2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

林真理子の小説について語ろう

1 :無名草子さん:02/05/02 11:13
私生活よりも、その作品の是非について語るスレッドです。
冷静な書き込みの出来ない方は、ご遠慮願います。

前スレ
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1007553818/l50




2 :無名草子さん:02/05/02 11:17
2

3 :無名草子さん:02/05/02 12:23
3

4 :無名草子さん:02/05/02 12:38


5 :無名草子さん:02/05/02 13:07


6 :無名草子さん:02/05/02 13:08
ロク

7 :無名草子さん:02/05/02 14:53


8 :無名草子さん:02/05/02 15:07


9 :無名草子さん:02/05/02 15:25
うわー、すごい分かりやすい荒らしだね(苦笑

私は「本を読む女」が好きだなあ。
子供の事は書かないって言ってるけど
真理子母・林真理子・その娘の三代に渡る葛藤と愛(笑)の
物語でも書いてくれないかと、実は期待している。

10 :無名草子さん:02/05/02 16:37
やっぱお受験小説でしょ。
お受験業界に群がる母親と子供と・・・
林真理子の意地悪さをもってすれば、絶対いけると
思うんだけど

11 :無名草子さん:02/05/02 16:59
獣医痴

12 :無名草子さん:02/05/02 17:26
重荷

13 :無名草子さん:02/05/02 17:38
「本を読む女」と「葡萄が目にしみる」は、アンチ林の人でも、
なかなかいいと言う。
自分はまだ読んだことないけど、「本を読む女」は、
某国営放送局の学生向け放送コンテストの朗読課題になってたらしい。

14 :無名草子さん:02/05/02 17:40
ブーブー

15 :無名草子さん:02/05/02 17:42
(´・ω・`) 人が少なすぎてショボーン…

16 :無名草子さん:02/05/02 17:49
「葡萄が目にしみる」は、正直まだ拙いなあと思った。
でもタイトルのつけ方はうまいね。
やっぱりコピーライターだったから?

17 :無名草子さん:02/05/02 17:55
>16
そうそう、林真理子の小説は、拙さが目に付くという印象がある。
先が読めてしまうところがあるし、表現も陳腐なものが多い。
自分は、わりに評判のいい、
「葡萄・・」「本を読む女」「白蓮れんれん」は読んでないので、
小説全体については何とも言えないのだが、
「本を読む女」はちらっと見た感じ、なかなかいい気がした。

18 :無名草子さん:02/05/02 18:03
ブヒブヒ

19 :無名草子さん:02/05/02 18:04
>17
読んでから発言すれば?

20 :無名草子さん:02/05/02 18:09
ミカドの淑女、挙がってないね。
私はあれはうまい、と思ったなあ。
下田歌子のスキャンダルにからんで平民新聞に名前を出された博士が
神経衰弱になる辺りとか、平民新聞に乗り込んでいった隠田の行者を
幸徳秋水がのらりくらりとかわす会話とか面白かったよ。

21 :無名草子さん:02/05/02 19:54
教えてチャンで申し訳ありません。
以前浅羽通明が、林真理子の、「ブスで引きこもりの女子大生が、
近所の貸し本屋で通俗小説ばかり読んで大学時代を過ごすが、
そのおかげで大衆心理というものを理解し、コピーライターとして
成功する」
といったあらすじの小説を紹介して非常に褒めていたのですが、
その書名はわかりますでしょうか……?林真理子といえば何となくバブリーなイメージなので、コンサハ現場主義の
浅羽が褒めているのがちょっと意外で興味を惹かれたのですが。

22 :無名草子さん:02/05/02 22:00
煮獣尼

23 :無名草子さん:02/05/02 23:05
尼獣胡散━━━━━━━━━━━(=゚ω゚)ノ━━━━━━━━━━小説語って語って!

24 :無名草子さん:02/05/03 00:57
21さん、
それは「星に願いを」かな?ちょっと話は違うけれどいけてない女が(確か就職
活動に失敗して無職)ぼろいアパートの隣人がコピーライター教室に行ってるの
を発見し、これなら自分でもできると思い行き始めて芽が出るというサクセス
ストーリーかな。

私は林真理子の「人の意地悪さ」を書いた作品が好き。カルトにはまる「紫色の
場所」はマイナーだけど面白いよ。確かにお受験にはまる親とか書いたら絶対上手だと
思う!でも子供がある程度大きくなるまで書かないかな?
選挙にはまる人達の滑稽さを上手に描いてたので(作品名:幸福御礼)お受験に
はまる人や親のミエなど書いてもらいたいね。

人の「見栄っ張り」な部分を彼女以上に上手に的確に表現できる人はいないと
思う。

25 :21:02/05/03 01:36
>24さん、

おお、おそらくそれです。「星に願いを」という書名に聞き覚えが。
浅羽の紹介文自体もうろ覚えだったので、不安だったのですが、
お答えくださってありがとうございました。

見栄っ張りを書くのが巧いのは、作者自身が非常に見栄っ張りだから
なんでしょうかね?しかしそれだけではなく、そういう自分を客観的
にみつめることも出来る人なのかなぁ。だから浅羽、中野翠といった
地に足がついたコンサバな価値観の批評にも耐えうるのか?ま、とりあえず教えていただいた「星に願いを」を読んでみます。

26 :無名草子さん:02/05/03 18:08
>>24
うん、絶対にお受験小説書いたら上手いと思うんだよなあ。
噂に踊らされて、情緒不安定になるサラリーマン妻
同じお教室で、友人だと思っていたのに、裏で悪口をばらまいていた人、とか。
「あの人は代々○○だから絶対余裕よ。」と言われていたのに、夫の会社が
破綻した元お嬢様、とか色んな人間模様。

でも、子供が中学くらいになるまでは無理かねえ。

27 :無名草子さん:02/05/04 01:28
子供のお受験がちょとカラんでる話、あったよね?
タイトル忘れました。母親同士が大学の同級生で・・・

28 :無名草子さん:02/05/04 01:32
>>27
「胡桃の家」に入ってる「女友達」って短編だね。
あれは怖かった。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)