2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

当方吸血鬼物を所望しております

1 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 08:43
タイトル通り

バンパイアハンターDや、ボク血の他に面白い物がないか、
当方切実に所望する物でございます

2 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 09:01
「きゅうけつ・きぶつ」さんですか?
さあ最近見かけませんねえ。

3 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 09:02
俺はついに、このスレの>>2をゲットをした。
感無量だ。5年間、このスレの>>2をゲットする為だけに耐えてきた。
雨の日も、風の日も、雪の日も、サボらず地道にこのスレの>>2をゲットするためだけに
修行してきた。
 やめたい日もあった。くじけそうになった時もあった。自分に負けそうになった日もあった。
そして「なんで俺は、>>2をゲットしたいのだろう。」と疑問に思った日も、あった。
だが、俺は5年間頑張りとおした。そして、そしてついにこのスレの>>2をゲットしたのだ。

 何をやっても中途半端だった今までの俺。 勉強も、部活も、恋愛も・・・。
本当に何をやっても中途半端だった。だが、俺はこのスレの>>2をゲットした今、
変われたような気がする。堂々と胸をはって生きているような、すがすがしい気持ちだ。
ありがとう、>>2をゲットさせてくれてありがとう。

俺は今から叫ぶ。修行に耐え抜く事が出来た、やり遂げる事が出来た俺自身に向かって叫ぶ。
>>2ゲット」と。



4 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 09:05
●スレを立てるまでもない質問・疑問・雑談20●
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1012297635/

こちらでどうぞ、はいさようなら

5 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 09:10
スレを立てるまでもない質問です。
↓で聞きなおしてください。

●スレを立てるまでもない質問・疑問・雑談20●
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1012297635/

6 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 09:12
こんな所でケコーン式を見れるとは・・
常駐自治厨恐るべし

7 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:07
1の悪魔払いを担当したエクソシストです。
1がこのようなスレを立ててしまい、
大変ご迷惑をおかけいたしました。
もしこのスレを読んで気分を害された方が
おりましたら心からお詫び申しあげます。
1は普段は虫一匹殺せないような優しい性格の持ち主でした。
そんな1でしたが、ある日好奇心からこっくりさんをして
遊んでいました。彼にとってはほんの遊びだったのかもしれませんが、
その好奇心が彼の運命を変えてしまいました。
なんと彼は悪魔に取り憑かれてしまったのです。
その後、彼は変わってしまいました。
奇声をあげながら大小便を垂れ流し、突如自分の体を傷つけ始めたりしました。
それが終わると疲れたように部屋のパソコンに向かい、掲示板荒らしに
いそしむ毎日でした。それを見かねた両親が私のところに悪魔払いを
依頼してきたというわけであります。
私が彼のもとに駆けつけたとき彼は見るも無残な状況でした。
全身は傷だらけで、悪臭がただよい、小声で「マンセー、マンセー」
とつぶやいていました。それを見て私は早速悪魔払いの呪文を唱えながら
聖水を彼に振り掛けました。普通の悪魔ならこの時点で退散するのですが、
この悪魔はしぶとく、最後は呪文を唱えるというよりも怒鳴りつけるといった
ような感じでした。苦労の末、ついに悪魔は彼の体から消え去ったのです。
その後、彼の家庭には今までどうりの平和な生活が戻りました。
もう奇行に及ぶこともこのようなスレを立てることも無いはずです。
老婆心ながら、この文章を読んだ方は決してこっくりさんの類に手を
出すことのないよう忠告いたします。

8 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:07
1よ、こんな駄スレばっかり立ててないで、「イマジン」を聞け!

人は争う理由を幾つか持っている。
民族、国家、宗教・・・
なぜこんなものに命をかけるのか?なんでこんなものに、そこまでこだわるのか?
すべて捨ててしまえば、どこに争う理由があるのだろう?
イマジンはそう問いかけている。

人は「守る」という言葉が好きだ。でもいったい何を守るのだろう?
民族?国家?宗教?これって人の命より大事なものなの?
かつての日本は、それはそれはしょうもない国だった。
天皇。神の国。神風。これらの言葉の前に、いったいどれだけの命が散っていったことか!
「帝国軍人は日本を命がけで守った」と言う方々もいるだろう。でもね、それは正当化というごまかしだよ。
やったことは人殺し。
撃たれて死んだアメリカの人にも、親がいて妻がいて子供がいただろう。
国を守るという大義名分の前では、こういうアメリカ兵を撃ち殺しても賛美されると言うイカレた事実があったという事から目をそらしてはいけないのではないか?

カラオケに行くと調子に乗って軍歌を歌い始めるヤツがいる。
♪エンジンの音 ごうごうと 隼は行く・・・
実に楽しそうに歌う。カンベンしてほしい。
こいつらは旅行に行くわけではなく、ましてや曲芸飛行をしに行くわけでもない。
親や妻、子供がいるアメリカ兵を殺しに行くのだ。
そこんトコ、どこまでわかってるのか?

「相手が武器を持ってるのだから、こちらも武器を持って戦い、そして守る。」
愚かな軍事マニアはこう言って、イマジンの思想を踏みにじる。
相手の喉元にナイフを突きつけ合って出来る、恐怖の均衡という名のニセ平和に、
人々はもううんざりなのだ。

わかったか、1よ。そんなあほな事をやってる暇があるなら、
少しは世界の平和について考えてみたらどうだ。
そうすれば、お前はきっと変わるだろう。

9 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:07
「1が立てた! 1が立てた!」

少女の歓喜の声がアルプスの山中にこだました。
遠くから眺めていた家庭教師のロッテンマイヤさんも1の傍へと駆けつけた。
「もう一生、ペンを持つことは無理でしょう」
そう医者に宣告されてからというもの、すっかりふさぎこんでしまった1。
その1の指先が今動いている! 動いてキーを打っている!
これはアルプスの雄大な自然の恵みか?
それとも少女の無垢な友情が呼んだ奇跡か?

「もういいだろう・・・」
スタッフの一人がつぶやいた。
1がなぜこのようなスレを立てたのかを探るべく
はるばるアルプスまでやってきた我々一行であったが、
目の前で起こった奇跡に比べれば、もはやどうでいい問題だ。
羊飼いのペーターからお土産に貰った山羊のチーズを手に
我々は帰途へと就いたのだった。

10 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:07
あなたはこのスレッドを立てた時、 どれだけのレスがつくと思っていましたか?
500?それとも1000?
今現在、モニターの前でどきどきしながらリロードを繰り返していることと思います。
でも残念ながらこのままのペースでは、自作自演でもしない限り レス100も突破することなく、
数々の駄スレと同じ運命をたどって 奥深く埋もれていくことは確実でしょう。
「自分の立てたスレは他の奴らが立てた”駄スレ”とは一味違う!」
きっとあなたはそんなふうに思っているのでしょう。ですが、
客観的に見てあなたのスレッドは、残念ながら「低レベル」と言わざるを得ません。
あなたが立てた「一味違うスレッド」というものは、
普段あなたが一笑に付し軽蔑している「駄スレ」の正にそれなのです。
ちょっとした勘違いから生まれたスレッドによって、深く傷つくあなた。
そんなあなたが気の毒でなりません。 人は誰しも幸せになれるはずなのに・・・。
だからあなたにこのレスを書きました。sageも入れないでおきました。
私のこのレスが「レス100突破」に微力ながら貢献できるのならば、
そして私のこのレスによるageが、スレッド再燃に微力ながら貢献できるのならば、
こんなにうれしいことはありません。2ちゃんねるという場所ですら、周りと噛み合うことができなかった
不器用なあなたに、両手いっぱいの幸せが訪れますように・・・。

11 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:08
1の家臣でござる。
この度は殿がかように愚かしきスレを立ててしまい、家臣一同お詫びの
言葉もござりませぬ。
殿は先の戦での大敗以来すっかりお心を病んでしまい、昼は村娘をかどわかし、
夜ごと酒を召しては家臣に斬りかかる毎日でござる。
奥方様は病で倒れ、折からの飢饉で民は飢え苦しみ、近隣諸国の大名はこれ幸いと
ばかりにわが国との国境を侵し始めている次第にござりまする。
家臣の中にも殿に翻意をいだく者が多く、このままではお家存亡の一大事に
なりかねませぬ。
しかし、ご安心下され。間もなく殿には出家していただく手はずにござる。
殿が寺に向かう途中に手練れの者をひそませ、殿のお命を頂戴する算段が
整っておりまする。その後は殿の甥にあたられる茂名の上(もなのかみ)様を
殿として迎え我ら家臣一同忠勤を尽くす心づもりでござる。
皆様方には迷惑をおかけして、まことに申し訳ござりませぬが、今しばらくの
辛抱でござる。なにとぞ、なにとぞ殿の此度の所業をお許し下さいませ。

12 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:10
始めまして、1の学校で担任をさせていただいております、山田と申します。
この度は私どもの生徒がこのような箸にも棒にも掛からない下らないスレッドを立ち上げてしまったことを、
本人に代わり深くお詫び申し上げます。
 
学校では目立つ子ではなく、どちらかと言えば、内気で大人しく友達も居ないようで、
放課後独り教室に残り妄想にふけっているような、少し何を考えているのか解らないといった、感じのする子でした。

先日こんな事件がありました。1は体育の時間腹痛を訴え、見学することになりました。
腹痛がひどいのか、保健室に行きたいとのことで、私に許可を求めてきました。
私はなんら疑うことをせず1が保健室に行くことを許可しました。
その後です、教室に忘れ物をした私が教室に戻ると彼はなんと女子生徒の机で自慰行為にふけっていたのです。
私と目が合いましたが、彼の右手は止まりませんでした。
「うっ」と小さな嗚咽をあげると、1の未熟な陰茎から精液がしたたり落ちました。
彼は悲しい目をしたまま、私から目をそらしました。
恍惚から現実に戻された彼は、私に他言無用と懇願しました。
今日この日まで、世間に公表したことはございません。
しかし、1の立てたスレッドはいくら担任の私でも、許せない行為でした。

本日1の母親と合い、このスレッドのことと、教室での自慰行為について報告しました。
彼の母親は一言「産まなきゃよかった・・・・・」
 
少し可哀想なことをしたかな、と思いますが、子供のうちに躾ておかないと後で
大変なことになると1の母親には申し伝えましたので、今後1がこのようなスレッドを立てることは無いとおもいます。
一応今度このようなことをしたら、教室での出来事を、PTAに報告すると警告してあります。
 
2chの皆様ももしこの子が再びこのような事件を起こしたときには私までご一報下さい。
学校として対処させていただきます。

13 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:10

     〆 ̄TTTTTTTTTTTTTTT7
     | =|  ̄ ̄ ̄┴┴┴ ̄ ̄ ∨
    |=|  ̄ ̄――― ̄    |
     | =| 巛lllllllllllllllii ̄ ̄iillllllllllllll|
     | =|  ___llll  lll___|
    |=\人   o > /   o フ<
    |i⌒i| へ ̄ ̄,  \ ̄ ̄ , .|
    ||  |.|     ̄    \ ̄ |
    ||  ‖  //  (      | ヽ |
    | \| イ_   ^  ̄ ̄   |
     | ≡ ./|  \王I王I王I王I王フ|
    /| =/ |           |
   /  |/ 人    =≡≡=  ノ
― ̄|  \ へ _      イ
   |    \     ̄ ̄ ̄
勘違いするなっ・・・・・・! 厨房がっ・・・・・・!
スレ・・・・・・・・!
スレッドはな・・・・・
命より重いんだっ・・・・・・!
2ちゃんの大人どもが本当のことを言わないなら
オレが言ってやるっ・・・・・・・・!
スレは命より重い・・・・!
そこの認識をごまかす輩は
生涯地を這う・・・・・・!
考えてもみろ。
2ちゃんねるというものはおまえらの命・・・・
人生のことなど、まるで知ったことじゃない・・・・・・・・
興味があるのは、おまえらのたてるスレッド・・・・・・・・
おまえらがどんな面白いことをかくか・・・・・・・・・・
それだけだ・・・・・・・・!
スレッドを立てる、という事は・・
いわば、自分の存在・・・・命を削っている・・・・・・!
存在そのものを「スレッド」に替えているんだ
つまり・・・・ 人は皆・・・・
どうすればおもしろく・・価値あるスレッドになるか・・
語るべきことはなんなのか・・・・そんなことを必死で考え、
命懸けでスレをたてている・・・・・・!
それなのに・・おまえはなんだ?
必死に内容を考えたわけでもない・・
立てた後どうなるかなど気にも留めていない・・・・
その場でうかんだおもいつきだけで・・・・
こんなどうしようもないクソスレを立てている・・・・
なめるなっ・・・・・・・・・!
スレッドは尊い・・・・・・
おまえの認識想像より
はるかに尊い・・・・・・

14 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:10
皆さん、こんばんは。このスレッドの1です。
今朝、包茎の手術をして今日で3日目の朝を迎えました。
しかし、夕べ履き替えた白いブリーフが血で真っ赤に染まっているではありませんか!
急いでAクリニック(大阪分院)に電話をしたのが午前7時。
「24時間対応だから大丈夫」と思いきや、受付の女性からは
「午前9時から夜9時の間におかけ直しください」というにべもない返事。
私も「手術後に先生は、何かあったらウチは24時間対応しているからいつでも連絡下さい、とおっしゃってましたよ」
と応戦するも、「今の時間は診療担当にはつながりません」の一点張り。
もう腹が立った!!!
ということで、地元の市立病院の泌尿器科へ。
看護婦さん曰く「(真性包茎の)手術はどうせ保険が利くんだから、
最初になんで病院に相談に来なかったの?」と言われても後の祭り。
後悔先に立たずとはこのことですが、なぜ、最初から保険医に相談しなかったのだろうかと
思うことしきりです。
結局、
 1.広告に踊らされた。
 2.「再来の必要なし」の言葉に惹かれた。
 3.高い金額=質の高い医療サービス と安易に判断してしまった。
 4.妙な羞恥心が地元の病院を遠ざけた。
これが敗因でした。

15 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:10
どうも。深層心理研究会の田宮と申します。
突然ですが、貴方は今こう考えていますね?
「なんだこのスレは? 何故1はこんなクソスレを立てたんだ?」
そう思っていない方はいいのです。まだ安全です。
しかし、どうしようもなくそう思って、このスレをどうにかしようと試行錯誤してしまっている貴方。
危険です。今すぐパソコンのスイッチを切り、数日の休みをとり、緑の多い場所でおすごしください。
皆さんは、「サブマリン効果」というものをご存知でしょうか?
あの、映像に数十分の一秒程度の決まったカットを定期的に混ぜておくと、それを見た人間の深層心理に知らず知らずにそのカットの内容を刻みつける事ができるというものです。
1は、まさにそれを今、文章で再現してみせているのです。「このスレはつまらない」という気持ちを抱くキーワードを、文章に定期的に混ぜる事により、貴方の気分を今操っているのです。
1の文章が下手?むしろそれは逆です。あれ程強力な暗示を混ぜながら、それと気づかせない普通に読める文章にしてしまう。余程の知能・技術等がないとできない事です。
我々は、この日本において、その条件を備えている人物に一人だけ心当たりがあります。
三宅太郎。聞いた事はないかも知れませんが、我々深層心理研究会の中でも一二をあらそう実力者であったにも関わらず、その考えの異端さから我々の世界から追及された男です。
しかし、最近我々が仕入れた情報によると、彼はこりずにまたこの世界に足を踏み入れたらしいのです。
それも、某国の犯罪組織と手を結んで――。
そして彼が一番に目をつけたのが、この巨大掲示板サイト、「2チャンネル」だったという訳です。
まず、第一段階として、すぐに反応のでる簡単な暗示を流し、暗示のかかり易い者にタ―ゲットを絞る。そしてその暗示にかかり易い者に、次なる暗示をかけ、自分の手先にしてしまう―彼が我々の世界を追い出される原因となった、
「洗脳計画」が今まさにここで行われようとしているのです。
どうか、強い心を持ち、1の文に二度と目を通さない事をお願い申し上げる所存です。

16 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:11
我々は1が何故このようなスレッドを立てたのかという
疑問を解決するため、1の故郷である群馬県に向かった。
「まだ日本にこんなところがあったのか…」
思わず口に出てしまった言葉を、失礼だと同行した上司に咎められた。

小人が住むような小さな家、ツギハギだらけの服を着る農夫たち、
そして彼らは余所者で身なりのいい我々を、監視する様に見詰めている。
高度成長だの、神武景気だの、オリンピックだので浮かれていた
我々は、改めて農村の現状を噛み締めていた。

ボロ屑のような家に居たのは老いた母親一人
我々を見るなり全てを悟ったのか、涙ながらに
「息子が申し訳ありません」と我々に何度も土下座して詫びた。

我々はこの時初めて1を許そうと思った。
誰が悪い訳ではない、農村の貧しさが全て悪かったのだ。
我々は1の母親から貰った干し柿を手に、
打ちひしがれながら東京への帰路についた。

17 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:11
            / ̄\
           |.(●)|
            \ ̄ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             /  /  | 厨房とはつくづく
            | |  <   理解に苦しむ
             | |.  | 生き物だな・・・
   / ̄\     | |    \_________
  |(●)..|    |  \
   \_  \  /     \
      \   ̄         \      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |             \__/
       |  ___
      /   《王王王》     ___________
    /      ̄ ̄ ̄     (
   |     _____    \
   /   /|   /    \..  |
  /  /  | /       \  \
 /  /   (/          \  \
(_/                  \__)

18 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:11
スレ立てる前に、もうちょっと良く考えた方が良かったねえ。。
たしかにねえ、この話題は、いわゆる『がいしゅつ』ではないですよ。。
でもね、なぜ今まで、これと同じようなスレが立たなかったのか、
もうちょっと良く考えてみたらどうでしょうかねえ。。うん。。
つまりねえ、僕が言いたいのはね、これほどまでにつまらないスレはねえ、
いまだかつて、『誰も』考えたことすらない、ってことなんですよ。。
まぁその意味では、あなたには天与の才能があるってことなんでしょうけどね。。
でも、そんなこと何の自慢にもなりませんものねえ。。
まぁ、こういっちゃなんですがね、『ダメなやつは何やってもダメ』
ってことなんでしょうかね。。残念なことですがね。。
僕もこの2ちゃんねるに来るまではね、人はみな平等だ、って思ってましたよ。。
でもねえ、ちがったんですよ。。ダメなやつはダメなんですよ、何やっても。。
あなたも早く、そのことに気付いて欲しいものですね。。
『分相応』、それが一番、しあわせなんですから。。
まぁ、あまり気にしないようにね。。精神衛生上良くないですからね。。
こんなこと2ちゃんねるでは日常茶飯事ですからね。。じゃ、このへんで。。

19 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:12
1よ、聞いているか?
私の親友が今、あなたの書き込みを見てこの世を去った。
あなたの余りに稚拙な思考レベル、その人間性を垣間見た親友が日本の将来に絶望して
その身を散らしたのだ。
解っているのか?
全てあなたのせいだと言う事を。
あなたがこのような無意味なスレを建てなければ、親友は幸せでいられた。
その将来に明るい希望を抱く事が出来た。
だが現実はこうだ。
あなたが作り出したこのスレが親友の死をはるかに早める結果に繋がってしまった。
親友の両親は既にあなたを裁判で訴えるよう行動を開始している。
むろん私もそうだ。
私はあなたを許せない。
親友の早すきた死の償いを必ずしてもらう。
街中で…、駅で…、自宅で…。
あなたを狙うチャンスはいくらでもある。
覚悟するがいい。
既にあなたは私の術中に嵌っているのだ。

20 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 15:12
今日もまた、1のせいで、三人死んだ。
彼は(或いは彼女は)2ちゃんねるには、初めて来た。
途端に、駄スレを見てしまったのだ。
彼は悶絶した。悶絶のとき頭を打った。
打ち所が悪かったのか、そのまま彼は意識を失った。
そして、今日、帰らぬ人となってしまった。

1はおそらく、自分では気付いていないだろう。
永遠に気付くことすらないかも知れない。
自分が間接的に殺人を犯したことなど。

なあ、1よ。これだけの被害者が出た今、
こんな言葉は意味を持たないのかも知れないが、
もし聞く耳を持っているのなら、
自分の罪を反省する意志があるのなら、
駄スレを立てたことを後悔しているのなら、
もう、足を洗え。

21 :これが無いじゃないの:02/02/01 15:37
あれほど言ったのに、まだ糞スレ立てますか!もう許さんです!あんたを許すわけにはいかんです!
こんなスレでレスたくさん付くとでも 思ってるなんて頭おかしーよです!あんたみたいなバカ初めて見たです!
あんたみたいなバカ、ゴキブリ以下です!あんたみたいなバカ、ウジ虫以下です!
死んでほしーです!つーか、死ぬべきです!あんたは絶対に許されないです!
勘違いしたバカを許すわけにはいかんのです!面白半分にいい加減なカキコ するヤツなど許さんです!
キャラメルコーンのピーナッツをケツの穴に詰めて死ねよです!!!
今まであんたがどんな生き方してきたか知らんけど、どーせひどい生き様だったと想像出来るです!
あんたのカキコから読みとれるです!バカ特有の 匂いがするです!
あんたのことが全く理解出来んです!あんたは絶対許さんです!
死んでも許さんです!地獄で苦しめよです!それでも足らんくらいです!豆腐の角に頭ぶつけて死ねよです!!!
あんたもっと現実を知れよです!いつまでも引きこもってネクラなことしてる場合じゃないよです!
でも、もー手遅れです!あんたは何をやってもダメです!この世に生まれてきたことを後悔してもダメです!
あんたは生まれ変わっても どうせダメ人間に決まってるです!
絞め殺したいけどあんたに触るのが嫌なのでやめるです!でも、あんたみたいなカスは死ねよです!
風呂の排水溝に吸い込まれて 死ねよです!!!絶対許さんです!絶対許さんです!絶対許さんです!
あんたみたいなヤツは 絶対許さんです!早く消えろです!さっさとこの世からいなくなれよです!!!
いつまでも勘違いしたまま生きていけると思ったら大間違いだよです!
この まま生きててもお前にはいーことなんにもねーよです!何でもいいからさっさと死ねよです!!!!!!!!!!!!!!


22 :これも無いぞ:02/02/01 16:45
優良スレ            普通            クソスレ
  ┝━━━━━━━━━━┿━━━━━━━━━━┥
                          88彡ミ8。   /)
                         8ノ/ノ^^ヾ8。( i )))
                          |(| ∩ ∩|| / /   <ココ!
                         从ゝ__▽_.从 /
                          /||_、_|| /
                         / (___)
                        \(ミl_,_(
                          /.  _ \
                        /_ /  \ _.〉
                      / /   / /
                     (二/     (二)


23 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 16:58
こんなに山ほど貼り付けて……嬉しいのか?

24 :イラストに騙された名無しさん:02/02/01 18:58
初心者多いね( ´,_ゝ`)プ

25 :イラストに騙された名無しさん:02/02/02 23:06
ここまであれだと
なんかマジレスしたくなるな

26 :イラストに騙された名無しさん:02/02/06 11:15
このまま煽りコピペ展示場になりそうな勢いだな…
だれかラノベ板ならではのものを貼る勇者はいないか?

27 :イラストに騙された名無しさん:02/02/13 01:26
この板で風紀から重複or駄スレ判定食らうと、豪く即死率高いよな。
統制が取れているというか、権威に弱いというか……。

人口がとんでもなく増えれば、この状況も変わるのかもしれないけど。
ニュー速板みたいなカオスになれとは言わんがな。

28 :イラストに騙されたななしさん:02/02/25 10:40
>1
シルバーブリッツ

29 :sage:02/03/09 12:01
かわいそうなんで、マジレス

ブラックロッド、ブラッドジャケット。(ブライトライツ〜は?)

30 :イラストに騙された名無しさん:02/03/10 00:01
>>28
いくら何でもそれは…。

31 :イラストに騙された名無しさん:02/03/12 22:54
>>1
吸血大殲とか

32 :イラストに騙された名無しさん:02/03/12 22:57
>31
あれはつまらん

33 :イラストに騙された名無しさん:02/03/12 23:11
伊達将範のCOOLDOWN読んでみ? なんかすっぽ抜けたような佳作だから。

34 :イラストに騙された名無しさん:02/03/12 23:54
僕血といってみるテスト。
しかし、限定し過ぎな気が。

35 :ミロシェビッチマニア:02/03/12 23:59
 ドラキュラ紀元・ドラキュラ戦記・ドラキュラ崩御。
美少女、眼鏡っ娘、せくしーお姉さまに萌えろ!

36 :イラストに騙された名無しさん:02/03/13 00:01
トリニティ・ブラッド


37 :イラストに騙された名無しさん:02/03/13 00:14
まず1は「吸血鬼ドラキュラ」を読みなさい、そしてドラキュラ三部作を読んで、「CoolDown」も読んでさらに「ヴェドゴニア」をやりつつ「ブレイド」、「FromDuskTillDawn」、「ヴァンパイア〜最後の聖戦〜」、「ドラキュリア」
を見て、スカパーに入って「エンジェル」と「バフィー」でも見ているがいい。

38 :イラストに騙された名無しさん:02/03/13 00:39
まだ売ってるのかどうか知らんが『ブラッドシティ』
これ書いた飯島って確かパンドラボックスの社長なんだよな・・・

39 :ななしさん:02/03/14 18:21
バフィー(エンジェル)の吸血鬼って弱すぎる。
フェイスは萌え。

40 :イラストに騙された名無しさん:02/03/17 00:09
吸血鬼のお仕事
四月十日前後に電撃文庫より発売予定。

41 :イラストに騙された名無しさん:02/03/17 00:09
あ、ついでにダレン・シャン

42 :イラストに騙された名無しさん:02/03/18 02:27
田中芳樹の「ウェディング・ドレスに紅いバラ」とかは?

43 :イラストに騙された名無しさん:02/03/18 12:33
赤川次郎が1シリーズ書いてたと思うのだが題名思い出せん。

44 :イラストに騙された名無しさん:02/03/18 12:46
ドラキュリアはつまんなかったねぇ。
冒頭のかっくいーボウガンもつかわなかったし。

45 :T・S:02/03/18 21:50
 その昔、吸血鬼デカプリオとかいう本をコバルトで買いました。
 発売した直後でした。
 読みました。
 姉と弟の退廃した関係はいーなーとなんとなく思いました。
 最後まで目を通しました。
 以後。二度と見ていません。

 ……あの本は何処にいったんだろう……。

46 :T・S:02/03/19 19:16
 >>45
 訂正、

 吸血鬼のカプリチオだった、みたいな。

47 :ななしさん:02/03/21 20:04
>43
それは多分『魔女たちの黄昏』じゃないか? スーパーファミコンでゲーム化してたな。

48 :イラストに騙された名無しさん:02/04/02 19:30
DVDが見れるなら『ヴェドゴニア』をやってみてはどうでしょう。
DVDで出来るゲームだけどかなりかったるい。
もう、ほとんど紙芝居だけど話しの中身はまぁ、そんなもんかなという程度か
選択肢はあるけどほとんど見てるだけ、PS2でやるならDVDplayer Ver2.10せんと
できないのが痛い。

しかし、上の方のコピペ酷いなぁ、なにが気に触ったんだろう。
精神的に幼い人が多いなあ、普通は放置するだけなのに!仕方ないかここは
ライトのベルの板だから厨房が多いのは。

49 :イラストに騙された名無しさん:02/04/02 19:35
>>47
サンクス、と言いたいのだが、少し違う気がする。
ギャグ風味だった気がするんよ。
亀レスな上にケチつけてすまぬ。


50 :イラストに騙された名無しさん:02/04/02 19:45
>48
エロゲヲタウゼー
イタチガイチュウボウ
シネヨ!

51 :イラストに騙された名無しさん:02/04/02 19:51
エロゲとライトノベルって似たようなものだよね。

52 :イラストに騙された名無しさん:02/04/02 19:54
もういい。

53 :イラストに騙された名無しさん:02/04/02 20:01
BLOODLINKは?

54 :イラストに騙された名無しさん:02/04/02 20:05
>>53
あれは吸血鬼とはいえないと思う。
そう書いてあったっけ?

55 :イラストに騙された名無しさん:02/04/02 21:07
月姫。

56 :イラストに騙された名無しさん:02/04/02 21:11
吸血鬼の綺想曲。これははずせまい。

57 :イラストに騙された名無しさん:02/04/02 22:03
マジレスするぞ(w
悪魔城ドラキュラ 悪魔の血 血の悪夢  アスペクト 手塚一郎著
吸血鬼ライトノベルの最高峰!
現在では入手困難だが、捜せ!
なんで、この本が入手困難で、ただ「クルースニック」という言葉を使ってるだけの小説が売れてんだよ…(涙)

58 :イラストに騙された名無しさん:02/04/03 00:04
>>43
確か「吸血鬼はお年頃」とかいうタイトルだったと思う
集英社のコバルト文庫で出てたはず
10年以上前の記憶なんで間違ってたらスマソ

59 :名無しさん:02/04/03 00:32
盛り上がらない・・・・・。

60 :イラストに騙された名無しさん:02/04/03 15:56
>>57
 ヤフーショッピングで普通に手に入ります。二、三巻はそもそも出版されて
いないのでどうしようもありませんが。

61 :イラストに騙された名無しさん:02/04/04 12:40
>>50

墓穴を掘るキティちゃん、知ってるオマエ自身オタだっちゅう事だ(ギャハハ
ウざかったらシコシコROMってろ。カス

62 :イラストに騙された名無しさん:02/04/04 13:22
遅レスすぎ。

63 :イラストに騙された名無しさん:02/04/04 14:37
みんな酷いですね。
何故「月と貴女に花束を」を薦めてあげないんですか?

64 :イラストに騙された名無しさん:02/04/04 15:28
>>63
あれは・・・。

65 :イラストに騙された名無しさん:02/04/04 17:34
>63
人狼物だからだと思われ。

66 :イラストに騙された名無しさん:02/04/05 00:23
俺が電撃に送った。それが文庫化されるのを待て!

67 :イラストに騙された名無しさん:02/04/05 12:45
ぶらっくほーくだうん ミレ

68 :イラストに騙された名無しさん:02/04/05 22:04
吸血鬼のお仕事
もう早売りしてるよ。

69 :イラストに騙された名無しさん:02/04/05 22:31
>>68
吸血鬼のお仕事?
深夜の散歩だな。

70 :イラストに騙された名無しさん:02/04/10 17:46
「殺戮者カイン」……モンスターパニック小説だが、怪物の設定が吸血鬼に近い。
でも、B級。

あと、スティーブン・キングを初めとする吸血鬼アンソロジーがあったかな。
「ブレイド」のノベライズは映画と結末が違っていて、かなり衝撃かも。

>48
それはファントムと間違えてると思われ。
っつーかヴェドゴニアはDVD出てない。板違いスマソ。


71 :イラストに騙された名無しさん:02/04/14 07:24
吸血鬼物つったらさーっていうお約束とか、これをやってくれりゃ萌え〜だとか……
むぅ、なんか説明しづらいな。
とにかくそういうの挙げてみない?
とりあえず俺から

あ、思いつかん。

72 :イラストに騙された名無しさん:02/04/14 08:43
自分の侍女に手首から血を与える女吸血鬼

73 :イラストに騙された名無しさん:02/04/14 10:04
>>56
それは、川村大先生の…

74 :イラストに騙された名無しさん:02/04/14 14:15
>71
・弱点
陽光に弱い
心臓に杭(白木だとなお良し)を打ち込まれると滅ぶ
縊り殺されても死ぬ
流水を渡れない
地面に散らばった細々とした物や縄の結び目の数を数えてしまう
ニンニクに弱い
十字架に弱い銀製品に弱い
・個人的に燃えな演出
ファンデーションとサングラスで陽光の下を歩く


75 :イラストに騙された名無しさん:02/04/14 16:38
>74
>ファンデーションとサングラスで〜
映画「ブレイド」でやってたな、それ。日焼け止めだったかもしれんが。


76 :イラストに騙された名無しさん:02/04/14 17:28
黒いコート、二挺拳銃、スローモーション、白い鳩、教会。

77 :イラストに騙された名無しさん:02/04/14 17:46
・ブラム・ストーカーだと聖餅(って合ってたかな)使ってた。
でも、餅をぺたぺたはっつけるのはあんまりカコヨクない……

78 :イラストに騙された名無しさん:02/04/14 18:33
>>74
数えてしまうってのは初めて聞いたな。
それはどこから?

79 :74:02/04/14 18:48
>78
ヴァンパイア・吸血鬼伝説の系譜(新紀元社)に書いてあったはず。
主にスラブ系の吸血鬼の弱点だったかな。
この本は古今東西の吸血鬼について一通りまとめてあるので一読することを
お勧めする。

>76
それは吸血鬼じゃないだろ!
でも俺もそれには激しく燃えてしまう

80 :イラストに騙された名無しさん:02/04/14 18:59
>>79
お、ありがとう。機会があったら読んでみるよ。
つかついさっき、一つ覚えスレの強敵シリーズで吸血鬼を書いてたんで
少し驚いてたとこだ(w

欧米人もそうだけど、日本人もたいがい吸血鬼好きだよなぁ。

81 :イラストに騙された名無しさん:02/04/14 19:32
灰になったら掃除機で回収。これ最強。

82 :イラストに騙された名無しさん:02/04/14 20:28
映画とかでは灰になっても、血さえ与えれば復活するという
便利な機能つき。
だからして、灰にした後はそれを袋に詰めて川に流すのが良いそうだ。

「川に流すまでが吸血鬼退治です」
これ標語。

83 :T・S:02/04/14 21:15
>>80
スラブの農村では、道に穀物とか撒くという吸血鬼よけのお呪いがあるそうです。

ちなみにそれの伝説をパロディにしたのがセサミストリートのカウント伯爵…じゃないかと思ったり。
カウント・カウントと言うシャレみたいなものかも知れないけど。

ライトノベルでさすがにそれの設定をだしてきた話は一つしか知らないです。
クールダウンの短編が――まあ、網目が弱点だったと……思う。

網目とか数とかについては「帝都物語」の最終巻で解説があったように思う。
数える呪方ってのは世界的に共通してあるらしいです。

ついでに>>74の方があげられている例の大半は、そのまま悪霊の弱点にもなったりします。
確かブァチカンの見解では、吸血鬼とは死体に悪霊がついて動かしている状態のことだったと思う。
さらについで。
吸血鬼の事件が一番報告されたのは、十八世紀頃なのだそーで。

84 :74:02/04/14 22:25
>T・S氏
博学ですなー、バチカンでは吸血鬼は死体に悪霊が取り憑いたと考えてる
わけですか、キョンシーやブードゥーにおけるソンビーと似たような考え方ですな、とくにキョンシーは同じ吸血鬼で有るだけに興味深いですね。
18世紀の吸血鬼はどんな感じで報告されたんですかねえ

85 :T・S:02/04/15 00:43
 古本屋やってたしね……。
 それに吸血鬼ものの小説書こうと思って、結構資料集めたし。
 かなーり金に困って売り飛ばしてしまったですけど。

 かなりいまどきのヒトには読みにくいけど、種村 季弘の「吸血鬼幻想」がこの手の吸血鬼のウンチクに関する本としては一番最初に出てて、これは文庫にもなっているから、古本屋を捜せば結構でてくるんではないかと。
 あと青土社から出ている「吸血鬼の事典」なんてのも、専門書の割には値段が手ごろかと。
 ただ、この「吸血鬼の事典」、かなりの分量が映画とかの解説に費やされていたりするし、日本の吸血鬼としてなんでか鍋島の化け猫とか火車が入っているしで、あんまりはお薦めできないかも。
 まあ、吸血鬼にとって日光が致命的な弱点とされるのが映画の「ノスフェラトゥ」からだとかが解って、そー言う方面では参考になったのだけど。

86 :イラストに騙された名無しさん:02/04/15 01:28
・瞳が赤く輝く
・ワイングラスに血を溜める
・血の匂いや味に言及する
・銃火器でボロ雑巾にされた後、平然と復活
・首筋以外を噛む

最後のは完全に俺の趣味。
指先とか舌とかが個人的に(・∀・)イイ!

87 :T・S:02/04/15 01:35
 割とどうでもいいことだけど、聖餅ってのは日本の餅のことじゃなかったと思う。
 確か小麦粉から作るクッキーみたいなものだったような覚えが。
 ミサで使う聖体のことだったんじゃないかと。
『不死者あぎと』でそれ作っているシーンがあったように思うけど、それ以外ではマンガでも滅多に見ないなぁ。

88 :イラストに騙された名無しさん:02/04/15 07:36
>87
あ、そーなんだ、初めて知ったYO。

んじゃ、もう一つ、
猫やらに上を横切られた死体は吸血鬼になる。
これもあんまり……

89 :T・S:02/04/15 10:19
 「吸血鬼の事典」には、吸血鬼になる死、あるいは死後の原因として、

 吸血鬼に殺される
 ロシアの大平原の風が死体に吹き付ける
 猫やその他の動物が死体の上を跳び越える
 死体に影を落す
 埋葬しない、あるいは適切な葬式をしない
 横死、殺人
 復讐されない殺人
 蝋燭が死体の上を通過する
 兄弟が夢遊病になる
 溺死
 死体を埋めるのに用いたロープが盗まれる
(ルーマニアの一部で)仰向けに埋葬される

 …などがあげられていました。
 どーしてなんかは聞かんで欲しいです。そう書いてあっただけなんだから。
 それと別に「吸血鬼になる行動」とか「吸血鬼になる前提条件」とかもあったけど、それ書くと長いから、今回はパスです。
 まあ、「吸血鬼になる行動」は、ヨーロッパ限定で言うのなら、清く正しいキリスト教徒でなければ、みな吸血鬼になると考えてもいいんじゃないか、と。
 そりゃ全部が全部とは言わないけど。
 田中芳樹が吸血鬼はアンチキリストを象徴する化け物みたいに何処かで言っていたけど、案外とそれは正しかったり。

90 :イラストに騙された名無しさん:02/04/15 19:43
このスレだけで吸血鬼ものが書けるってぐらいに詳しくするってのもよくない?
みんなで雑学持ち寄ってさ。他に使い道ないし。

吸血鬼ドラキュラだとにんにくかなり有効ぶってたけど、
首に掛けたり部屋中埋めまくったりするのはちょっと……
ひいらぎが有効ってのは日本の設定だよねぇ?

91 :T・S:02/04/15 20:11
 一応、ヨーロッパ社会では有効らしいです<ひいらぎ
 その由来は古代ローマの祭りかチュートン人の信仰にあるとかどうとか。
 その流れを受けてキリスト教ではひいらぎで家や教会を飾る習慣が残っているそうで。
 クリスマスのひいらぎもそれだそーで。
 吸血鬼避けにドアや窓に吊るしたりしたそーです。

 ま、キリスト教関係のアイテムだったら、大概は吸血鬼に効くと思ってもいいんでないかと。

92 :イラストに騙された名無しさん:02/04/15 20:22
おお、即レスども。
なるほど、そんじゃ柊を使うのもオーケーですな。
にんにくはどーもカコワルイというかなんというか……

93 :T・S:02/04/15 20:36
 タールで扉に十字を書くとか言うのもあるけどね。
 イスラム教ジプシーの間では、ビャクシンとか言う杉の一種が吸血鬼避けの効能があると信じられていて、その葉を家においておくとか、丸太を置いとくとかしたらしいです。

94 :イラストに騙された名無しさん:02/04/15 21:31
>93
タールは使えるかもしんない。
ありがと。

吸血鬼のあまり知られてない性質でも。
入っていいと言われるまで部屋の中には入れない。

95 :74:02/04/15 22:29
まあ、吸血鬼と言っても出身によって弱点は大きく変わりますから、
菊地秀行氏の魔界都市シリーズでは中国出身の吸血妃が出てきましたが、
アレは西洋系のキリストの弱点はほとんど効きませんでしたからねえ。

>94氏
>入っていいと言われるまで部屋の中には入れない。
これは「悪魔を家に招いてはいけない」っていう西洋のことわざと
関係があるんですかねえ。

>77
聖餅ってのはT・S氏もおっしゃてるように小麦粉を薄く焼いた物ですな
キリストの肉を表すと考えられているようです、
ちなみに葡萄酒が血と考えられています。



96 :T・S:02/04/15 23:16
 >>94
 使えるって何に(笑)

 入っていいっていわれるまで入って凝れないってのは、悪霊とか悪魔とかに共通したルールみたいですね。
 私はそう解釈しています。
 川を越えられないってのは日本でもそーいう話があるそうで。
 どうやらそう言う区切りみたいな「境界」を越えるためには、何がしかの手順を踏むとかしなければいけないみたいです。
 川の場合は橋をかけるとか、家の場合は招かれるとかしないてダメとか。

 それとこれはよく誤解されているっていうか、もう意味が変わっちゃっているって言うか、よく「結界」と「バリアー」を一緒にしてしまっているけど、結界は元々仏教用語で「制限された区域」を意味しています。
 ある区域を注連縄とか線引きとかで切れ目なくして括り、外から隔絶するみたいに考えるべきで、「障壁」であるところのバリヤーとはちょいと違うと思う。

97 :イラストに騙された名無しさん:02/04/15 23:27
>95
ブラムストーカーと資料少しと映画パラパラとしか見てない浅学ッスから、
その辺はよく分からんです。
どーなんでしょーか。

レンフィールドが病院に閉じ込められてる辺りにそんな感じの描写がありましたが。

98 :イラストに騙された名無しさん:02/04/15 23:30
>96
おや、書いてる間にT・Sさんが。

いやいや、そのうち吸血鬼もんのライトノベルでも書く時に。
ここに出てきたみたいなっぽい設定を詰め込んだ話にでも、と。
……その前に作家にならねぇと(w

そんな漏れは新人賞スレからの流れ者。

99 :T・S:02/04/15 23:44
 >>98
 そーいうあなたを同志と呼んでしまおうかな(笑)
 新人章スレには半年ぐらい書き込んでいないけど、一応と作家志願だし……。

 使えるかも知れないネタ提供――というわけではないのだけど、十字架というのは、元々ケルト辺りの信仰のシンボルから取り入れられたらしいです。

100 :イラストに騙された名無しさん:02/04/15 23:55
今だ100ゲトずさー。
わーい、生まれて初めて。

>99
おお同志よ(w

キリスト教はアレですよね、現地住民の信仰を奪う代わりに
土着信仰を一部取り入れたりして怒りを紛らわせただとか、そんな話を聞きますねぇ。
それの一種ですかね。

101 :T・S:02/04/16 00:07
 そなんですけどね。
 クリスマスとかもそうですし。
 キリストの誕生日って六月じゃなかったかな? 
 ちょい自信ないけど。

 十字は元々ケルトで風と太陽のシンボルだったそうで。
 これがキリスト教にとりいれられたのは、対吸血鬼のシンボルとして初期教会がそれを使用していたとか言うネタを考えていたんですよね。
 つまり信仰心とかじゃなくて、それにこめられたシンボルとしの効能が問題なのだ、と。
 信仰心とかもそうだけど、強い精神力によってそれを排除の意志をもって差し向けた場合、吸血鬼を跳ね除ける力が生じるとか云々…。

102 :イラストに騙された名無しさん:02/04/16 12:58
ありがたいスレです、メモメモ。←吸血鬼物書いてるやつ

103 :T・S:02/04/16 16:21
>>102
 ……本気で書くのなら、ちゃんと資料を買った方がいいと思いますが。
 角川選書の『ドラキュラ伝説』とか、『スラブ吸血鬼伝説考』とか。
 後者の方しかまともに読んだことはないですけどね。
 今ならもっと色んな本が出ていると思いますよ。

104 :100:02/04/16 18:21
>102
おお、同志がまた一人。

>103
とはいえ俺の資料はガッコの図書室から知らずにパクってた
創元社の「吸血鬼伝説」って本しかない……
あとはネットとか。

その本から、89に付けたし、
・教会破門者
・自殺者
・呪術士
・死産の子供
・キリスト教の臨終の秘跡(って何だ?)を受けなかった者
・体に先天的な特徴があるもの
 生まれた時から歯が生えている
 暗い目や非常に明るい青色の目
 ユダの様な赤毛
 頭に羊膜や胎盤の断片をつけて生まれた
 体に赤い染みのある新生児

とか、意外と載ってたりした。

105 :T・S:02/04/16 19:59
 >>104
 パクってちゃ駄目でしょ(笑)

 臨終の秘蹟を受けなかったってのは、よーするに「ちゃんと葬式ができなかった」ほどの意味だと思えばよいです。

 ほいじゃあ、「吸血鬼の事典」から「吸血鬼になる行動」について
 自殺 
 妖術・魔女術
 狼の殺した羊を食う
 不道徳な生活(例――売春、殺人、裏切り)
 罪深い状態で(司祭に)ミサを読む
 人狼
 で、次からが「吸血鬼になる前提条件」
 誕生時
  一年のある特定の時の生まれ(新月、聖なる日)
  赤い胞衣、歯、余分の乳首などをもって生まれること
  伸びた髪、赤い母班、二つの心臓などを持って生まれること
 聖なる日の妊娠
 早すぎる乳離れ
 乳離れの後の授乳
 七番目の息子の七番目の息子
 洗礼前の死
 呪い
 妊娠中の母親の塩分摂取不足
 妊娠中の歯親が吸血鬼に睨まれる
 ……などです。
 記録や民間伝承からの抜粋ということだけど、なんだかとりとめがないっていうか、色々とあるみたいです。

106 :100:02/04/16 20:25
いやぁ、気が付いたら返さないまま卒業してました(w

なるほど……きちんと葬式をしないと吸血鬼になっちまうわけですな。
いっぱい出ましたねぇ、知らないのも多いや。
参考になります。

つか最近知ったので個人的に萌え〜と思った吸血鬼の設定は
「ユダの子ら」って奴。某映画はまんまだったけど。
なんかカコイイ。

107 :T・S:02/04/16 20:43
 >>89で書いたけど、アンチ・キリストを象徴する怪物な訳だから、埋葬時のこととか生まれた日のこととかが問題になっちまう訳で。
「ユダの子ら」ですか。一応「吸血鬼の事典」にも載っています。
 セルビア、ブルガリア、ルーマニアの吸血種で、赤毛によって見分けられるという。

 鳴海丈の昔読んだ小説では、「カインの末裔」みたくかかれていたような気がする。
 みんな設定ひねりますねぇ〜。

108 :イラストに騙された名無しさん:02/04/17 00:22
吸血鬼に詳しい人達が居るようなので質問良いッスか?(w
別に物書き志望って訳じゃないけど。

良く、エルダーヴァイパイアとか言いますよね?
それを聞くたびに思うんですが、吸血鬼の階級構造、ランクってのは
どうなってるもんなんですか?

俺のハンパな知識では、
神に直接呪いを受けた吸血鬼=エルダーヴァンパイア
で、それ以下は本質的にすべてエルヴァパの下僕でしか無いと思ってたんですが、
自力で?(>>89>>104)吸血鬼になった人間は
どういう位置付けになるのかなと。

気が向けば解答お願いしますです。

109 :イラストに騙された名無しさん:02/04/17 00:33
elder=年食った、古参の、という意味。
別に種族階級を表すものではない。

110 :T・S:02/04/17 00:57
 >>108
 吸血鬼の階級ってのは明白ではないです。
 その定義にしてからが明白でないのだから当然ですが。
 一般的には血をすった吸血鬼が主で、吸われたものが下僕の構図のようです。
 種族としてどちらが上ってのはないでしょう。
 吸血鬼同士が対決するっていうのは、それこそ物語の中でしかでてこないし。
 いっそのこと。
「多くの伝説や伝承は、キリスト教徒が広めた迷信の類であって、真実ではない。真実己の力で吸血鬼となった者は、決して盗人や殺人者の死人ではない。アレは……己の力でノスフゥラトゥになった彼等の多くは、古代の秘儀と神秘の追究者のなれの果てなのだ」
 とかにしてみてもいいんじゃないかと。

111 :イラストに騙された名無しさん:02/04/17 01:07
>>109 >>110
なるほど、どうもです。やはり明確に定義されてる訳じゃないんですね。
吸血鬼ほど有名な怪物なら、天使や悪魔のように階級付けが
あるかと思ってたんですが…。

>「多くの伝説や伝承は、キリスト教徒が広めた迷信の類であって、真実ではない。真実己の力で吸血鬼となった者は、決して盗人や殺人者の死人ではない。アレは……己の力でノスフゥラトゥになった彼等の多くは、古代の秘儀と神秘の追究者のなれの果てなのだ」

仙人と通じるものがありますねぇ。
ライトノベル的には、こっちの方が弄り易そうですな(w

112 :T・S:02/04/17 01:53
 わたしはそう言う設定で書いています(笑)
 丁度おあつらえなことにブルガリアには十二支とか東洋文化が伝わっている形跡があるようだし、アレクサンドリアには仏教寺院があったようだし。
 さらに言うなら仙人の最下級の屍解仙と言うのがいて、これは死んでから生き返る復活の物語のバリエーションでして。
 
「西洋の錬金術の源流は定かではないが、あるいは古代の煉丹術が源流になっている可能性もある」
「どう言う――こと?」
「あえて説明する必要はないだろうが、洋の東西を問わず、不老不死の薬を求める研究は古代から盛んに行われていた。
 その研究者が万里の海を越えて、交流していたとしても不思議ではあるまい。彼等は、真理の追究者は己の求めるためならば毒をも喰らい、悪魔に魂を売りさえしたのだ。
 己の学ぶところを欲して一生を旅に費やしたとして……悔いることもあるまい」
 ×××の脳裏に、一人で荒野を旅する碩学の姿が浮かび上がった。
 彼等の前に立ちはだかるのは獣であり人であり、天災であった。それらがどれほど過酷なものであろうと、命を削ることになろうと、決して歩みを止めようとしない。
 見知らぬ異国にて待つ叡智のために。
 そして彼等のごく一部は、その研究を完成させていたのだ。
「しかし」
 といった。
「そのどれだけが理想とした、『アダム・カドモン』に達っせたかは定かではない。むしろ、そのほとんどが死に、屍解仙にもなりそこなったと考えるべきだろう」
「しかいせん?」
「最下級の仙人だ。もしかすると、そのさらになり損ないなのか」

 ……みたいな感じでね。
 まあ、最近はネットで二次創作ばっかりしているから、オリジナルはあんまり書いてないんだけど(笑)

113 :100:02/04/17 06:12
おお、質問が……って、もう回答済みッスね。
正直、分からんかった(w

そーいや考えてみれば吸血鬼にゃ吸った吸われたぐらいの関係しかないですよねぇ。
ドラキュラもミナのことを「伴侶」としか言ってないですし、逆らえなかったけど。
あと三人の吸血鬼にしても、あんまり従順ではなかったし、ありゃ別種か?
そんな感じですかね。

114 :T・S:02/04/17 10:21
 天使や悪魔が階級づけとかが盛んにされたのは、大体十五世紀ごろでしょ。そのの頃は活版印刷が盛んになって、魔法書とかその類の本があれこれと出版されましたからねぇ。情報の劣化と拡大再生産が頻繁に行われたみたいで……。
 吸血鬼は確かに古くから話は残っているけど、盛んに吸血鬼が文学のモチーフになったりしだすのは十八世紀以降だったはず。
 まあ、その辺のことはまた後で詳しく調べるとして。
 あんまり集団ででてくる怪物でもないし、そう言うことで階級づけとかはされることはなかったのではないかと。

115 :イラストに騙された名無しさん:02/04/17 15:28
俺的には
「生まれた頃から吸血鬼」

「元人間の吸血鬼」

「元人間の吸血鬼に血を吸われた吸血鬼」

「吸血鬼のなりそこない。グールとかゾンビとかそういう類」

と、こんな感じのヒエラルキーがスタンダードでいいかな、と。
「ブレイド」では元人間の連中が生まれた頃からの吸血鬼を
あっさりと殺害していたが。

116 :74:02/04/17 23:06
久しぶりに来たらスレが伸びまくってるなあ、
自分は基本的に古い吸血鬼の方が強い(高等)って考えですな。
長生きしている者ほど己の能力を研鑽出来るということで。
八房龍之介の「宵闇幻灯草紙」では中国出身のとてつもなく古い吸血鬼が
でてきてあまりにも古くて強いので自分くらいしか自分を完全に殺せ無いと
いう設定でしたな。

117 :T・S:02/04/17 23:14
 ま、そんなんでいいと思いますよ。
 今日「吸血鬼のおしごと」でしたっけ? 電撃のを見ましたが、大体>>115にあるようなヒエラルキーみたいで。
 古いほうが強いってのはDでも採用されていましたが、一巻にある設定なんか、菊地センセー覚えてるかな……。

 ついでに。
 牙を立てて血を吸うことについ、伝承では言及されていないです。
 つまり、あれは小説や映画による創作だっりするのです。

118 :100:02/04/18 00:01
>117
基本的に吸血鬼は皮膚の毛穴から吸い出して血を啜るもんらしいです。
ドイツの吸血鬼(だったか)のナハツェールは遠くから犠牲者の生気を奪うらしかったりします。

やっぱ噛み付いたほうがロマンがあるというかなんというか。

119 :イラストに騙された名無しさん:02/04/18 01:19
薔薇の生気を吸うなんてのも前時代的ですが、なかなか雅ですな。

120 :イラストに騙された名無しさん:02/04/18 18:07
中公新書の『吸血鬼伝承』が
値段もほどほどで好きですが。

絵も地図も資料写真も全然ありませんけど。

121 :イラストに騙された名無しさん:02/04/20 00:49
>>T・S
>スラブの農村では、道に穀物とか撒くという吸血鬼よけのお呪いがあるそうです。
>ちなみにそれの伝説をパロディにしたのがセサミストリートのカウント伯爵…じゃないかと思ったり。
カウント伯爵は、
count 数える
→count 伯爵
→ドラキュラ伯爵
以上の単純な連想で吸血鬼のキャラクターなのだよ。それだけだ。
知らないことを無理やりこじつけないほうがいい。

122 :T・S:02/04/20 12:24
>>121
ああ、そうなんですか?
でも、一応。
>カウント・カウントと言うシャレみたいなものかも知れないけど。
とは書いておいたんだけどなぁ…。
無理やりこじつける気はなかったんですが。
ひょっとしたらそれも由来の一つかなぁとか思っただけで。

ご不快に思われたのならばすいません。

123 :イラストに騙された名無しさん:02/04/21 06:27
T・Sが思い込みを突っ込まれるのは今に始まった事じゃないしな。
歴史板では笑ってしまったが。

124 :T・S:02/04/21 15:19
 ありゃあ。
 世界史板のことを知られているとはハズカシイ。
 まあ、あそこでは色々とお勉強させていただいております。

 一応、突っ込まれてもいいように予防線は張っているんですけどね(w

125 :イラストに騙された名無しさん:02/04/22 20:43
吸血鬼と戦うための武器(現代編)
銃器(銀の弾または十字の切れ目を入れた弾使用)
銀メッキされたチタンブレードか日本刀
白木または銀の杭
ニンニク注射
紫外線照射器


126 :イラストに騙された名無しさん:02/04/22 20:49
>>125
あー…、ブレード?
あと祝福されたアイテムならなんでもありになるよね。
祝福された聖水、祝福された剣、etcetc…

127 :イラストに騙された名無しさん:02/04/23 04:14
それは朽ち果てぬ肉体を持つが故に、精神の鈍磨が進み。
それは朽ち果てる生命を絶つが故に、存在の定義が緩み。

されば、在る者として成るに、自ら及ばず。
されば、棲む者として狩るに、自ら忍ばず。

邪悪と称えられ、不死と罵られ、欠陥と蔑まれ…。

覚醒より来たれり、究極の絶対者。




128 :100:02/04/23 05:46
>125
ヴァンパイア最後の聖戦なんかだと
槍みたいの突き刺してワイヤで引っ張ってって外の太陽で焼いてたよ。

129 :イラストに騙された名無しさん:02/04/23 06:39
>>127
ダメダメ。

130 :129:02/04/23 07:15
いやん(w

131 :T・S:02/04/23 10:50
 これも「吸血鬼の事典」からの抜粋だけど――
 一般的な方法 
 杭打ち 世界中で最も一般的に用いられる方法
 断頭 迸る血を避けること
 日光 歳を経た、強力な吸血鬼には免疫のある者もいる
 火葬 世界中に見られる。灰をばらまくこと
 剣で刺す 祝福された剣を用いる
 水に沈める 浴槽も使用可。ただし死体処理は問題。
 ニンニク・聖水に浸す 確実に仕留めるには、墓場までその溶液を大量にもっていく必要がある。油、ワイン、酢も使用可
 十字架で触れる 若い吸血鬼なら倒すこともできるが、通常は怯ませるだけ。
 墓の中に罠を張る 鉄片、赤豆、米(中国の場合)、バラ、ニンニク、石、聖水など。
 心臓を抉り出す 極めて汚い作業になる

 ……以上。極一部の字を除いて、そのまんま書き写しました。 

132 :イラストに騙された名無しさん:02/04/23 20:03
吸血鬼まめ知識スレになりつつあるな(w

133 :イラストに騙された名無しさん:02/04/23 23:08
ちょっと質問〜。『インタビュー・ウィズ・バンパイア』が落ちてるのはラノ
ベじゃないからですよね?

吸血鬼退治の方法に『剣で刺す』があるのは、やっぱり西洋剣は形状から十字
架になぞらえられるからなのでしょうかね。
あとなんかネタになりそうな知識ですけど、『ヴァンピール』と呼ばれる半吸
血鬼の人々は、吸血鬼を退治する力があるって記述をどっかで見た気がする。
たぶん『吸血鬼ハンターD』の元ネタなんだろうな。

ええっと、たしかヴァンピールになる条件は以前T・S氏が上げてた吸血鬼になる条件とかなり重複してたはず。
一年のある特定の時の生まれ(新月、聖なる日)
  赤い胞衣、歯、余分の乳首などをもって生まれること
  伸びた髪、赤い母班、二つの心臓などを持って生まれること
 聖なる日の妊娠
 早すぎる乳離れ
 乳離れの後の授乳
 七番目の息子の七番目の息子

……とかですね。最後の3つは知りませんけど(T・S様、引用してしまって
すいません)
他には左右の目の色が違う人間もヴァンピールらしいです。
ただし彼らは死んだら吸血鬼になってしまう運命らしいので…… ネタっぽいなあ(苦笑
誤解かもしれませんが、一応は原点つきの知識のはずです。
彼らが吸血鬼として復活するのを防ぐために、棺に埋葬するときは首に鎌をあ
てて埋めるとか(起き上がるとスパッと切れる)、大量の豆を棺の中にいれたり
した(数え終わるまで外に出られない)んだそうです。

そういえば上の条件を満たす人々は、ある種の超自然的な能力を持つとされて
いたという話もあったなあ。
なんか魔物とかが徘徊するっていう特殊な祭日に、体から抜け出した魂が動物
に変わって魔物と戦うって言う……これまたラノベ系かも。
これはマジでヨーロッパ土俗宗教の生き残りって感じだとおもいます。こうい
ったのがだんだん悪霊つきとか言われて、吸血鬼のモチーフと混同されていったのかもしれないなあと。



134 :T・S:02/04/23 23:33
 >>133
 いや、別に引用は。どうせ「吸血鬼の事典」から引いてる奴だし。
 ヴァンピールですか。
 確か七つまでは親である吸血鬼を殺す能力があるが、それを越えると吸血鬼になるという話を聞いたことがあります。
 って、本を引用してみたところ、スラブのジプシーが吸血鬼の子供を指して「ダムピール」と呼ぶそーです。
 不死者である父や親類と戦う特別な能力を持っていて、この名称と特徴は地方によって異なっているそーです。
 とにかく所説紛々で、どういったものかは具体的によー解らんみたいです。七つまでは云々と言う私の知識は、多分「吸血鬼幻想」のほうなのだとは思うけど。
 
 抜け出した魂が動物になるって、魔女術にそんなのがあったような気がするですけど、思い出せないですな……。
 吸血鬼の伝説は古来から一定のものがあったというわけではなく、割と最近になった有名になったから、その分情報の流通とかがごちゃごちゃあって、かなーり錯綜しているよーです。

135 :イラストに騙された名無しさん:02/04/23 23:49
>乳離れの後の授乳
が面白い

ベタだが
腹の中の子供ごと捨てられた女が
捨てた男への未練を断ち切れずに
出産した赤ん坊にいつまでも母乳を与え続ける。
(もちろんその男への思い(恨み?)を言い聞かせながら)

やがて成長したその息子は……
その息子の家には……

なぁんて

136 :イラストに騙された名無しさん:02/04/24 05:30
>乳離れの後の授乳
っつーのは母乳は血と成分的に似ている(なんかのTVで見た)ってのと
関係あったりするんかな。昔のことだから関係なさそうだけど、
無理矢理結びつけてみるのも、ラノベ的で楽しそうだね。


137 :100:02/04/24 19:32
俺の本に書いてあったんだけど、
1970年にロンドンのハイゲート墓地で起こった吸血鬼事件って、ほんとにあった話なんですかね?
俺の本だと小説の引用とかが結構あるから、ほんとかどうかわからないし。

ちなみに内容は
二人の女性が墓から数人の死体が出てくるのを目撃したっつー事件で、
ショーン・マンチェスターって言う聖杯教会の一員の人が調査に当たった。
地下墓所に入ると生きてるっぽい死体があって(ちなみにそこは一世紀以上前に封鎖されたとこ)
そいつにポプラの杭を打ち込んでからあ、祈祷文読み上げたりしてなかなかラノベ的
「裏切り者、全ての悪と欺瞞の張本人、美徳の敵、罪亡き人々を苦しめる奴よ、
前に出ろ。さあ、そこを退け、邪悪な生き物、悪霊よ、退け、そこはキリストの場所だ!」
そんで十字架投げつけたら収まったって話。

でも、あんまりそれっぽすぎてどーも何かの小説に見えちまうんですが。

138 :T・S:02/04/24 20:53
>>137
その事件は「吸血鬼の事典」にも載っています。
ただ、内容は若干違っていて、以下全文それに拠ります。

 ハイゲートの吸血鬼

 現代における集団ヒステリーの例。ロンドンのハイゲート墓地に吸血鬼が出現すると言う噂が広く喧伝された。
 長期にわたって続いた一種の集団催眠であるが、最初に大衆の耳目を集めたのは一九七〇年三月の「ロンドンイブニングニュース」紙の報道による。
 それによると、その前夜、約百名の人が、暗く陰気な墓地の領域内に集結、吸血鬼狩りに参加したという。
 マスコミの注目は、この探索を指揮した吸血鬼の専門家、ディビィッド・ファラントとアラン・ブラッドに集中した。
 両者共に吸血鬼が納骨堂のどこかに眠っていると確信しており、それを発見して殺す決意を固めていた。
 墓荒らしと不法侵入の罪に問われて逮捕されながらも、ファラントは墓地は公共のものであることを根拠に無罪を主張した。
 このような事件にはよくあることながら、噂や曖昧な目撃談に基ずく物語があっと言う間に広がり、三文夕刊紙や新聞が扇情的な記事を掲載した。
 公式にはいかなる吸血鬼も発見されることはなかったが、黒衣の不気味に痩せた男が深夜、墓地から立ち去ったとか、また若い女性が危うくハイゲートの吸血鬼の犠牲になりかけたとか言う噂が飛び交った。
 専門家のひとりショーン・マンチェスターは、彼自身による事件の調査結果を発表している。

 ……それ以上の詳しいことは書いていませんです。
 けど、>>137方を採用した方が、ラノベ的にオッケーだと思ふです。
 

139 :100:02/04/24 23:28
要するに集団催眠だったんスか……夢も希望もないですねぇ。
あ、ハイゲート事件は作中で引用かなんかに使うといいかもしんない、とか、今さら思ったり。

こっちの本だと「百人近くの吸血鬼ハンターが集まっていた」とか書かれてて、
なんだか個人的に
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!
んですが、さいですか、催眠でしたか……

140 :127:02/04/25 00:03
>139
マジでそう思ってるのか?
本当にそう思ってるのか?
実際に確かに集団催眠というモノは存在するが、
それが長期に渡って効果を及ぼしつづけることなんてのは、
どこかの一室に極限状態で長時間監禁した時ぐらいにしか起こらないもんだ。
”鳥”や”虫”、”獣”というカテゴリの中にも吸血を主とする種が存在することは周知の事実だ。
”人間”の中にもそういう種がいたとして、なんら不思議はあるまい?

とか、ラノベ的に語ってみるテスト(w

141 :イラストに騙された名無しさん:02/04/25 00:35
>127
『集団催眠』じゃなくて『集団ヒステリー』で、『吸血鬼が出る』って噂が大
流行することのほうをさしているんだと思うけど……
突っ込むだけ野暮でしょうかね。イメージとしては『口裂け女騒動』『赤マン
ト騒動』に似てますね。そういえば、『赤マント』なんてモロに吸血鬼ですねえ。

血を嗜好する人間、と考えたら、なんか『異食症』を思い出しました。
神経症の一種かなんかで、やたらと変なものを食べたくなるという病気です。
妊婦がすっぱいものを食べたがるのは一般的ですが、これの患者は石鹸食った
り土くったり金属くったりするらしいです。
ホルモン分泌が関係あるのかなんかで、女性の場合は生理周期が影響するとい
う話もありますねえ。
子供を生む前とか、生理期のみ嗜好的に血を吸いたくなる人間…… ってのは
、吸血鬼としてはやや情けないかも。

吸血鬼退治ものを書くんだったら、ものすごーく邪悪な吸血鬼とか書いてみた
いですね。最近っぽい、軟弱な吸血鬼じゃなくて。
映画の『吸血鬼ノスフェラトゥ』がTVでやってたときに見たんですが、どう
も黒死病の暗喩がすごく多発してました。
疫病を引き起こす吸血鬼……ってのは、ホラーっぽくていいかも。
天然痘とかは、最近の若い人は種痘も受けて無いし、一度流行したらとんでも
ない事になりそうだし。
現代モノ×ホラー×パニックとかだったら使いやすいかなーとか思ってます。


142 :T・S:02/04/25 00:49
 吸血鬼といえば、ウイルス系のそれとかはどうでしょう?
 今更なネタだとは思うけど、もうちょい捻れないかなぁと。

 >>139
 んー。>>140の語られるようなのでいいんでないかと。

「結局、全ては“集団ヒステリー”として片付けられたよ」
「ありがちですね」
「大人数が関わったときは、いつもそうやって処理される。『奴ら』のよく使う手さ」

 ……みたいなセリフいれるとか。 

143 :100:02/04/25 20:04
>142
おお、その台詞のやりとりはいいかもしんないッスね、メモメモ、と。
>140
141さんの解釈で勘弁してくだされ、言葉が足りんかったッス。
>141
異食症といえば、前に200Xでチョーク食う先生の話やってましたよ(w
あれは貧血と関係あるとかなんとか、鉄分があまりに少なかったんで
食っちゃったとかいう話しらしいッス。詳しくは憶えてないけども。

吸血鬼自体ペストの元凶とか言われてましたしねぇ、
つか、吸血鬼は軟弱になったとはいえ、昔に比べりゃ弱点減ってるよね。
ちゃんと聖書に弱い吸血鬼書こうかな。
でもそーっすっと結構軟弱な印象が残っちまうんですよね……
適当に新しい弱点を捏造してみるとか。

144 :127:02/04/25 23:46
>143
吸血鬼に対するそれが何故弱点足るのか、説得力のある説明が( ゚д゚)ホスィ
「吸血鬼のお仕事」読了したけれど、その辺の説明がサパーリなかったのに
ちょっと違和感感じた。
もし、日本で生まれ、日本で暮らしてきた生粋の吸血鬼がいたとして、
そいつは十字架や聖書等が弱点となるのか。
ならないのであるならば、日本の吸血鬼の弱点とは何に当たるのか。
とか、そんなんキボン。

145 :イラストに騙された名無しさん:02/04/26 00:09
143>
聖書なんてタダで配布もされてるもんなあ……(苦笑
ただ、本当の信仰心がなければ効かないというオプションをちゃんとつければ
そんなに軟弱でも無いかも?

新しい弱点ですか。
やっぱり他のモンスターとかで一般的なものから引っ張ってくるのが筋でしょ
うか。
妖精の類の場合、やはし一番の弱点は『鉄』。でも、鉄に弱いヴァンパイアっ
てのはかなり間抜けですよねえ。
弟切草、紫の花を咲かせるクローバー、さくら草は魔女よけに有効です。ナナ
カマド、ヒイラギも本来は魔よけとされていたみたいですね。
中国の吸血鬼ことキョンシーの場合、パワーアップするにしたがって弱点が減
っていくんですが、雷に打たれればどの段階でもきっちり死にます。コレは『
雷に打たれる』ってのが『天罰』を意味していたからじゃないかと……
雷、各種ハーブあたりはそれなりに使えるかな?
妖精よけだったらあとは教会の鐘、七つの穴が開いた蹄鉄、穴の開いた石。
自然に穴の開いた石の穴から覗くと、妖精の姿が見えるという伝説があります
。これからひっぱってきて、穴あき石を偶然に拾った子供が最初に吸血鬼の正
体に気づく、ってなプロットも使えるかなーと思います。




146 :145:02/04/26 00:11
教会の鐘楼から鐘が下ろされるのを、僕らは手をつないで見上げていた。
空は異様にくっきりと青く、雲が不思議な速さで流れていた。あの子の手は冷
たくて、ほんの少しだけ震えていた。
「皆、覚えてないの」
彼女がぽつんと呟いたのを、ボクは覚えている。
「遠い遠い昔のひとは、悪魔を遠ざけるために鐘をつくったの。あの鐘楼に鐘
をつるすまでの間に、とてもいっぱいの人が干からびて死んだわ。あんまりた
くさんの人が死んだから、皆、平和になったときには全部のことを忘れてしま
おうとしたの」
ざあ、と強い風が吹いた。僕らの目の前で、古い鐘がゆっくりとロープで下ろ
されていく。鐘は鋳熔かされ、誰かの胸像にでもつくりかえられるのだろうか
。ボクはぼんやりと思っていた。
「悪魔、って何なの」
「……」
聞こえないほど小さな声で答えて、あの子は急にボクの腕にしがみついてきた
。ボクはよろめいた。痩せていて小さな子だったのに、二の腕に爪を立てる指には驚くほどの力がこもっていた。
「お願い、やくそくして」
耳元に唇を押し付けるようにして、あの子は囁いた。その息からは、強い薔薇
の匂いがした。
「君が新しい鐘になって。悪魔が現れないように見張っていて。
もしもわたしが……たら、悪魔を殺してくれるって、約束して」
ボクにはあの子が何を言っているのかなんて分からなかった。どうしてあんな
に苦しそうだったのか、哀しそうだったのかも分からなかった。
けれど、ボクは頷いていた。
「ありがとう」
あの子は泣き出しそうに笑って、ボクの腕を放した。そうして首にかけていた
紐を外し、無理やりにボクの手に握らせた。
「やくそくだよ」
あの子は最後にそういって、もう一度ボクの首にしがみついた。

あの子が駆け去って行ってしまったあとも、ボクは一人で立ち尽くしていた。
ボクの首にかけられた穴の開いた石は、あの子の体温を移して哀しいほどに暖
かかった。ボクはずっと空を見上げていた。天を突いていた古い教会は、もう
完全に崩れ去っていた。

ボクがあの子の言っていた意味を本当に知ったのは、あれから8年もの時間が
たった後だったのだ……



……吸血鬼小説ですら無いですね、コレ。
逝ってきます。




147 :145:02/04/26 00:19
144>
吸血鬼の解釈によるのでは無いかと。
これらの弱点が有効な理由って、吸血鬼がキリスト教的に言うと『悪魔』みたいなもんだからだと思います。
磁石のS極とN極が反発しあうようなもので、聖が邪をしりぞけるという事実に理由は無いのでは?
ただ『吸血鬼』が一種の異種族やミュータントであるとするなら、それなりの説明は必要かもしれませんね。
でも日光アレルギーってのもいい加減ありがちな気もするしなあ。

ついでいうと、キリスト教的な意味での『悪魔』ってすごく広い気もします。
妖精も悪魔なら異教徒の神も悪魔。虫歯も悪魔の仕業なら、聖歌隊が音を外すのもぜーんぶ悪魔の仕業……
キリスト教にとって、悪魔ってのは縁の下の力持ちって感じですね(苦笑

148 :100:02/04/26 06:22
>144
要するにファンタジーで出てくる「ブロードソード」とかと同じ扱いなんですかね。
刃の広い剣っていう説明もなしに出てくるのは、それだけその概念が流布してるから説明不要って前提なんでしょうね。
吸血鬼のそれも同類か……

日本で生まれたってとこは――そもそも葬儀の仕方が違うわけですから、別な方法で「吸血鬼」を持ってこなくちゃいけないですよね。
無縁仏なんかはそれに該当する可能性もありますが。焼いちゃうもんなぁ……

>145
日焼け止め塗れば吸血鬼も外を歩ける時代ですからね(w
つーか妖精って鉄に弱かったんスか……知らんかったですよ。

149 :T・S:02/04/26 09:46
 >>147
 十八世紀のフランスの神学者、ドム・オーギュスタンとか言う人が、吸血鬼や悪霊を悪魔学から独立させたとか本にあったです。
 つまりはそれまではごっちゃに扱われていたということですな。

 >>148
 仏教以前は焼かなかったわけだし。
 吸血鬼の定義を「しばらくの間死んでおり……墓から出現して、生者を悩ませる人間。彼らは生者の血を吸う」と上のドム・オーギュスタンという人は決めていたそーだし。
 それに、日本人は古くから死者をかなり畏怖していたそで。
 古代にあった屈葬なんてのは、埋めるときに足を折って紐で縛り付けるまでしていたらしいです。そこまでして蘇ってこられることを恐れていたという話を聞きます。
 それは実は、古代の世界には吸血鬼が日本に――という話にしてもいいんじゃないかと。

 妖精が鉄を避ける……ソードワールドの世界では、シャーマンが鎧とか装備できないとかいうのがあったなぁと思い出しました。
 日本の妖怪も鉄を避けるってどこかで――『うしおととら』か……。
 他にも何かで読んだような覚えが、あるような、ないような。
 ただの思い込みの可能性は高いな。

150 :吸血鬼の定義:02/04/26 17:13
age

151 :イラストに騙された名無しさん:02/04/26 18:09
>妖精は鉄がダメ
マイクミニョーラの『ヘルボーイ』でもそんなくだりがあったり、
今はなきサイバーコミックの『ボルドー』でも悪魔は鉄を嫌うってのが
あったりしたんで、民間伝承で割とメジャーなものなのでは。

吸血鬼の弱点というと、
マキャモンの『奴らは渇いている』の、海水というのがなかなか。


152 :イラストに騙された名無しさん:02/04/26 18:24
>>151
悪魔が鉄がだめっていう設定もひどい話しだと思うよ。

これは、いわゆる文明人が鉄器を持っていて、鉄器を持たない部族を滅ぼした
名残りだと思うが…。そして伝説とか歴史は勝利者の側から語られるのが
普通なので、滅ぼされた側は悪魔とか化け物にされてしまったという事だろうなぁ。
途中で、錬金術的な衒学趣味の味付けはあったにせよね。


153 :イラストに騙された名無しさん:02/04/26 20:35
>149
日本で最初に火葬で弔われたのが(多分)持統天皇。
ただ、火葬が民間レベルで一般的になったのはそんなに昔の話でもないらしいです。
日本で「血を吸う怪物」の話はあんまり聞きませんが、
「墓場から蘇ってくる死体」の話は結構あると思います。

>妖精は鉄がダメ
反面、鉄、というか鉱物に縁の深い妖精の話もありますね。
ファンタジー世界のドワーフみたいな。

吸血鬼の弱点
棘のある植物は魔よけに使われる、という話を聞いたことがあります。

154 :T・S:02/04/26 21:46
 >>153
 なるほど。現在の常識とされることは大概明治時代にできたものが多いといいますものね。火葬も一般的になるのは江戸ぐらいなのかな?
 吸血鬼が血を吸う怪物と定義したら、蘇ってくるだけの死者はそれに含まれないかも知れないけど、生気を吸い取るのも一応は吸血鬼のカテゴリーに入るみたいだから。
 夜な夜なやってきては生気をすすっていく幽霊の話なんかも、吸血鬼にしてしまっていいかも。
 まあ、牡丹燈篭とかの話の原型は中国産とか言う話を聞くけど。
 けどしかし、「穢れ」は「気涸れ」だったらしいし。
 古代は蘇った死者によって生気を奪われて死ぬみたいなことがあったからとか言う話にはいもいいんじゃないかと。
 ラノベ的に。

155 :145:02/04/26 22:58
死体に対する拘束って、世界的に結構ありがちですよね。
つまり死んだ人の体が「起き上がる」っていうのが実は昔はよくあった話で……(笑
たしか江戸時代は土葬のほうが一般的だったはずですよー。桶棺桶に入れて屈葬ですね。たしか、火葬が一般的になったのは、明治政府の方針で法律が変えられてからだったはず……
ちなみに現在は土葬のほうが違法。
そういえばファンタジーのルナル・サーガだと、カルシファード(日本をモデルにした国)は火葬が一般的なので、アンデットモンスターが少ないと言う設定があり、なるほどと思いました。

吸血鬼の原点的イメージといったら、翼を持つ女吸血鬼のご先祖様、『ラミア』は欠かせないと思いますー。
もともとはゼウスの恋人だったんだけど、ヘラに嫉妬されたせいで子供の血を吸わないと生きて生けない身体に…… だったかな?
ゼウスは眠りを奪われた彼女を哀れんで、眼球をとりはずしできるようにしてあげた(外している間は休める)という凄い話だったと思います。
この系統が蛇女メリュジーヌなどの男の世紀を吸う女妖精、各種子供の血を吸う女吸血鬼の系統につながったんだと思います。
ヨーロッパのまじないっぽい子守唄とかには、ラミアとかその種の吸血鬼よけというのがあった気がします。
ちなみに日本や中国で言うなら『姑護鳥』になるんだろうな、これ。

『生気』をすいとる怪物って言ったら、日本や中国にもいっぱいいると思いますよ。一言で言うと『妖狐』になるんだろうし(苦笑)
ヨーロッパだとその類の人食いモンスターが全部『吸血』になってるってのは、やっぱりキリスト教のせいかと。
キリスト教においてだと、血を生気の源とする信仰がとても強いです。イエスキリストが十字架にかけられたときに流した『血』というイメージがすごく強いからだと思いますが。
そう考えてったらそこらじゅう吸血鬼だらけだろうなーとは思いますが……
全部を全部『吸血鬼』って呼ぶことには、なんかちょっと抵抗があります自分的には(苦笑) だって、読者が期待するものとかけはなれちゃいそうなんだもん。
ああでも、日本の中世の闇に暗躍する吸血鬼、とかってイメージにはなんかそそるものがありますけどねえ。


どうもこのスレだと『吸血鬼』=『ドラキュラ系の耽美なモンスター』って限定はしてないみたいですねえ。この放埓な雰囲気、大好き(笑)

156 :T・S:02/04/26 23:26
 >>155
>たしか江戸時代は土葬のほうが一般的だったはずですよー。
>桶棺桶に入れて屈葬ですね。たしか、火葬が一般的になったのは、
>明治政府の方針で法律が変えられてからだったはず……

 なるほど。そういえば、時代劇とかは大概土葬になっていますね。

>ちなみに現在は土葬のほうが違法。

 山梨ではあると聞きました。
 その関係で山梨には日本唯一のイスラム教徒の墓地があるそうで。
 ただ、最近聞いた話では、ある程度の数が入ったら、ところてん式に焼却してしまうとか。
 まあ、審議のほどは確認してませんけど。

>ちなみに日本や中国で言うなら『姑護鳥』になるんだろうな、これ。

 東南アジアにも似たような妖怪がいました。
『不死者あぎと』では、それも吸血鬼扱いされていました。
 って言うか、あのマンガでは、吸血鬼が吸うのは生命のエネルギーであって、直接血をすするとは限らないとかなんとか書いてあったなぁと。
 あの人のマンガは結構好きだし、なかなか参考になるのではないかと。

>全部を全部『吸血鬼』って呼ぶことには、なんかちょっと抵抗があります自分的には(苦笑) 
>だって、読者が期待するものとかけはなれちゃいそうなんだもん。

 血をすうのが性交のイメージがなんたら……みたいなことを昔何かの本で読んだ覚えが。
 なんていうか、背徳感みたいなのがここまで有名になったのかなぁとか思ったり。

>ああでも、日本の中世の闇に暗躍する吸血鬼、とかってイメージにはなんかそそるものがありますけどねえ。

 日本の中世というと、鎌倉時代から室町、安土桃山まで……だったかな? 
 その変の時代区分がとっさに思い出せないと、歳をくったのを自覚してしまって鬱だ……。
 しかし、室町時代の吸血鬼ってのは……どんな感じでしょう?
 一休さんと対決する吸血鬼。
 ちょっとヨイかも。

>どうもこのスレだと『吸血鬼』=『ドラキュラ系の耽美なモンスター』って限定はしてないみたいですねえ。

 だって、ラノベに出てくる吸血鬼って、もーなんでもありだし。

157 :イラストに騙された名無しさん:02/04/27 00:37
一休さんと〜>
うわ、超強烈(苦笑)
ただ後世の一休さんは「門松は 冥土の道への一里塚〜」って唱えながら髑髏杖もって正月に歩き回ってた怪僧ですからねえ。その段階の一休さんと吸血鬼の話ならいいかも(
中世って言うと「暗黒」というか、あちこちの森が切り開かれてたり生き残りの異民族が全滅していったりと色々カオスな時代なのですよ。
その時代背景でパラレル小説(苦笑)を書こうと思って資料をあさって、面白い時代だなあと思った記憶が強かったので。
地方の豪族が実は吸血鬼で、その集落全体が吸血鬼の餌食に……ってありがちな道具立ても、時代背景を丁寧に弄ればそれなりに新鮮かも知れないなあと思います。
ちなみに中世といったら『もののけ姫』かなあ。目出度くもあり目出度くもなし。

日本唯一のイスラム教徒の墓地>
う、なんかちょっと覗いてみたいような……(笑
キリスト教徒も本当は焼きたくないんでしょうね、死体。でも日本は狭いから、そんなに沢山死体を生めておく場所が無いのかなあ。

ラノベに出てくる吸血鬼>
いかにラノベで吸血鬼が愛されているかの証拠(笑
今超正統派の吸血鬼を書いたら、逆に新鮮かもしれませんねー。

158 :T・S:02/04/27 00:52
>中世って言うと「暗黒」というか、あちこちの森が切り開かれてたり生き残りの異民族が全滅していったりと色々カオスな時代なのですよ。

 むー。
 戦国時代に森が切り開かれていたというのはきいたことがありますね。確か比叡山は禿山みたいになったとか言う話があったはず。生き残りの異民族ってのは心当たりありませんが、なんかありましたかね?

>その時代背景でパラレル小説(苦笑)を書こうと思って資料をあさって、面白い時代だなあと思った記憶が強かったので。

 私は倭寇の話とか書こうかと資料集めたけど……挫折したです(苦笑)
 世界史板で超有名コテハンさんに倭寇の頭目の伝記を聞いたりしたですが、どうしても構想がまとまらなかったし。

>ちなみに中世といったら『もののけ姫』かなあ。目出度くもあり目出度くもなし。

 タタラって、本来は女人禁制だった……という話は板違いですか。

>日本唯一のイスラム教徒の墓地>
>う、なんかちょっと覗いてみたいような……(笑

 設立に尽力したのは、小さな仏教寺院だったそうですが(笑)
 あんまし大きくないそうですよ。

>今超正統派の吸血鬼を書いたら、逆に新鮮かもしれませんねー。

 菊地センセは――まあ、その、アレですね。
 夜の貴族みたいなのを書いて、どう読者の心をつかめるか、みたいなのが課題になったり?


159 :100:02/04/28 11:45
>どうもこのスレだと『吸血鬼』=『ドラキュラ系の耽美なモンスター』って限定はしてないみたいですねえ。

今こそ吸血鬼の新しい姿が求められている革命時代。

とか言ってみるテスト。

しかしなんですかねぇ、最近の吸血鬼熱は、やっぱアレとアレのおかげなのかな。


160 :イラストに騙された名無しさん:02/04/28 13:41
チュパカブラ

161 :100:02/04/28 14:07
チュパカブラ違う(w
いや、あの生物は個人的にすッげー好きですけど……
狼の遺伝子と似てるんだっけか。

162 :イラストに騙された名無しさん:02/04/29 00:30
漏れもアレとアレで吸血鬼にハマったクチ。

163 :イラストに騙された名無しさん:02/04/30 14:28
>アレとアレ
済みません、分からないです。
僕血ですか?

164 :100:02/04/30 17:45
漏れは月姫とヘルシングだけど、他の人はどーなんでしょ。

165 :イラストに騙された名無しさん:02/04/30 17:51
おれの中でアレとアレといえば『ポーの一族』と『ヴァンパイアレスタト』なんだが・・・・・
板違いか?

166 :100:02/04/30 20:14
>165
んなこと言ったら俺も板違いですよ……
まあ、吸血鬼全般っつーことでいいんじゃないですか。

167 :T・S:02/04/30 21:03
 私が吸血鬼が好きなのは、やはり菊地センセーの作品の印象とかが大きいかなぁと。
 最近ではアレだけど。
 やはりヘルシングを見ていると、吸血鬼モノはいいなぁと再認識したり。

 かつてあったウイルス系の吸血鬼は、異能とかそちらの方にフェイドアウトしてしまったのかなぁとか思ったり。
 レベリオンとかみたいに。
 

168 :イラストに騙された名無しさん:02/04/30 21:44
アレといったらやっぱり「月姫」でわ。
個人的には「どこが吸血鬼なんだ」という疑問は大アリですが。

流行ってますかね? むしろ、なんか減ってる印象があるんですが……>吸血鬼モノ
どうなんだろうなあ。最近、あんましラノベの新作をチェックしないから。ラノベ板の住人にあるまじき事態ですが(汗
レベリオンなんかは「ウイルス物」ってジャンルですよねえ。でも、「ウイルス物」って元来吸血鬼物から分離したジャンルなんですか?
そりゃあ大元祖の「海の闇 月の影」はどことなく吸血鬼っぽさの漂う超名作だったけど。

しっかし吸血鬼といったらやっぱり「夜の貴族」ってイメージが強いんだなあと再確認。
実際の吸血鬼を調べたら、むしろ単なる化け物が多いことといったら。
ペナンガランとかなんとかいう女吸血鬼なんて、内臓をぶらぶらさせて空を飛ぶ生首ですもんねえ。
「血を吸う」ってだけだと「吸血鬼」の資格はないんでしょうか?


169 :165:02/04/30 22:00
ライトノベル板としては化け物というイメージだろうね。
しかしバンパネラは弱い。血よりも薔薇の精気だけで生きてる感じだし、おまけに触れただけで精気を吸える。


やはり噛まれただけでその人も吸血鬼になってしまうやつが多いから、ウイルス系になってきたのかね?


170 :100:02/04/30 22:29
>167
Dッスよね、読んでみようかと思うんですが、
お勧めはどの辺りですか?

>168
しかし最近は血すら吸わない吸血鬼もいますしねぇ……
お前ら、単に吸血鬼言いたいだけちゃうんかと問い詰めたい。
……結構当たってるかも。

電撃に関しては前に新人賞スレで吸血鬼ものを送るのは止めといた方がいいかな?
って質問が出てるぐらいだから、少なくともこのレーベルでは流行ってるんじゃないでしょーか。
最近じゃ吸血鬼のお仕事もでましたし、読んでないけど。

>169
「吸血鬼」、と銘打たなくてもいいようなのまで吸血鬼に区分されてるのは最近の風潮ですかね。
そもそも定義なんか初めからあったようで無かったんですけども。
単に史実に忠実か忠実で無いかで分かれるぐらい。
ラノベ定義論的に言えば「あなたが吸血鬼と思うものが吸血鬼です」ってとこか。

171 :T・S:02/04/30 23:32
 >>168
 ウイルス物が吸血鬼からの分岐かどうかはともかく、吸血鬼をゴシックホラーな世界から現在にもってきた場合、やはり伝生成からウイルスとかを連想するのではないかと。
 とはいいつつも、すぐにラノベで思いつくのは僕血とかウェディングドレスに赤い薔薇とかくらいかな。
 マンガでは何作かみたような気がするですけど、はて。

 >>170
 Dは、とりあえずあちこちで言ってるけど「風立ちて」が最高傑作。一作目も凄くよいけど。
 私的には二作目の余韻にひたりつづけるのが一番幸せのような気が……。
 けど、まあ、とりあえずは「北海魔行」までは傑作といえますので。
 それ以降については責任もてません。

172 :sage:02/05/01 01:50
俺はクリストファー・リーの「ドラキュラ」から吸血鬼にはまり、
菊地秀行氏の「吸血鬼ハンターD」を読み始め、
「FromDuskTillDawn」と「ブレイド」で銃と刀で倒せる吸血鬼に傾倒し、
「ヘルシング」で更に吸血鬼にはまったかなあ。

まあ、俺の仲では吸血鬼とは血を吸う鬼なわけで、
西洋の古典的な貴族風の奴よりはノスフェラトゥとかの方が好みですな。
ラノベでは「CoolDown」が結構好きだったりする、B級映画のノリがたまらん


173 :イラストに騙された名無しさん:02/05/01 02:06
菊地氏が、原作「吸血鬼ドラキュラ」を
菊地流に書き起こした奴は結構、おもろかた。

174 :イラストに騙された名無しさん:02/05/01 10:34
小野不由美 「屍鬼」
日本版ってところでしょうか

175 :イラストに騙された名無しさん:02/05/01 10:35
吸血鬼と90式、どっちが強いですか?

176 :イラストに騙された名無しさん:02/05/01 13:33
「吸血姫美夕」がお勧め

しかし漫画ではありません。TVアニメシリーズでもありません。
OVAです

177 :イラストに騙された名無しさん:02/05/01 13:35
「夜明けのヴァンパイア」(ハヤカワ文庫)

178 :イラストに騙された名無しさん:02/05/01 13:45
既出かもしれんが、「ドラキュラ紀元」シリーズもなかなか。
ドラキュラがヘルシングに勝った世界のお話だ。
イギリスの実質上の国王がドラキュラなのさ〜。

ああ、シリーズ最新刊読んでないなあ…。

179 :イラストに騙された名無しさん:02/05/01 14:45
電撃文庫、古橋秀行の『ブラッドジャケット』は
吸血鬼物だよな。
降魔局認定超ド級聖人・ハックルボーン神父は
俺の中ではアンデルセン神父と並ぶ二大神父サンです。

180 :イラストに騙された名無しさん:02/05/01 18:00
>>178
巻を追うごとにどんどん間が抜けた話になっていくのもよし(笑)

181 :イラストに騙された名無しさん:02/05/01 22:40
吸血鬼が十字架を恐れるのは、神の力を恐れてだと思うんだけど
十字架って一種の偶像崇拝じゃないのか? と思ってしまう今日この頃。

182 :sage:02/05/01 23:57
>181
人の想念は物質に力をあたえるのです。
大勢の人間が長年駆けて溜め込んだ意志は力を持つと言ってみたりする

183 :イラストに騙された名無しさん:02/05/02 00:24
偶像崇拝>
完全抽象概念を崇拝する信仰は、一般市民へのアピール度が低いのです……と言ってみたりする。
でも事実カソリックだと聖像だの聖画だの豪華教会だのが頻出して、完全に偶像崇拝状態ですよねえ。『血の涙を流すマリア像』なんてその最たるものでしょう。
プロテスタントはよりシンプルにいこうとしてるわけだけど、その分精神的な拘束が強いのもまた事実……(アメリカの国教みたいなもんだし)。

物質崇拝は宗教の本質だろ、と自分は思ってます。
禅宗にしたって、入り口のあたりだと偶像や画の助けを使うことが公認されてるわけですし。イスラム教ではコーランが崇拝対象だし。

しかし、吸血鬼退治といったらやっぱりカソリック司祭じゃないと迫力が出ないなあ(笑) なんといっても未だに悪魔祓い師のライセンスを出してくれる宗派ですもんね。
プロテスタント系の神父様が吸血鬼退治、なんていったらものすごく弱そう。
やっぱり宗教的脅迫概念とゴシック的キリスト教呪術に凝り固まったカソリックじゃないと、闇の貴族のお相手には相応しくないはず。
十字架というのは神の力を発言させるのに必須のデバイスなのです…… というような表現にしとくとラノベっぽいかな?

100さん>「あなたが吸血鬼と思うものが吸血鬼です」
むちゃくちゃいさぎいいですね(笑) そのまんまラノベのセリフに使えそうだ。このスレで吸血鬼退治をやるんだったら、確実に100さんが退治役でしょうね。
それにしたって『吸血』なんだから、血をすってもらわないとその名で呼べない気がするんだけど……
単に美形or美女で神秘的な属性を付与したいときの名前にされてる気がするんですけどー吸血鬼ー。

ここでモンスター的な吸血鬼を出したらウケるか…… って言ったら、ウケないだろうな。
単なる巨大トカゲのドラゴンがウケないのとおんなじで(苦笑)



184 :イラストに騙された名無しさん:02/05/02 00:39
「もしかしてヴァンプ」とかゆー少女漫画が昔あったな。
結構人気があったと思う。
ヴァンパイアラブコメディ

185 :イラストに騙された名無しさん:02/05/02 00:41
J-BOOKSのミッドナイトマジックだと思うけど、吸血鬼物だっけ?

186 :イラストに騙された名無しさん:02/05/02 00:45
>185
おいおい、あれはちょっと・・・

そういやダレンシャンも吸血鬼ものやね。

187 :T・S:02/05/02 02:53
 >>183
 プロテスタント系の悪魔祓いっていうか、化け物退治なのがヘルシングですねぇ。
 まあ、キリスト教の世界も色々あるみたいだから、何処かに悪魔祓いが似合いそうなプロテカテンスの分派もあったっていいかも。
 浄土真宗にも呪術を伝える一派があることだし。

 それと、細かいツッコミだけど、プロテスタントでは「牧師」だと思う。
 でもクロノクルセイドだっけ? ドラマガで連載しているマンガ。
 あれは聖マルガレータ修道会が悪魔退治やってて、いかにもカトリックぽかったけど「牧師」って…。
 そう言えば、ギリシャ正教とかの吸血鬼ハンターはどうだろうと思ってみたり。
 吸血鬼の弱点の中には、一応イコンもあったし。

>ここでモンスター的な吸血鬼を出したらウケるか…… って言ったら、ウケないだろうな。
 
 んー。
「不死者あぎと」には、ランスイルっていう姑獲鳥みたいな吸血鬼がでてくるけど、あんな感じにしてみたら面白いかも。

 >>185
 そーいえば、そー言う作品もあってですね。
 二作目か三作目までは読んだ覚えが。
 よく覚えてないですけど。
 ……女の子に振り回される、人のいい吸血鬼の兄ちゃんの話でしたっけ?
 

188 :T・S:02/05/02 03:01
訂正
プロテカタンス ×
フロテスタンス ○

だから添削してからレスしろって、自分…。

「不死者あぎと」も何度も出してるなぁと。
自分的に好きな作品はどうしても……。

189 :イラストに騙された名無しさん:02/05/02 05:45
このスレってもう1はいないような気がするけど

190 :100:02/05/02 06:39
>183
あーアレです、むしろ最初に吸血鬼発見して吸われる役です(w

つかカトリックって悪魔払いのライセンスなんか出してるんスか……すげー、初耳ッス。

>189
1さんは……いないでしょうねぇ。

191 :T・S:02/05/02 09:09
 >>190
 ライセンスっていうか、任命制っつー話ですが。
「不死者あぎと」(こればっかりや!)に書いてある以上は知らないけど。
 一応ネットでキリスト教と悪魔祓いで検索かけたら、ローマ教会典礼定式書にやり方とかが定められて、現在でも行われているそーで。

 ついでに処方はこんな感じ。
 ttp://www.finito-web.com/fool/ekuso.htm

192 :イラストに騙された名無しさん:02/05/02 12:41
「月姫」は同人では?

193 :イラストに騙された名無しさん:02/05/02 12:56
同人エロゲーだな。

194 :100:02/05/02 22:12
ドラキュラ紀元を借りてまいりました。
初っ端からセワード氏が出てきたので萌え。
GW中に読破しようと思います。

>191
にゃるほど、つまりカトリックの神父さんになってればそのうちお鉢が回ってくると。
……新手のリストラですかね(w

195 :T・S:02/05/03 01:20
>>194
ん? いや、そー言うんじゃないと思うですけど。
上にあげている漫画の薀蓄をまるごと信用することにして書くと。
悪魔祓いについては1999年にさらに改訂されていて、神学、悪魔学、心理学を修めていることが条件。
何故ならヴァチカンに依頼される悪魔祓いの仕事の98%が心の病とか気のせいだったりすると、とうのヴァチカンが認めているそうで。
本当に悪魔憑きかどうかを見極めないといけないんだそーで。
さらに冷静な判断を義務つけられるため、中年以上の年齢でなきゃダメなんだそーで。

どーでもいいけど、プロテスタンスじゃなくてプロテスタントだよね…。
なんてーかさぁ…。

吸血鬼退治の方法に、魔術で瓶に閉じ込めるってのがあったなぁ……。


196 :イラストに騙された名無しさん:02/05/03 01:42
ウイルス系の吸血鬼は、医者や研究者がハンターになるのかな?やだなやっぱリ。
個人的には吸血鬼は悪霊憑きで、血を吸うときにその悪霊のエッセンスを犠牲者に与えることで伝染していくと思ってる。
この方法なら、悪霊のエッセンスが必要だから手当たり次第に噛んでゾンビのごとく増やすという節操のないことが出来ない。



197 :イラストに騙された名無しさん:02/05/03 20:52
T・S様>牧師
あーそうだったー(汗
ごめんなさい、どっちか分かりませんでした。学校にはいっぱい居るのに。

悪魔祓いの名を借りた幼児虐待って結構多いといいますしね。
妖魔夜行なんかには「悪魔そのものよりも悪魔祓いのほうが危険だ」なんてそのものずばりの発言もありましたし。
大体、聖書に存在が明記されて無いも同然の『悪魔』が、どうしてこんなに存在感をもって語られてるんだろう。

瓶に閉じ込めるって、なんかランプの魔人みたいですね。
アラビアンナイト系の吸血鬼だったらそれっぽくていいかも?

91 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)