍者になって常に不遇の人生をおくることになる。

だ・か・ら!>>1をはじめどんな凡人やバカでも生かしておかなければならないのだ!


15 :おらおら:02/11/30 21:21
>>1
どうした、もうシーンとなっちゃったのか?
ん?

16 :名無しさんの主張:02/11/30 22:33
殺した理由が『虐待されていた』とか、
だったら情状酌量になって執行猶予がついたりするよ。

17 :名無しさんの主張:02/12/01 01:51
「身内は殺すな」ってこと。
戦争はOKだからな。

18 :名無しさんの主張:02/12/01 23:31
>>17
となると「共同体を維持するために殺人をタブーとしている」ってとこか。

19 :名無しさんの主張:02/12/05 03:16
違法だから。

20 :名無しさんの主張:02/12/05 03:49
自分とは違う集団、たとえば、イラクとかなら、少なくとも、日本で法的に罰されることはないんじゃないの?
このご時世、あちらさんとは、世界が違うし。まぁ、殺人が悪いのは、社会的秩序を乱すからであって、その結果が問題なんだし、
関係ない枠なら、基本的には、関係ないだろうし、あとは、自己の問題だし

21 :名無しさんの主張:02/12/05 04:41
今のご時世、殺したいときもあるけれど、
捕まって罰せられるのが目に見えてるから
漏れは殺さないだけ。

22 :名無しさんの主張:02/12/05 05:07
そう、感情に支配されて殺人する奴はDQN。
時効を迎える迄、逃げ回りスリルある一時を過ごしたい奴は別


23 :名無しさんの主張:02/12/05 10:16
「なぜ法律というものがあるのか」とほとんど同じ問いだな。

24 :名無しさんの主張:02/12/05 10:34
人間には全てが許されている。人間を取り巻く環境は全て人間の自由である。
古来人が求めてきていたのは「自由」ではなく

「自由を選択した場合に生じるリスクの軽減」

なのである。
自由を保障すると言う事は、どの選択肢を取ってもリスクがない(少ない)、と言う事である。
リスクさえ覚悟すれば全ては自由なのである。
好きな商品を買う自由は、手持ちの現金を減少させるリスクを生じる。
盗めば法的処分をうける。うまく逃げおおせても良心が痛むリスクがある。
殺人とて同じ事。
法に反し、社会から嫉まれるリスクを覚悟しさえすれば殺人は自由である。
しかし、勿論私は殺人を侵す自由を選択する者を軽蔑し、差別する。

刑務官による死刑の執行、戦争状態での敵兵殺人、本人も望む末期患者の安楽死、
緊急避難的措置(いわゆる正当防衛)、
その他法律で認められている殺人行為もありますよ。(一部除く)

25 :名無しさんの主張:02/12/05 10:34
群雄割拠の戦国になって欲しい

26 :名無しさんの主張:02/12/05 11:01
>>25
まずお前は真っ先にひねり殺されるわけだが…

27 :名無しさんの主張:02/12/05 12:23
食べれないから

28 :名無しさんの主張:02/12/05 12:24
1はこのスレには戻ってこないと思われ。合掌。

29 :名無しさんの主張:02/12/05 15:51
働いてる奴を殺すと税収が減るから罪
プーを殺すと、節税になるから無罪

30 :名無しさんの主張:02/12/05 15:53
自分が殺されたら嫌だから。
「己の欲せざる所他人に施す事無かれ」

31 :名無しさんの主張:02/12/05 15:59
>>30

あなたは自分が殺されそうになった時、
そう言って殺されるのですか?

32 :名無しさんの主張:02/12/05 16:03
この人は本気です↓

文学板の有名コテハンが切腹をかけて短歌で決闘!
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/bakanews/1039065041/l50

33 :名無しさんの主張:02/12/05 16:04
何回となくこういうスレはたってきたが、
一人とてまともな答えを返した者はいない。

そう、理由なんてないんだよ。



34 :名無しさんの主張:02/12/05 16:08
>>33
つまり、「殺人はいけない」は間違っているわけだよな

35 :名無しさんの主張:02/12/05 16:21
>>34
間違っていないとしたら、社会契約における規制かも...




36 :名無しさんの主張:02/12/05 16:24
>>35
契約って本人の意思と無関係にできるんだ

37 :名無しさんの主張:02/12/05 16:29
>>34
「人を殺した奴」がいけないってわけだ

38 :名無しさんの主張:02/12/05 16:32
>>37
さあ、根拠いってみようか。

39 :名無しさんの主張:02/12/05 16:36
1人を殺せば殺人者、100万人を殺せば英雄

> 人殺しがいけないのか?
で、君は何でそう思い込んでるんだい。
そんなものはその時の文化、風習、常識によって変わる。
また、現在でもカルネアデスの板のように人を殺してもいい状況もある。

40 :名無しさんの主張:02/12/05 16:38
>>36
残念ながら我々は日本で生まれ育った日本人(ですよね?)であるため、
大合衆国の下賜くださった憲法に縛られています。
また、朝鮮民主主義人民共和国に生まれついたため、
将軍さまマンセーなどと言わされております。(自ら進んで言うのも含む)
ということで、自分の生まれた集団内において、
すでに結ばれていた契約は自らにも有効であると言えるでしょう。

これで答えになっているでしょうか?

41 :名無しさんの主張:02/12/05 16:46
>>40
全然なってないだろ。
なんで憲法にしばられなければならないのか。
ただの法律至上主義者?

42 :名無しさんの主張:02/12/05 17:05
>>41
> なんで憲法にしばられなければならないのか。
なんで憲法にしばられてると思い込んでいるのだろう。
好き勝手に生きればいいし、現に政治家とかは平気で法律違反をしている。
憲法などただの飾りです。君が勝手に憲法に縛られてると妄想してるだけです。


43 :40:02/12/05 17:13
推敲時に消しすぎた模様
>将軍さまマンセーなどと言わされている人もおります
ですた。

>>41
現状を認めることができないのなら脳内に旅立ってください。

あと、
漏れ= http://natto.2ch.net/test/read.cgi/soc/1031285359/315

44 :野坂:02/12/05 17:24
殺してもよい。でも君も君の家族も殺される。
殺してもよい。でも君も君の家族も殺される。
殺してもよい。でも君も君の家族も殺される。
殺してもよい。でも君も君の家族も殺される。
殺してもよい。でも君も君の家族も殺される。
殺してもよい。でも君も君の家族も殺される。

45 :名無しさんの主張:02/12/05 17:46
人を殺してはいけない。何の疑問があろうか。あたりまえだ。
1+1=2であるように。


46 :名無しさんの主張:02/12/05 17:57
法律は、個々のモラルの最小公倍数。社会で集団生活する上での最低限の取り決め。

私は殺されたくないから、殺しません。てこと。殺すなという命令ではない。

47 :名無しさんの主張:02/12/05 18:04
殆ど大多数の人間は、他人を殺してはいけないと思っている。
いや、思っていると言うよりも、それを自明のものとして、殺しちゃ
いけないのかな?などという疑問すら抱いていないよ。


48 :名無しさんの主張:02/12/05 18:43
>>43
現状我々は憲法に縛られているから、
そのまま日本国憲法のいいなりになっていなければならないといいたいの?

49 :名無しさんの主張:02/12/05 18:48
>>6 老人はしらないけど、末期がん患者に告知するかどうかはその辺も問題になるらしいね。

50 :名無しさんの主張:02/12/05 18:50
>>45
うらやましいよ。
単純な君が

51 :名無しさんの主張:02/12/05 18:55
>>48
>ただの法律至上主義者?
と言う言葉に、引きこもりは黙れ。と言っただけです。
香具師がまともな社会人とは思えませんので。
それとも、あなたでしたか?

憲法マンセーが、
>大合衆国の下賜くださった憲法
なんて言うと思う?

52 :名無しさんの主張:02/12/05 18:58
「なぜ」いけないのか、説明がつく法律なんてあるの?

53 :名無しさんの主張:02/12/05 18:58
またこのネタのスレたてたんか。怒らへんから正直にゆうてみぃ、
このネタスレの1、あんたいっつもおんなじ人やろ?どうや、ん?

ほんで答えやけどなぁ
簡単な話なんや。頭んなかで想像してみ?
どっか無人島でもいってな、何百人かでバトルロワイヤルみたいな世界つくんねん。
この島では殺しでもなんでもありや。欲しいもんあったら奪ってええ。気に入らん奴おったら殺してええ。
そんな世界や。そういう世界ではな、腕力や知力の劣るものはどんどん死んでいくんや。
そのまま放置していったらいずれは誰か一人だけが生き残り、残りのもんは死んでしまうやろ。
しかし生き残るような知力に優れた奴はすぐに気づくやろ。残った奴等を根絶やしにするよりは
自分の知力、腕力にモノを言わせて脅してでも仲間にしてこき使ったほうがええ、ちゅー事にナ。
そのほうが、残った連中全員をただ一人で相手して苦労して根絶やしにするよりか、ずっと楽なんや。
単純な算数の問題や。そうして小さなコミュニティができるわけや。もちろんコミュニティでは
ルールが必要や。意味も無く仲間同士が殺しあうことは許されへん。それはコミュニティ全体に
とってマイナスになるからや。わかったか?別に殺しあう世界でもええねん。それを止める
根源的理由はないんや。そやけどそういう世界を作っても、いずれは勝手にそれを許さない社会が
できてしまうんやで。あえてそうしない社会を作ってもええんやけど、おそらくルールのある社会と
接触したときに負けて吸収されてしまうやろな。そんな殺伐としたコミュニティやったら
みんな自分の身を守るのに必死で、とても組織だったほかのコミュニティと戦うことなど
おぼつかんやろうな。そういうこっちゃ。

54 :名無しさんの主張:02/12/05 19:05
>>53
最初の五行で先が見えたから読むのやめた。

55 :名無しさんの主張:02/12/05 19:15
俺は見た瞬間に読む気がなくなった

56 :人殺し?普通じゃん:02/12/05 19:16
http://www.asyura.com/sora/bd16/msg/104.html
韓国各紙の24日付早版は、「桓武(かんむ)天皇の
生母が百済の武寧王(ぶねいおう)の子孫であると
続日本紀(しょくにほんぎ)に記されていることに、
韓国とのゆかりを感じています」との天皇陛下の発言を1面に掲載した。
「韓(朝鮮)半島との血縁を天皇自ら初めて発言した」と紹介している。
これを公に言及することはタブー視されてきた」と報じた
http://members.tripod.co.jp/esashib/fukasaku05.htm
大正12年9月5日未明、東京・亀戸警察署前広場で連行された朝鮮人労働者・日本人労働組合幹部ら数百名が
警察・軍隊によって刺殺・銃殺された。被殺者六六六一人(一九ニ三年一一月二五日現在)『韓国独立運動史』所収。
また、朝鮮人の移動が法的に禁止されていた状況で「保護」という名目で検束された数はニ三七一五人にのぼった。
(吉河光貞『関東大震災の治安回顧』)多くは竹ヤリ、日本刀で惨殺されたり、針金で縛られ殴打暴行の末、
殺された。更にひどいのは息の残っている朝鮮人の首を鋸で挽いたり(群馬県藤岡)、
ガソリンで焼き殺したり、妊婦の腹を割いたりしている。(東京)当時、日本人で朝鮮人とまちがわれて
殺されそうになった千田是也(新劇排優)氏の話はあまりに有名だ。彼の名前も、この時朝鮮人と
思われて殺されそうになった経験から、コリヤ(朝鮮)をもじってつけたものだそうだ。

57 :コピペだよなぁ?:02/12/05 19:17
>>53は人口=国力を基盤にした話だな
支配者(=主権者)の為に殺したらアカンと

・・・・・・・反 論 で き ん。

どもそれって自殺志願者には通じんよな。

58 :名無しさんの主張:02/12/05 19:19
>>53 リヴァイアサンでも読んでかぶれたのか?

59 :名無しさんの主張:02/12/05 19:20
支配者とちゃうでぇ
支配者、と自分が思い込んでる奴、のことや。
ほんまに支配してるかどうかはどうでもええねん。

おれが王になったる!ちゅーやつやったら、そいつが多少でも賢かったら、
当然行うであろう行動について予想してるだけや。

60 :名無しさんの主張:02/12/05 20:10
>1

刑法で禁じられてるからだろ。ただそれだけの事。
【人殺し=悪】は人類普遍の価値基準ではないよ 

61 :名無しさんの主張:02/12/05 22:21
>>51
ナルホド、タダノ煽リデスカ

62 :名無しさんの主張:02/12/05 23:55
人を殺していけない理由なんてないさ。
強いて言うなら個人都合で人殺しが起こると困る人がいるってくらいだね。
だからコミュニティ(国家)を形成するとき、人殺しには多大なリスクがある
ことを謳って人殺しを「抑止」するだけ。要するに多数の自己都合の集合体において
人殺しを規制してるわけだ。
なので、自己都合として多数から容認され得る人殺し(正当防衛や戦争、死刑
または安楽死等)については、合意が得られれば罪に問われない。
まあ、コミュニティによっては戦争や死刑や安楽死を容認しないところも
あるけどね。

あと、自殺か。
生存欲求のある人間においては自殺は容認し難いものであるだけ。
色々な決まりごとが生存欲求を前提として作られている以上、
やはり安易に容認できるものではないわな。なので「自殺は(・∀・)イクナイ!」という
倫理規定を設けて、ハードルとしてるわけだ。
ただ、自殺は犯罪と違い否定すべき明確な根拠(他者に対する直接的損害)というものが
ケースによって曖昧になるので、「地獄に落ちる」などという意識誘導を行っている。
実際に地獄に落ちるか否かは、俺が自殺した事がない以上、明言できないが。

63 :名無しさんの主張:02/12/06 00:04
>>1 そうしないとお前が死ぬからだよ、一寸の虫にも五分の魂って言うだろ?

64 :名無しさんの主張:02/12/06 00:32
>>63
そんなマトモな言葉、>>1に言ってもムダ。
わかってりゃこんなバカスレ立てんよ。

65 :名無しさんの主張:02/12/06 00:33
>>64
どこがまともなんだか

66 :名無しさんの主張:02/12/06 00:40
>>1
なぜだ?

と問う前に、自殺しる!

67 :名無しさんの主張:02/12/06 00:44
>>66
1にそんな勇気はないと思われ

68 :名無しさんの主張:02/12/06 01:01
自分に想像しうる最高度の「優れた人」を想像する。

知恵も性格も体力判断力行動力全てにおいて「優れた人」。
自分の能力にもおぼれない、勇気が蛮勇になることも無く、
節約がケチになることも無い、自分の優れた能力の使い方をわきまえた人。

さて、そのような人に「人殺しはよいことか悪いことか」と聞いたとする。
もし、その優れた人が「人殺しは悪い」と答えたとしたら>>1よ!これが答えだ。
もし、その優れた人が「人殺しはよい」と答えたとしたら>>1よ!これが答えだ。
もし、その優れた人が「人殺しはこのときを除いて悪い」と答えたとしたら>>1よ!これが答えだ。

最も優れた人の判断よりも優れたものは無い。
農業の事は優れた農民に聞くのがよい。数学の事は優れた数学者に聞くのがよい。

さて>>1の想像する「優れた人」は人殺しについてなんと答えたろうか?

69 :名無しさんの主張:02/12/06 01:03
>>1 にっとって最高に優れている人は切り裂きジャックなのでyesです。

70 :名無しさんの主張:02/12/16 21:25
>1

刑法で禁じられてるから。ただそれだけの事。
【人殺し=悪】は人類普遍の価値基準ではないよ 



71 :名無しさんの主張:02/12/17 18:51
>>1
じゃあお前も殺されても全然OKって事だなと小一時間問い詰められたらどうするよ?

72 :べり〜だらいゔ:02/12/17 19:13
>>68
なぁ、それってつまり
>>1はどっちの答えが欲しいのかってことだよな?
おまえ自身はそれで良いのか?

いいのか。。忘れてくれ

73 :名無しさんの主張:02/12/17 19:24
>>71
こういう「いけない」と「いやだ」を混同したレスは過去無数にあるわけだが・・・

74 :べり〜だらいゔ:02/12/17 19:41
>>71
刃物を持ったキティGUYに襲われたらどうするの?

75 :名無しさんの主張:02/12/17 20:14
このての問題設定をするやつ
社会の不要物ですから 殺してもだれも もちろん本人も
文句はいいません 人を殺してはいけないことはありません
だから あなたは殺されなさい 本望でしょ

76 :71:02/12/17 23:05
>>74
基地害を殺さなけりゃ助からないような状況とは限らないだろ。
取り押さえて死なない程度にボコってサツに突き出せば済む状況だってあるだろうし。
つーか犯罪の殺しと、正当防衛→過剰防衛の例を一緒にしないでくれ・・・

77 :キャスバル:02/12/17 23:11
>な・ぜ・だ?
坊やだからさw

78 :RYO:02/12/17 23:52
>キャスバル
おぉ!まさか、そちらさんはかつての「死神」と呼ばれし御仁では?

79 :名無しさんの主張:02/12/18 00:13
結局明快な答えは出ないのかな・・・?
「決まっている」なんて疑問を持つ人に通じる訳が無いし。

80 :名無しさんの主張:02/12/18 00:25
そもそも物事に客観的な善悪なんてのはない。
善悪とは立場によって生じるもの。
法律とは個々の集合体である社会の活動を円滑にするための決まり事。
法律の立場は円滑な社会活動。
殺人=悪というのは、属してる集合体の立場から見て集合体のもとである
個の権利を侵害することは円滑な社会活動を阻害することになる。
つまり、円滑な社会活動を目的とした集合体に属する場合、その立場から見ると、
殺人=悪となる。


81 :名無しさんの主張:02/12/18 00:34
>>80
じゃあ、条件付けしなければ殺人は悪くないと?


82 :名無しさんの主張:02/12/18 00:40
>>81
そもそも条件付けのない状況下では判断基準がないと思うけど?
あっても本人の倫理観のみ。


83 :名無しさんの主張:02/12/18 00:44
まあ君らまだヤングなんだよ。
オレくらいの年齢になれば、人殺しなんてなんの抵抗感もなくなるよ。
むしろ世の中の役に立つというか。。

84 :名無しさんの主張:02/12/18 00:56
>>83
感動しますた!
とりあえず、アニータ殺してきてください。

すでに殺すリストに入ってる?
野中は?


85 :名無しさんの主張:02/12/18 01:23
刑法で禁じられてるから。ただそれだけの事。
【人殺し=悪】は人類普遍の価値基準ではないよ 


81 :名無しさんの主張 :02/12/18 00:34
>>80
じゃあ、条件付けしなければ殺人は悪くないと?

当然。【人殺し=悪】という価値基準は社会が定めた【べき論】であって真理ではない。



86 :名無しさんの主張:02/12/18 02:22
>>80,85

 は・げ・ど・う・!

>79
明快な答えが出たんでないかい?


87 :名無しさんの主張:02/12/18 04:05
>>85
じゃあ、どうして刑法で「人殺し=悪」と定めたのでしょうか?
ここのスレの論点はそこなのではないですか?

88 :名無しさんの主張:02/12/18 09:03
仏の世界を知りなさい。この愚か者めが

89 :名無しさんの主張:02/12/18 10:24
>>87
「人殺しをよく思わない」人が絶対的に多数だからじゃない??

90 :名無しさんの主張:02/12/18 10:25
>>87

>殺人=悪というのは、属してる集合体の立場から見て集合体のもとである
>個の権利を侵害することは円滑な社会活動を阻害することになる。
>つまり、円滑な社会活動を目的とした集合体に属する場合、その立場から見ると、
>殺人=悪となる。
書いてあるんだけど。


91 :名無しさんの主張:02/12/18 10:44
人間は論理的に物事を考えるから、その能力を持つから。じゃない?
「本能」では説明のできない部分だと思う。

自分が他人を殺せる→ 他人も自分を殺せる 
(何故なら、自分=他人=人間だから)

このことを知ってしまうと、恐ろしくてまとも
に生きていけなくなってしまう。いつ、だれに、どこで
殺されるか、わからなくなってしまうから。(これも実に論理的・合理的)
だから、なるべくそのこと(人を殺せること)を考えないようにする。
戦争で人を殺すのは悪くない。でもなるべくそのことについて考えたくない。
戦争で殺される人は、自分でもあるわけだから。
だから、殺人(戦争)には大義名分を必要とする。自分は他人を殺せても、他人は
自分を殺せない明確な根拠が必要だ。それがあれば精神錯乱は免れる。
論理的に考えない人間以外の生き物は、こんなことで悩まない。


92 :べり〜だらいゔ:02/12/18 11:27
>>76=71

じゃあ質問をかえよう
クリスマスに彼女の家に行きました
夜だと言うのに電気も点いてなく、合鍵で中に入ろうとしたら
鍵もかかっていません 不審に思いながら中に入ってみると
基地害が血まみれの彼女を犯してます
すでに彼女は何の反応も無く生きてるかどうかも分かりません

どうするよ?

93 :名無しさんの主張:02/12/18 12:23
人間が平等だという仮定において利害関係の善悪が決まるんだよね…

94 :名無しさんの主張:02/12/18 12:27
人間が平等だという仮定において利害関係の善悪が決まるんだよね…。
平等で無いと仮定するとその先の秩序形成過程は地雷原…。

95 :べり〜だらいゔ:02/12/18 12:35
何に於いて平等なん?

96 :名無しさんの主張:02/12/18 12:43
>>92
それは殺人が良かろうが悪かろうが、現実にある状況だな。
相手が自分より強そうなら警察か何かを利用するしかないだろう。
人はダメで、他は良いって言うのが疑問な人は多いんじゃないの?
つまり命を奪う事自体は実は全然O.Kだって事実があるのに、
人間に対してだけ制約がある。
まあアメがイラクの人間とかは殺しても良いみたいだが・・・。

97 :名無しさんの主張:02/12/18 12:46
>>92
凶器買いに戻ってまでは殺さんわな

98 :名無しさんの主張:02/12/18 12:59
アメリカが報復攻撃をするのはかまわん。
どんどんやってくれ。
でも、なぜに誤爆するの?ありゃまずいだろ。

99 :名無しさんの主張:02/12/18 13:02
>>90

ちょっとその説明は違うんじゃないのかね。
むかつくから殺す、金のために殺すなどの殺人の大半は
たしかにそういう理由で禁止されているけれども、
仇討ちや>>92の場合は殺人を認めても社会活動が円滑でなくなるかどうか。

100 :名無しさんの主張:02/12/18 13:03
ていうか「禁止」と「悪」そもそも違うものだがな

101 :名無しさんの主張:02/12/18 13:13
殺人を犯した犯罪者に対して断じて許さない、と言っている傍らで、
戦争を肯定する香具師って、笑えるね。笑い事じゃないけど。

102 :べり〜だらいゔ:02/12/18 13:47
>>98
誤爆?友軍に誤爆したのはすごかったな
それ以外はあんまし確認しないで撃ってたんでない?
そういえばアフガンでの誤爆率が20%以上といってる香具師がいたな

103 :名無しさんの主張:02/12/19 13:44
 人殺しが悪いとかいいとか日常ではほとんど考えたこと
はないな。つまりこの感覚があればいいと思う。
 確かに理由を考える事も無意味だとはいわないが、どうして
人を好きになるかを考えるのと大して変わらんと思うが。
 つまり自分が人を殺さない(殺す必要がない)ことが重要で
あって、その理由は大して重要じゃない。
 逆に言えばだからこそ、理由(戦争など)があれば簡単に
人を殺す奴もでてくるんだろうが。
 多くの人達が平和な世の中に住んでいる時の、自然な感覚
が「殺人の禁止理由」でいいんじゃないか?

104 :名無しさんの主張:02/12/19 13:49
殺人の禁止理由=フォークウェイズ

105 :名無しさんの主張:02/12/19 14:13
何なんだ一体この一昔前に流行ったガキ臭い質問は。
みんな自分が殺されたくないからに決まってんだろ。

106 :名無しさんの主張:02/12/19 14:15
いけない、というのも誰かが勝手に禁止しているだけ、
という場合と悪である場合と二通りあるわけだが。
>>1を読んだだけではどっちを聞いているのかわからないな。

107 :べり〜だらいゔ:02/12/19 15:01
>>105

108 :名無しさんの主張:02/12/19 15:03
★最新情報★
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html


109 :名無しさんの主張:02/12/19 17:51
>1
釣りか?釣りなのかこのスレは?

まあマジレスしておくと、それは殺される奴の自主性を一方的に奪うからだ。
誰しも自主性っつーのを持っていてそれはお前も同じだろう。
他人の言いなりになって、言うことほいほい聞いてる奴だって
”自分で”考えることをやめたいと思い、そうなっているわけだ。

ちなみに俺は脳死者の殺人と、殺される側が了承している場合だったら
殺人罪には問われなくていいと思っている。

110 :109:02/12/19 17:54
殺人者側が殺された側の家族に怨まれるのを承知の上でだったらな。

111 :名無しさんの主張:02/12/19 18:25
>>109
マジレスのわりにたいしたこといってない駄レスなことを笑うレスですか?

112 :べり〜だらいゔ:02/12/19 18:34
>>111




新人さんですか?

113 :名無しさんの主張:02/12/19 18:40
>>112

いいえ

114 :名無しさんの主張:02/12/19 18:45
>>109
命の尊さを理解してないヤツに、
自主性の価値を教え込もうとしても無駄でしょうな。

115 :べり〜だらいゔ:02/12/19 18:57
>>109

この辺は?
>>92

116 :名無しさんの主張:02/12/19 19:06
>>115
警察呼びます。

117 :べり〜だらいゔ:02/12/19 19:14
それだけ?

にげるの?

目の前で、なのに?( ´_ゝ`)フーン

118 :名無しさんの主張:02/12/19 19:15
>>117
そう、それだけ。

119 :名無しさんの主張:02/12/19 19:16
>>117
>( ´_ゝ`)フーン
君も煽りか・・・

120 :名無しさんの主張:02/12/19 19:16
『人を殺してもいい状況というのがあるのじゃないのか』というところへ誘導しようとしているのだろうけど、
>>92はあまりいい状況設定ではないな。

121 :名無しさんの主張:02/12/19 19:18
>>120
アタマ悪いヤツだな。
正当防衛は誰もが認めているわけだが、特殊な状況の殺人例をあげて何がしたいんだろ。

122 :名無しさんの主張:02/12/19 19:19
>>121


123 :名無しさんの主張:02/12/19 19:20
>>122
>?


124 :名無しさんの主張:02/12/19 19:22
>>123
120がアタマ悪いということ?それとも>>92がアタマ悪いということ?

125 :べり〜だらいゔ:02/12/19 19:26
しばらく逃走してますた

>>119
プ って書いてあったら煽りだと思う
って言う香具師がいたがお仲間ですか?( ´_ゝ`)フーン

ゲラゲラ( ´_ゝ`)フーンで煽れたら苦労しねぇよ!

126 :べり〜だらいゔ:02/12/19 19:29
漏れは頭悪いYO!

>>120
漏れにはあんなんで限界。

>>121はたぶん漏れのことだぴょ〜

127 :名無しさんの主張:02/12/19 19:30
>>124

>>92

128 :名無しさんの主張:02/12/19 19:31
>>126
で、おまえは何がいいたいの?

129 :べり〜だらいゔ:02/12/19 19:37
かまってぽ♥

130 :名無しさんの主張:02/12/19 19:39
多分、ここで「警察に通報する」といっている人でも
>>92の状況に本当に出くわしたら
突発的に殺意が起こりそのキチガイを痛めつけて殺してしまうかもね。
しかし、その殺意はあくまで「突発的に」起こりうるのであって、
彼女ばかりでなく自分もろとも殺される可能性を冷静に判断できる時(つまり今)において
人に>>92のような状況を想定させて、「さてあなたはどうするか?」と聞いても
それはやっぱり「警察に通報する」という人のほうが多いと思うよ。
だって、そっちの方が合理的な判断だもん。彼女のことを考えても。


131 :名無しさんの主張:02/12/19 19:40
>>129
レイプされるのいやがるあなたと
かまってがだぶるじゃないか

132 :べり〜だらいゔ:02/12/19 19:44
えへへ

133 :名無しさんの主張:02/12/19 19:44
別に殺したっていいよ

なんとなく決まってるだけ

134 :名無しさんの主張:02/12/19 20:01
人殺しじゃなくて「俺殺し」、つまり、自分が殺されるのはいやだろ?
それを全員がいうから「人殺し禁止」と多数決で法律が決まるわけだ。
日本は多数決で法律が決まる国だからな。

中には死んでもいいという奴や、生きるために人殺しするやつもいるが、
それらは嘱託殺人や正当防衛として修正されてる。

135 :おか:02/12/19 20:05
「殺人は絶対悪」これを否定する人間が2ちゃんねるには多い。
ならばその人間が認めなくてはならないことがもう一つある。
「あらしも悪いことではない」
にも関わらずあらしへの非難は続く。命令でなく非難である。

この矛盾。

136 :名無しさんの主張:02/12/19 20:08
>>135
それ、矛盾してないっす。

137 :名無しさんの主張:02/12/19 20:13
>>136
プ

138 :名無しさんの主張:02/12/19 20:15
>>135
所詮自分の利害で善悪を決めるわけですよ、
人間なんて

139 :べり〜だらいゔ:02/12/19 20:16
>>135
どちらもネチケット と φ( ̄― ̄ )メモメモ

140 :名無しさんの主張:02/12/19 20:16
ドストエフスキーの「罪と罰」を読め!

141 :べり〜だらいゔ:02/12/19 20:17
>>138

 善 悪 善 悪 善 悪 !!

142 :べり〜だらいゔ:02/12/19 20:18
>>140

読んだことあるYO!

143 :名無しさんの主張:02/12/19 20:19
私怨や、自らの欲望達成の為の殺人は悪だと
言えるが・・・


144 :名無しさんの主張:02/12/19 20:20
そういえば「煽りは2ちゃんねるの華」なんて言われて
肯定されていた時期があったな。
今時煽りをカコイイなんて思うのは最近来た奴かね?

145 :名無しさんの主張:02/12/19 20:20
>>143
な・ぜ・だ?

146 :名無しさんの主張:02/12/19 20:21
時と場合によっては・・・

許され得る殺人もありえる

147 :名無しさんの主張:02/12/19 20:26
殺らねばならぬ時もある

148 :143:02/12/19 20:37
>>145
私怨による殺人などは考え方(思想)が幼いんだなぁ〜
利己主義に基づく殺人は否・・・


149 :名無しさんの主張:02/12/19 20:49
>>148
人殺し自由!!ってなったら最初に殺されるのは>>1だろうな(藁


150 :名無しさんの主張:02/12/19 21:01
>>148
根拠じゃねーし

151 :143:02/12/19 21:10
ヒトラーの暗殺は実現されなかったわけだが、
数百万の無辜の人々のことを思えば、許される、と思う。

金正日政権も崩壊するまでわからないことだが、
もし無辜の数百人もの人々(政治犯)が殺されたとしたなら
許されるものだと思う。

152 :名無しさんの主張:02/12/19 21:14
>>151
まあしかし、それも「正当防衛」の内に入るね。

153 :名無しさんの主張:02/12/19 21:15
人を殺してはいけないという決まりのある社会で生きているからです。

154 :名無しさんの主張:02/12/19 21:17
「なぜ人殺しがいけないのか?」がわからないんなら
一回人を殺してみるべし!!友人、親戚、恋人、通りすがりの人でも
誰でもいいから一回殺してみ!結構快感かもよ

155 :名無しさんの主張:02/12/19 21:19
>>154
捕まるからヤダよ

156 :名無しさんの主張:02/12/19 21:22
>>153 人を殺してはいけないなんてルールはありません。

157 :名無しさんの主張:02/12/19 21:27
>>155
捕まえようとした人に「なぜ人殺しがいけないのか?」
と聞けばいいんじゃない?満足のいく答えが返ってこなかったら
そいつも殺せば次がくるだろうし

158 :名無しさんの主張:02/12/19 21:27
>>156
嘘付け。
罰則がある

159 :名無しさんの主張:02/12/19 21:27
>>157
戦っているうちに負けるだろ

160 :名無しさんの主張:02/12/19 21:30
>>158 本当だよ。

161 :名無しさんの主張:02/12/19 21:33
>>160
キミの個人的な解釈ではそうなんだね

162 :名無しさんの主張:02/12/19 21:34
>>159
負けるって死ぬってことか?

163 :名無しさんの主張:02/12/19 21:35
>>161 嘘だと思ったら法律板で聞いてきてみな

164 :名無しさんの主張:02/12/19 21:38
>>163
なんだ、うけおりか

165 :名無しさんの主張:02/12/19 21:40
―――復讐○仕返し○特殊探偵○悩み事相談○駆込み寺―――
●復讐・貴方に代って恨み晴らします!★★★別れ工作★★★
騙された・捨てられた・弄ばれた・相手に誠意がない・債権トラブル・不倫疑惑・証拠収集・★★★仕返し代行★★★悩み事相談★★★
●電話番号から住所などの調査・等など★何でも気軽に相談OK!
確実に貴方の悩みや困り事、トラブル等を迅速に解決致します。
●下記記載のURLがジャンプしない場合には・コピ−してファイルから開いて下さい! ・・・◆マル秘事件簿・緊急殺人現場◆・・・
http://www.blacklist.jp/i
(緊急情報)必ずご覧下さい★驚愕の事実&復讐の実態★★★
●女性秘密工作員・募集中!高収入確実!!!
http://www.blacklist.jp/ 
リンク・興信所・・> http://www.okudaira.co.jp/ 
----------------------------------------------------------
◆拳銃密売の実態◆危険!!!


166 :名無しさんの主張:02/12/19 21:40
違うよ、刑法読んだことないの?

167 :名無しさんの主張:02/12/19 21:40
>>162
捕まるか殺されるかするだろ

168 :名無しさんの主張:02/12/19 21:41
>>166
なんで刑法に「禁止する」って明記されてなかったら禁止されていないなんて
馬鹿な解釈するの?

169 :名無しさんの主張:02/12/19 21:45
>>168 正当防衛が認められているからです。状況を作ってから殺せばオッケーなんです

170 :名無しさんの主張:02/12/19 21:46
アフォだ。

171 :名無しさんの主張:02/12/19 21:48
>>169
つまり153を
「どんな状況でも人を殺してはいけないという決まりのある社会で生きているからです。」
と解釈したんだね。




ツマンネ


172 :名無しさんの主張:02/12/19 22:04
>>167
たしかに、そうだろうな。まず、「なぜ人殺しがいけないのか?」
という理由がわかっていないとしたら自分が殺されるのは問題ないだろ。
捕まえるのもあたりまえの行為だろ?捕まえないと自分が殺されるわけだし。
つまり、人殺ししてはいけない。のではなく人殺しをする奴を放置しておくのがよくないんだ。
いずれは自分の身に何らかの形で危険が起こる可能性が高くなってくるからな。
そこで大勢の同意の元に人殺しをした奴には罰を与えよう。ということになった
ちなみに人殺しをするかしないかは別に自由だろ。すべての個人の行動
を制限することは不可能だからな。
街を歩いてても「人殺しはやめましょう」なんて看板はないだろ?

173 :名無しさんの主張:02/12/19 22:16
>>1
刑法で禁じられてるから。ただそれだけの事。
【人殺し=悪】は人類普遍の価値基準ではない
【人殺し=悪】という価値基準は社会が定めた【べき論】であって真理ではない。

刑法が殺人を禁止した理由は、市民社会の安定性と秩序維持の為。
道路交通法や窃盗などのように、国民が快適に暮らすため定めたルールに過ぎない。




174 :名無しさんの主張:02/12/19 22:19
大人はそんな幼稚な質問には真面目に答えないのです。

175 :名無しさんの主張:02/12/19 22:26
どうどうめぐり。。。
つか、人はみんな考えることは似ているのね、
てことをこのスレ読んでいて思った。

176 :名無しさんの主張:02/12/19 22:35
>>175
どうどうめぐりですか
俺なんか1回目のん覚えているのかして
2回目見た時自分の考えかと思ってしまう
デジャブーみたいな誰かの作戦かもよ

177 :名無しさんの主張:02/12/19 22:38
>173
大正解。

178 :名無しさんの主張:02/12/19 22:45
>1
おまえ自身、人から殴られてもまったく痛みを感じないなら、人を殺してもよろしい。

179 :名無しさんの主張:02/12/19 23:15
>>173
人類普遍の価値基準とか真理とかが
>国民が快適に暮らすため・・・
以外に意味があるなら教えて欲しいもんだ。
ってか、そんなものはあるのか?
【人殺し=悪】以上のものがさー

180 :名無しさんの主張:02/12/20 09:57
つまりこういうことだ

人間は論理的に物事を考えるから、その能力を持つから。じゃない?
「本能」では説明のできない部分だと思う。

自分が他人を殺せる→ 他人も自分を殺せる 
(何故なら、自分=他人=人間だから)

このことを知ってしまうと、恐ろしくてまとも
に生きていけなくなってしまう。いつ、だれに、どこで
殺されるか、わからなくなってしまうから。(これも実に論理的)
だから、なるべくそのこと(人を殺せること)を考えないようにする。
戦争で人を殺すのは悪くない。でもなるべくそのことについて考えたくない。
戦争で殺される人は、自分でもあるわけだから。
だから、殺人(戦争)には大義名分を必要とする。自分は他人を殺せても、他人は
自分を殺せない明確な根拠が必要だ。それがあれば精神錯乱は免れる。
論理的に考えない人間以外の生き物は、こんなことで悩まない。



181 :べり〜だらいゔ:02/12/20 17:08
下げコピペイク(・A・)ナイ

182 :べり〜だらいゔ:02/12/24 14:57
hoshuほしゅ

183 :名無しさんの主張:02/12/30 01:16
イケナイと思うから、以上。
イケナイという言葉自体が主観的な物なのだから、
そう思わない人間にはイケナイ事では無い。

184 :名無しさんの主張:02/12/30 01:29
ルールの中で生きてるからだよ。アウトサイダーにとって人殺しなど朝飯前

185 :名無しさんの主張:02/12/30 01:32
人間は集団を構成する動物です。
人殺しを悪とするのはその人間集団の
生存本能なのです。

186 :名無しさんの主張:02/12/30 01:34
種の保存から見れば納得。>185

187 :名無しさんの主張:02/12/30 01:53
嗚呼・・・筑紫哲也の毒デンパを受信した被害者がまたココに・・・・・

188 :名無しさんの主張:02/12/30 02:34
>>186
種を保存せよとは誰も言っておらず、賛同する根拠もないわけで。

いけないからいけない以上の答えは出来んよ。

189 :>1:02/12/30 02:40
人を殺すことだから

190 :名無しさんの主張:02/12/30 02:45
>>188
>種を保存せよとは誰も言っておらず

あなたに空気を吸えとは誰も言っていないけど、
あなたは空気を吸う。

191 :名無しさんの主張:02/12/30 02:47
種を保存せよってのは、遺伝子の命令では?

192 :名無しさんの主張:02/12/30 02:48
なぜそれが反論なのかがわからない

193 :名無しさんの主張:02/12/30 02:49
じゃあ、先ず、>>1 を殺してみてから議論してみよう。
できるだけ、本人に感想を語ってもらいたいので、ジワジワとくる方法で頼む。

194 :名無しさんの主張:02/12/30 02:49
>>190
「生物界は弱肉強食である。」から
「弱者は強者に虐げられなくてはならない。」
ってのは論理的に導けないだろ。

規範命題を導くためには前提に少なくとも一つ規範命題を含んでなくてはならない。
(事実命題だけから規範命題を導くことは出来ない)

195 :名無しさんの主張:02/12/30 02:53
>>191
何で命令だってわかるんだよ。
百歩譲って遺伝子が命令してるとしてもそれを守る理由はない。

罰がないルールは、あってもなくても同じだろ。
いい人ばっかだったら法律はいらねえんだよ。
罰則のないルールを持ち出しても説得力がねえんだ。

196 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 02:57
>>194
>事実命題だけから規範命題を導くことは出来ない
そのとおりだと思う。
で、規範命題から導こうとすれば
最終的には「いけないからいけない」というトートロジーになるだろうね。

しかし、その規範がいかにして出てきたのかという発生的根拠を問う方法もあって、
その発生的根拠として「種の保存」ということを>>190は言いたいのだろうと思う。

規範命題から導き出すにしても発生的根拠から導き出すにしても
そもそも位相が異なる根拠への問いである以上
両者は折り合わない。

つか、双方ともに真であることが可能。


197 :名無しさんの主張:02/12/30 02:59
またヘリクツ合戦か。
適当な言葉ちりばめて量を増やす宿題レポートのノリだな。
そのムダがどれだけ世の中の足を引っ張っていることやら・・・

198 :名無しさんの主張:02/12/30 03:01
>>196
そーだね。

199 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 03:02
>>197
「ヘリクツ合戦」というよりも、
双方の意見は共に両立可能なのに
互いの求めている解答のあり方が違っていることが原因で
無駄に争っているのではないか?と言いたいのが>>196の趣旨です。

200 :名無しさんの主張:02/12/30 03:06
>>199
らじゃ

201 :名無しさんの主張:02/12/30 03:16
>>199
両立はしないだろう
186は本能だと言ってるし
190は本能ではないと言っているのに
でも196で規範命題と事実命題の感じがつかめたよ
ありがとう

202 :そいつらじゃねえが:02/12/30 03:27
だってよ
人殺しの是非の疑問について 種の保存本能です と答えるなんて、最も愚かな回答じゃね。
「人はなぜ人を殺すのですか」でも同じ回答で良いし。
おためごかしだと思うが。1みたいなのには当然そのくらいの知識は前提だと考えるが

203 :190:02/12/30 03:29
人間の生存のために極自然なこととしてその構成する集団の中での
人殺しは悪となった。
人間は個人の生存本能を集団に昇華したのである。

204 :名無しさんの主張:02/12/30 03:33
人間だけじゃなく生物すべて遺伝子が仕切ってるという
大きな観点から見れば、状況にあわせて殺人肯定否定が
あって当然じゃないですか。
自分自身ですら、最後は自殺遺伝子によって殺されるのだから。

205 :名無しさんの主張:02/12/30 03:36
>>203
違う。生物の中で同種を殺すのは人間だけ。
前提が違っている。俺にはアンタと1は同じ位置にいる気がする。
その理由では人殺しは否定になってない。

206 :201:02/12/30 03:36
190は188の間違いだったスマナイ
>>202
1は宗教の話を望んでいるのだと思っていたよ
宗教マンセイだと
>>203
ほんとにスマナイ202の分も謝る

207 :名無しさんの主張:02/12/30 03:36
国家の名においての、死刑執行という殺人行為も在るわけだが、その辺どうよ。


208 :名無しさんの主張:02/12/30 03:37
つまり、人間が生命に危険の及ばない時には
「殺してはいけない」のであって、
危険の及ぶ場合は「殺してもいい」場合もある。

209 :名無しさんの主張:02/12/30 03:37
遺伝子がすべて決めるってのは、議論の中で一番誤魔化した答え。
そりゃ全部そうだろ

210 :名無しさんの主張:02/12/30 03:40
宗教か。
1脳内のMYカルトだったらやだな。こうゆう疑問持つタイプって
そんなイメージがある。

211 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 03:40
>>201
う〜んと。
一方は本能から人を殺していけない理由を導き出そうとしているし、
他方は規範意識からその理由を導き出そうとしている。

これはそれぞれ異なる分野(敢えて言えば生物学と、倫理学及び法学)の問いであって
どちらが優れて殺してはいけない理由にふさわしいかと言う問題ではないと思うのだけどな。。

本能的な動機がなければ殺してはいけないという感情は表れなかっただろうし、
規範意識がなければこうした感情を対象化して法を作り上げることもできなかった。



212 :名無しさんの主張:02/12/30 03:41
逮捕したのだから、既に危険な状態からは回避できている状況。
なのに死刑だぜ。


213 :名無しさんの主張:02/12/30 03:43
>>207
死刑執行される理由は、殺人が殆どなので、
報復されても文句は言えない。

214 :名無しさんの主張:02/12/30 03:43
>>212
>既に危険な状態からは回避できている状況。

死んでるからな。

215 :名無しさんの主張:02/12/30 03:45
>>212
これなら答えられる
殺しとかないと他の人の犯罪の抑止にならないからだよ
死刑がどの位抑止力あるのか知らんけど

216 :名無しさんの主張:02/12/30 03:46
>>212
報復のための殺人なら、認められるッテ事で、OK?
怨恨による殺人はしてもいいのね。


217 :名無しさんの主張:02/12/30 03:48
>>216
チンピラのイチャモンみたい・・・

218 :名無しさんの主張:02/12/30 03:48
「人殺しはいけない」
という、命題に矛盾が発見されたので、命題自体が誤りですね。


219 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 03:53
(独白)
ところで、「人を殺してはいけない遺伝子」というのは発見され証明されているのですか?
自然科学発達以前の人間が多くの規範の究極の根拠を求めきれずに
人知の及ばないものを最終的に神に帰したように、
現代ではそういった人知の及ばないものを科学に求めているような気がする。
科学信仰という側面もあると思うのだけどな。

(今の話に乗って)
まあ「人を殺してはいけない」という法律があること事態
人間には人を殺す自由があることを明らかにしているからな。
死刑を厭わなければ人を殺してもいいのだから。

220 :名無しさんの主張:02/12/30 03:54
支配する側が困るからだよ.

221 :190:02/12/30 03:55
>>211

人を殺してはいけないってことも学問の分野になるのか?
学力のない人は人殺しに抵抗はなくなるのかい?

>>207
>国家の名においての、死刑執行という殺人行為も在るわけだが、その辺どうよ。

それも人間の本能です。
所属する集団を生存させるってことと、それを犯すものへの怒りの本能ですね。
全ては本能です。
矛盾しません。

222 :名無しさんの主張:02/12/30 04:00
>>219
>人間には人を殺す自由があることを明らかにしているからな。

じゃあ将軍様が核を積んだミサイルを発射する自由もあるってこと?

223 :名無しさんの主張:02/12/30 04:01
本能的に同種同士は無駄に殺しあわないのは
当たり前の話で、
何故、人間は本能に逆らって、同属を殺す
ことがあるのか、が問題だな。
人間の脳が複雑だからだ。っていうより、
記憶力が高いからか。恨んだことを良く覚えてるから?
いや、もし死んだ人間に何の人権も認めないなら、死刑は
ないはずだ。犯人が更生すればよいのだから。
やっぱり、死んだ人間の無念を理解できる生き物だからだ。
人間には理性があるので、人(自分)が死ぬということが、
なんとなく理解できるから。それが、とても恐ろしいから。


224 :名無しさんの主張:02/12/30 04:03
>>222
そりゃ、勝手だが、その後の事を考えて行動するのが人間ってもんだ。


225 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 04:04
>>221
>人を殺してはいけないってことも学問の分野になるのか?
いえいえ、各分野を学ぶかどうかということを言っているのではなく、
それぞれの方がこの問題を異なる観点から考察していることの例として
学問を挙げました。
190さんは生物学的な根拠を求めている。
188さんは倫理学的な根拠を求めている。
このような程度の意味です。

>>222
あります。

226 :名無しさんの主張:02/12/30 04:09
みんな屁理屈こねてるだけです。
「なぜ、人殺しがいけないのか?」なんて本気で思ってるやつなんて居ません。
本気でそう思ってるなら、実践したらいかがですか?
できもしないくせに・・・・・プッ

2〜3人くらい煽り屋がいるみたいなので、熱くなってる人は
しばらく静観してみてはどうですか?

227 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 04:16
>>223
>何故、人間は本能に逆らって、同属を殺すことがあるのか、が問題だな。

これと同種の問題で、「人はなぜ自分を殺すこと(自殺)ができるか」というのもありますね。
恐らく自殺ができる理由は他殺できる理由と通じる部分があると思います。

まあ、私なりに思うのは、
人類はある段階で自分の命よりも大事なものがあることを発見してしまったことに原因があると思うのですよ。
その命より大事なものとは、神だったり国家だったり家族だったり自分の名誉だったり、
こうしたイデオロギーの為に死ぬこと・殺すことができるようになってしまったのです。

多くの論者は
「命よりも大事なことがあることはとりもなおさず人類の精神性の高さを示すものであり、
動物より人間のほうが高等な徴である」
と肯定的に述べる人もいますね。


228 :名無しさんの主張:02/12/30 04:19
>>196
トートロジーと言う言葉で某板の高名な電波の書いた文章を思い出したんで、
息抜きついでにひとつ。

洗車中のインテグラiSを眺めながら、積年の疑問を考えていた。
それは「なぜ私のインテグラiSは赤いのだろうか」という問いである。
簡単に見えて、奥の深い問題だ。
「赤いから赤いのだ」などとトートロジーを並べて悦に入る浅薄な人間もいるが、
それは思考停止に他ならず、知性の敗北以外なにものでもない。
「赤方偏移」という現象がある。
宇宙空間において、地球から高速に遠ざかる天体ほどドップラー効果により、
そのスペクトル線が赤色の方に遷移するという現象である。
つまり、本来のインテグラiSが何色であろうとも、インテグラiSが我々から
高速で遠ざかっているとすれば、毒々しく赤く見えるはずなのだ。
目の前のインテグラiSは高速で動いているか否か?
それはインテグラiSの反対側に回ってみることでわかる。
運動の逆方向から観察することで、スペクトルは青方遷移し、
青く見えるはずなのだ。
逆に回ってみたところ、インテグラiSは赤かった。
よって私のインテグラiSは高速移動をしていないと言える。

229 :名無しさんの主張:02/12/30 04:19
>>223
死んだ人の為に死刑は無いと思う
判決で無念を考えなんてあるけど
基本的にはみせしめだと思うよ
他人の痛みより自分の痛みの方が大きい
腕をもいだら指を切られるくらいの感じが
刑罰なんじゃないかな

230 :名無しさんの主張:02/12/30 04:29
>>226

殺人をためらう理由は、

> そりゃ、勝手だが、その後の事を考えて行動するのが人間ってもんだ。

これのみです。

231 :名無しさんの主張:02/12/30 04:30
まあ、余談は置いといて、
>>227
>何故、人間は本能に逆らって、同属を殺すことがあるのか、が問題だな。
これについては、単純にリスクの問題では無いかと。
獣の類が何故同族を殺さないかと言えば、同族だけに同程度の力を持つ者を
殺すには自分も相当のキズを負う事を覚悟しなければ成らない、
実際同族でも相手が非力な幼体で在れば狙って殺す例は結構在るしね。
必ずしも自殺と同じ理由とは見なせないかと。

232 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 04:35
>>228
あはは、こりゃスゴイ文章だw

しかし、その人が赤色の原因として求めたのは対象の側の物理的現象としての原因ですね。
もし赤色の原因を主観の側に求め、
彩度と明度などの度からなる色彩の中である範囲を「赤色」として取り出して、
「その範囲を赤色と認識するのはなぜか?」と言う質問に変えると
結局「それはそうだから」というトートロジーに帰結すると思います。



233 :230:02/12/30 04:36
あと数日で地球崩壊とかいう状況なら、後先考える必要もないから、殺人を楽しむ奴も出て来るだろうね。


234 :名無しさんの主張:02/12/30 04:38
>>231
227じゃないが起きてたんで
人が人を殺すのにリスクが無いって事か?
それとも法がリスクを背負わせていると言いたのか?
自殺と他殺が同じ理由は
>イデオロギーの為に死ぬこと・殺すことができるようになってしまったのです
じゃないのか

235 :名無しさんの主張:02/12/30 04:42
>>233
殺人が楽しいと思えるやつじゃないとやんないよ。

236 :名無しさんの主張:02/12/30 04:45
>>232
暇なんで絡ませてもらえば
主観には赤色はないんじゃないか
誰かがそれを赤色と決めたのに従っただけで
それをトートロジーというのか?


237 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 04:48
>>231
まあ人類に於いても人を殺すあり方は様々、
リスクを考慮して自分が死なないように計算して他人を殺すケースもありますね
(特に戦争はこのような戦略が最も必要とされるかもな)。
しかし、戦争にしろ何にしろ同属を殺す動機の部分で
人類は獣とは大いに異なる殺しの動機(それが他殺・自殺を問わず)を
見ることが可能ではないでしょうか?
逐一例を挙げませんが、
リスクを度外視した殺しが多いように思われるので。

238 :名無しさんの主張:02/12/30 04:48
>>233
殺される人も後がないから殺す楽しみも
無くなって殺さないんじゃないか

239 :名無しさんの主張:02/12/30 04:50
>>237
政治的信念とか宗教的信念とか?

240 :名無しさんの主張:02/12/30 04:52
>>232
>「その範囲を赤色と認識するのはなぜか?」と言う質問に変えると
それはそうだから、と言うより昔からそう認識されてきたから、その範囲を
示す言葉として生まれたのが「赤」だから、とかに成りそうな。
まあ、彼は普段もっと破綻した凄まじい言語書くので有名なんですが、いずれ。
>>234
>人が人を殺すのにリスクが無いって事か?
法に依らず物理的に見たって、武器使って多人数で当たればリスクは
減るだろ、多人数を一カ所に集中させる下準備も含め、野生動物の本能と
単純に比較は出来んよ。
自殺の理由についてはイデオロギーと言うよりは「意識体としての自分が
楽に成りたい」じゃね?

241 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 04:54
>>236
>誰かがそれを赤色と決めたのに従っただけで
>それをトートロジーというのか?
はい、そうです。
「そう習ったからそうだ」というのも
じゃあ誰が如何なる根拠で色彩の一定範囲を「赤色」と定めたのかという所まで
原因が遡及されるわけであって・・・
まあ古来の哲学では「赤のイデア」という極めて主観的なものに原因が帰せられていた理由ですね。

しかし、こうは言いつつも自信はないです。
「色彩学」という学問があってそこでは答えが出ているかもしれないので・・・


242 :名無しさんの主張:02/12/30 04:55
映画やTVなんかで常にガス抜きしておかないと、かなり殺人事件は増えると思う。

243 :233:02/12/30 04:56
>>235
楽しいと思う奴はいるでしょ。確実に。

>>238
殺される事は、本能的に嫌だろ?
頭では明日は無いんだと知っていても、身体は逃げるぜ。ぜったい。


244 :名無しさんの主張:02/12/30 04:57
>>240
じゃあ猿に鉄砲教えたら猿を殺すと思うか?
自殺については同感です

245 :231:02/12/30 05:06
>>237
>リスクを度外視した殺しが多いように思われるので。
人間の場合帰属意識だとかそれこそイデオロギーとか、その辺で
個体としての自分を越えた所に利益もリスクも見いだしてる感も在るんで、
本能で較べると社会性昆虫のそれにより近い形態かとは思うんだけど。
群体の一部としての自分みたいな、イヤ、乱暴な意見だな、我ながら。
自殺の場合はより個人の利益・リスクの負うトコロが大きいような、
食っていけないから自殺する野生動物は居ない訳で。

246 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 05:08
>>239
そこまで高等な理由ではなくても、
例えば復讐心といったものも含まれると思います。

>>240
>自殺の理由についてはイデオロギーと言うよりは「意識体としての自分が
>楽に成りたい」じゃね?
そういう事例があることも私は否定しません。
人間も動物である以上、イデオロギーよりも
病気等の感覚的な苦痛から逃れるための自殺は多いですからね。
しかし、イデオロギーのための自殺と言う事例もあり、
この殺人のあり方は他の動物と比べて人間に特異な点ではないのか?
ということは言いうると思うのです。

247 :名無しさんの主張:02/12/30 05:11
>1違法だから。

248 :231:02/12/30 05:12
>>244
発砲と相手が死ぬ事の因果関係が解れば気にくわないボス猿を殺したりは
するんじゃないか?ソースは無いけどな。
もっとも研究機関とかで射撃教え込まれた猿が野生の群に戻りたがるかは
一寸何とも言えないが。
いかん、何書いてるか分からなく成ってきた、勘違いが在ったらゴメン。

249 :名無しさんの主張:02/12/30 05:12
>>247
なぜかワロタ

250 :名無しさんの主張:02/12/30 05:15
>>241
まだまだ絡む
主観というからにはほんとうは円のどの辺までが
赤だと自分で決めるものだし
その日の体調によっても変わるもんだと思う
これは黄色かときかれて赤だと答えて
そう思うからもトートロジーか?


251 :名無しさんの主張:02/12/30 05:19
>>227

なるほど。
平たく言って、理性のなせる業、
ということですね。

人を殺す理性⊂人を殺さないのも理性

本能=利益=リスクandリターン
では説明できない部分だと思う。


252 :名無しさんの主張:02/12/30 05:22
>>248
>発砲と相手が死ぬ事の因果関係が解れば
は可能だと思う。猿が死を理解していれば
猿は死を理解していると思いますか?
>何書いてるか分からなく成ってきた
俺もです 昼間寝過ぎた

253 :231:02/12/30 05:23
>>246
>人間も動物である以上、イデオロギーよりも
>病気等の感覚的な苦痛から逃れるための自殺は多いですからね。
動物は自殺とかしないんじゃ無いかな?
病苦にしろ怪我にしろ、本当に動けなく成るまでバカみたいに立とうとするし。
レミングとかの場合、海に向かって移動する事と死ぬ事が連中の脳内で
結びついているとは考えにくいもんで。
>イデオロギーのための自殺と言う事例もあり、
>この殺人のあり方は他の動物と比べて人間に特異な点ではないのか?
これについても、イデオロギー云々以前に自殺と言う行為そのものが
人間に特異な物で在ると思うんだが、その辺殺人とは差別化できるのでは?

254 :231:02/12/30 05:25
>>250
車板の戸田に訊け。

255 :名無しさんの主張:02/12/30 05:27
>>250
実際赤に見えるのは自分だけなんだからトートロジーでいいじゃん。

赤が緑に緑が赤に、青が黄色に黄色が青に、白が黒に黒が白に、と
まるっきり普通の人と正反対に見える人がいたとしても、
そのひとが真逆に見えてることを証明するのは不可能だと思われ。

256 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 05:28
>>245
>人間の場合帰属意識だとかそれこそイデオロギーとか、その辺で
>個体としての自分を越えた所に利益もリスクも見いだしてる感も在るんで、
>本能で較べると社会性昆虫のそれにより近い形態かとは思うんだけど。
イデオロギーも類的本能、乃至は既出の言葉を用いれば「種の保存」に起因するという知見ですね。
これは説明としては面白いし社会学で立派に議論されていることなのだけども、
心理学が用いる「無意識」と同じで、個別具体的な事例に則して論じると
果たしてその類的本能でどこまで殺人の動機を整然と突き止めることができるのか、
疑問はあります。


>>250
>主観というからにはほんとうは円のどの辺までが
>赤だと自分で決めるものだし
>その日の体調によっても変わるもんだと思う
その通りです。というか、答えが出ています。
体調によってどのように見えるのか異なるものである以上、
対象の側の物理的原因に色の原因を帰すことができず、
又、我々が赤だと思っているモノも、実際は何色かは分からないわけです。
しかし、対象が実際は何色であるのかにも関わらず、我々は「赤」の観念を明確に持っている。
では、この明確な「赤」の観念は何に由来するのか?
我々は主観の奥底に先天的に「赤」の観念を持ち合わせているのだというのが
先に述べたイデア説の解答でしたね。
まあイデア説の是非はともかく、あなたは色が主観的なものであることに同意されると思います。


257 :名無しさんの主張:02/12/30 05:29
>>254
車の人は怖いから嫌だ

258 :231:02/12/30 05:32
>>252
猿が、つうか動物が死を理解しているかについては正直何のソースも
出せないんだが、花供える象とか死ぬ前に群の目に付かない場所に移動する
動物とか、何某かの意識は持ち合わせて居るんじゃないかと。
よしんば猿がソレ解らなくたって撃てばボス猿が動かなく成るんだ、と
成ればやっぱ撃つとは思う、それは殺人とは意味合いが異なるだろうが。

つうか昼間寝るなよ!大掃除はどうした?俺なんか昨日から徹夜じゃんよ!!

259 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 05:38
>>253
>動物は自殺とかしないんじゃ無いかな?
「人間は自らの命を捨てることができるほど精神が発達している」とも昔は言われていましたね。
しかし、自殺が人間に特有であるということは既に19世紀に反論されているらしいので
控えていました(ショーペンハウアーにそのような記述があったと思う)。
従って、自殺という点で他の動物との差別化はできないと思います。


260 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 05:43
つーか私は何を書いているかは分かるけど
ちゃんと自分の言いたいことが伝わっているのか不安になってきた。
この不安が起きるのは長文書いているときいつも起こることだけどね。。

261 :名無しさんの主張:02/12/30 05:43
>>255
真逆ならそうかもしれないが黄色なのに
俺には黄色という色は無いという場合
明確な理由があって、でもなんで赤なのか分からない
場合でもトートロジーなのか
>>256
>主観の奥底に先天的に「赤」の観念を持ち合わせているのだというのが
なんで先天的なんていれたんだ
そんな学説あるのか 先天的だけはないと思うけど
>>258
リスクゆうからそうなった
掃除は夕方したよ、台所だけ




262 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 05:48
>>261
>なんで先天的なんていれたんだ
>そんな学説あるのか 先天的だけはないと思うけど
古代の哲学では生まれつき赤色の観念を持っているといわれました。
近代以降の言い方をすると、
「赤色を赤色と認識できる主観の枠組み自体は先天的である」
と言い得るかもしれません。

263 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 05:51
>>262
×古代の哲学では生まれつき赤色の観念を持っているといわれました。
○古代の哲学では人は生まれつき赤色の観念を持っているといわれました。

264 :名無しさんの主張:02/12/30 05:53
>>262
絶対だまそうとしている
無限に近いものをある程度で妥協して
赤だと決めるのを先天的に持ってるわけない

と思う

265 :名無しさんの主張:02/12/30 05:55
朱色を赤と言う人がいる
赤を朱色と言う人がいる

266 :231:02/12/30 05:57
>>256
イデオロギーを種の保存の範疇に含めて良い物かは一寸解りかねますが、
どっちかと言ったらそれは模倣子に含まれるんじゃ無いかと。
それも種に含める見方も在るんで、もう自分でも何が何やらに成ってきたけど、
小規模な殺人まで含め、自己の利益に直接絡まない範囲までを自己と誤認して
動物と較べたら過小になったリスクと秤に掛けたら、やっぱ殺してしまうのは
本能なのかと。イヤますます訳ワカランな。

>又、我々が赤だと思っているモノも、実際は何色かは分からないわけです。
上條淳士ですな、「青って何色だ?」
ともかく、「赤」の観念は先天的な物では無いと思うんだけど。
あのインテが赤、と教えられ無ければ赤という存在自体気にしないまま居そうな。
>>254
もっと怖い文章コピペって来るからな、覚悟しれ。

267 :名無しさんの主張:02/12/30 05:58
>>261
色盲の場合か、、、。

うろ覚えなので、話半分で聞いてくれ。
あるところに普通に暮らしている家族がいた。
いい年の息子が大分年をとった母の誕生日に靴下のプレゼントをした。
母「チョットはでじゃないかねえ」
息子「なにいってんの?シックでよく似合ってるよ」
息子は灰色の靴下だと思って赤色の靴下をプレゼントしていたのでした。

ってのが赤色色盲の発見のエピソードだったと思う。
カナーリいい歳になるまで気付かなかったってことを考えると、
色の名づけっていうのは、結構主観的なんじゃない?
ちなみにこの色盲の男性は心理学者か医者になって色盲の研究をしたらしい。

268 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 06:00
>>264
いや、妥協であっても我々はどこかで思い切ってある一定の色を「赤」としているわけでしょう?
量的にいくらでも差異を作ることが可能なもののなかで我々はどこかで区切りをつけて
それを質として「赤」の範疇に含めているわけです。
この区切るという行為は認識の能力であって
この能力は先天的なものに由来すると言えるのではないのか?ということです。

269 :名無しさんの主張:02/12/30 06:00
赤という色は絶対的な基準ではないよね 赤と朱の違いは教わらないと判らない
アラスカの人たちは我々が白と呼んでいる色を20種類に識別するっていうし


270 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 06:03
>>266
あ、仰っていることが分からなくなってしまいましたw
多分私の書き方も悪かったような気がするけど。。

271 :名無しさんの主張:02/12/30 06:03
>>269
虹が3色の国もあるらしい。言語に依存するって聞いたな。
分割した色に対応する言葉がないと分割して認識しない、という。

272 :231:02/12/30 06:04
>>260
多分俺には良く伝わってないかと。
正直今何時かすら解りません、今何書いてるのかすらも。
もうダメだ、ねる。
>「赤色を赤色と認識できる主観の枠組み自体は先天的である」
主観自体後天的に造り上げられる物では無いの?
それが動物で在れ。

273 :名無しさんの主張:02/12/30 06:04
>>267
寝かしつけようとしているのか?
赤色色盲の発見のエピソードで少し柔らかくなったが
色盲じゃなくて知識が無い場合か赤が嫌いな場合です たぶん
何が言いたいのかは自分でも分からない

274 :名無しさんの主張:02/12/30 06:07
赤を生まれつき認識している=実存主義
色を認識するのは交換を通じて=構造主義 
俺はサルトルもレヴィストロースも好き どうしよう

275 :名無しさんの主張:02/12/30 06:08
>>268
好みとか経験とかで変わっていくんじゃないかと思うんだが
俺も限界 自分勝手ですまない

276 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 06:09
あ、面白い例が出てきましたね。
虹の色の分け方は言語乃至は広義の「文化」に依存しますね。
この点で色彩の分け方は後天的だといえます。
しかし、色分けする数ではなく、分けるという行為自体はどの文化においても普遍的なあり方をしていますね。
この「分ける」という認識能力は先天的能力と見なされるのではないかと思います。

てか、私も限界かも。

277 :231:02/12/30 06:10
あ、言い忘れた、( ゚-゚)y―~~氏、雑談スレで音楽貼ってくれたヒトだよね?
あの画像とかクレクレ言ってたの俺俺、どうもでした。
おやすみなさい。

278 :......( ゚-゚)y―~~:02/12/30 06:14
>>277
お、こりゃどうもです。
画像は貼ったことないですけどねw
今度はブラジル音楽を貼ろうとしたのだけど、
なかなか紹介できるいいのがなくって、貼れず終いでした。
また機会を見計らって雑談スレにお邪魔します。
おやすみなさい。

279 :......反( ゚-゚)y省―~~:02/12/30 06:42
>>251
>なるほど。
>平たく言って、理性のなせる業、
>ということですね。
理性のなかでもとりわけ「想像力」と言った方がより厳密で良いかもしれません。
他人に感情移入し他人の痛みを感じることや、
「正義」「理想」といったイデオロギーを考え出す能力は
想像力に負うところが大きいです。

後、231さんが混乱した原因として
私が>>245を正しく理解していなかったせいもある気がしてきたな。

私と231さんとの間の論点としては
@他殺と自殺の間に通低するものはあるか?>>227
B同属を殺したり自殺することはイデオロギーに起因するか、リスクに起因するか?>>227>>231
この二点があったと思うけど、
私がどこかでこの二つを混乱しちゃったな。論点をどちらかに絞って置けばよかった。


280 :赤飯:02/12/30 11:51
>>228
今度漏れも赤飯食べるときは「何故この赤飯は赤いのか?」を考えてみよっと。
高速で腐りかけてるので赤方偏移してるのかもしれない。

281 :名無しさんの主張:02/12/30 12:00
>>280
>高速で腐りかけてるので赤方偏移してるのかもしれない。
便も赤くなるかもね。腐りかけの真偽については、
腐りかけるのの逆方向に回ってみれば、ってのは・・・無理か。

282 :名無しさんの主張:02/12/30 22:07
>>1
おまえ自殺願望があるだろ
自分の命を粗末にするやつは他人の命も粗末にするからな。
周りの人間に迷惑かけず早いとこ首吊れ


283 :山崎渉:03/01/07 16:29
(^^)

284 :名無しさんの主張:03/01/07 17:27
2002年度全統センター試験プレテストの「国語T・国語U」の第1問(評論)を読め。

俺はあれを読んで、「悟り」を得た。

285 :名無しさんの主張:03/01/07 17:33
俺は、
殺人は「是であるとも非であるとも言えない」と考えている。

解釈の問題だ。

解釈次第では、

殺人は是。
殺人は場合に応じてに許容される。
殺人は非。
(ただし、いずれにおいても、刑罰・自衛としての生命剥奪は殺人とは
考えない。)

の3つに分かれる。

解釈で分かれるの一例として、「生命の平等性」の観点から殺人の是非を考えた
時、「自然」をハイブリッド(雑種的自然・人工的自然)と考えるか、「自然」
を絶対的自然と考えるかで見解が分かれる。



286 :自然の極限的状態への回帰:03/01/07 17:42
>>285補足)

俺は、殺人の是非についての結論はまだ出していない。
容易には出せないのだ。だから、俺の今の考えは、「殺
人は、是であるとも非であるとも言えない」なのだ。

けれど、社会契約説的に考えると、するべきことではない
だろうと思っている。

殺人が非であるか非でないかについての、「答え」は存在し
ない。
また、今の世界では、殺人はいけないこととして考えれているが、
それは、「共通見解」にしか過ぎないだろう。



287 :名無しさんの主張:03/01/12 04:53
>>1さん
サルの浅知恵、私論ですが、

殺人を許容すると、社会が維持できなくなりますよ。
いきなり人が死ぬ、ではいつ自身が亡くなるかわからないですし、
周囲の、いつも頼りにしている人が、ある日突然いなくなったら困るでしょう?
少なくとも社会が今より円滑に進まなくなるのは必至だと思っています。

逆に法律、今のような大規模社会が構築される前に殺人が横行したかと言うと、
そうでもないんじゃないかなぁ、と思いますし。
人間社会の黎明期なら、ほとんど血族で固まって小規模なコミュニティを
構成していますから、知人同士、かつ同族殺しは現代社会での殺人より
よっぽど足がつきやすく、またリスクが大きかったのではないかと思います。
未だに法律では、家族を殺すと罪が重くなりますし。

288 :287:03/01/12 05:01
自然の生物を観察していて、許容される殺人も、あるんじゃないかとも知りました。

例えば、ザリガニを飼ったことあります?
昔、私はたらいの中で釣ってきたザリガニをたくさん飼っていたんですが、
数日してみてみると、エサを十分上げているのに共食いをしだしたんです。

ザリガニに限らず、特定の種類の動物、特に繁殖力の高い動物が多いですが、
エサが十分にあったとしても、その生活場所に明らかに同族が多く、
このままでは群れが絶滅する、と判断すれば、勝手に同種間で殺し合い、共食い
を始めます。

ある意味今の人口問題を考えると……人間も数を減らす必要がありそうですが、
残念ながら人間にはそんな遺伝子は組み込まれてないようですね。

289 :287:03/01/12 05:16
戦争で殺人、と安直に考えるのも理由があるようです。

特に日本人は、「島国根性」という、いわゆる他者排除の思想を強く持っています。
考え方が違う、肌の色が違う、使う言語が違う、なんか少し変人、というだけの
理由で、平気で自分達とは違う「異質な人間」の人権を踏みにじることができます。
まぁ、イジメ問題にも深く関わりがあるとは思いますけど。

戦争の起こる理由は、最近は利権漁り、といったものが主流ですが、
原因を探ると国、宗教、思想が違うもの同士、といった理由が多くないですか?

人間は元来、そういった「異質な人間」を排除することに、
あまり抵抗がないんじゃないかと思うんです。

80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)