2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★コン・ティキ号探検記を語ろうよ★

1 :無名草子さん:02/04/19 14:13
オスロからの報道によると、人類の移動の足跡を探った筏(いかだ)
「コン・ティキ号」による南太平洋の実験航海などで知られる
ノルウェーの探検家で人類学者、トール・ヘイエルダール氏が18日夜、
脳腫瘍(しゅよう)のため北イタリアの別邸で死去した。87歳だった。

ヘイエルダール氏は、1947年、コン・ティキ号により南米ペルーから
ポリネシアまでの約7900キロを101日間かけて航海することに成功し、
一躍脚光を浴びた。

本の内容や、プロフィールなど。
http://www.chikumashobo.co.jp/cgi-bin/books_search.cgi?mode=det&keyword=ISBN4-480-03169-3
http://www.nhk.or.jp/future/room/teacher/p10.htm

2 :無名草子さん:02/04/19 15:46
ヘイエルダールー!!(T^T)
リレハンメルの開会式の時は元気に出てきてたのに、なあ〜〜〜。

「コン・ティキ号漂流記」は全くの名著だったよ!

3 :1:02/04/20 14:11
>>2
おお、同志がいたか、、、

「コン・ティキ号漂流記」を読んだ事ある人っては、少ないんだよね。
ポリネシアの無人島に漂着する場面が最高に興奮したなあ。

4 :無名草子さん:02/04/20 19:24
イカの群れが筏の上をぴゅんぴゅん飛び越えていった、
という話がありましたよねえ…?

5 :無名草子さん:02/04/20 22:44
あと、甚平鮫とか。

ともかく、合掌。

6 :無名草子さん:02/04/21 00:52
特殊な網でプランクトンをすくって食べた
という描写でかなり衝撃を受けた。
「えー、プランクトンって食べれるの!」って
虫という認識だったもんだから・・・
小4のとき課題図書かなんかで読んだんだけど
すっごく面白かったのを覚えてる。
面白くて感想文の筆が進んでトントンと県知事から表彰状を頂いたりした。
自分でも「面白かった!」ていうのを
純粋に表現できていたなぁと思う。
懐かしかった・・・ご冥福をお祈りします。


7 :かおりん祭り ◆KAORinK6 :02/04/21 01:28
∋oノハヽo∈ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ^▽^) < 新スレおめでとうございま−す♪
= ⊂   )   \_______
= (__/"(__) トテテテ


8 :RHIZO:02/04/21 02:28
20世紀最高の文化人類学者だったと思う。
この人を研究者と認めない、頭でっかちの文献研究者が1000人集まって
もこの人の生きた学問に及ぶ事は無いだろう。
このような人が、現れず、また、現れる素地も無い現代社会の学問的な
閉塞は、今後も続くのだろうか? 悲しい事だと思う。


9 ::02/04/21 02:50
>>7
こんな所にも、かおりん祭りが、、、

10 :◆MooncgsQ :02/04/21 12:00
おおお、懐かすぃ
小学館の児童文学全集に載ってたのを読んだっけ。
うーんと、確か船に棲みついた蟹に付けた名前がヨハンネス!あとは・・忘れた(笑

11 :無名草子さん:02/04/21 14:20
フンボルト海流に、ほんとに大ダコはすんでるの?
それは船が気をつけなきゃいけないものなの?

12 :無名草子さん:02/04/21 14:21
それはそれとして、彼の学説は結局ボツになったとかならないとか

13 :無名草子さん:02/04/21 14:21
>>8
ハア?
確かに身をもってフィールドワークしたのは認めるけど、南米から太平洋に
人類が拡散したっていう説はまゆつばもいいとこ。人類学者っていうよりは
探検家とかのほうがいいんじゃないの。

14 :RHIZO:02/04/21 17:10
>13
正しい、正しく無いの問題では無い。それを言うなら、当時の文献学者の
説の大半は、今日の遺伝学的研究によって大幅に修正、改定されている。
一つのダイナミックな方法論を提示したという点において、最も偉大な
人類学者であったと、私は評価している。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)