2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

読書感想会(大マジ)いかが

1 :対象者は30代以上:02/04/02 12:37
一般書籍板でオフ、というのはどうなんでしょう。
引きこもりの方は板の上で参加。
読む本はその都度、いつ催行するかは適当。

目的は老後にむけて茶のみ友達をつくろう!(藁)です。
参加者いるかなぁ、、、

2 :無名草子さん:02/04/02 12:40
ジャンルが…

3 :対象者は30代以上:02/04/02 12:40
自分の趣味と合わない本を「これ読んで感想言え」って
押し付けられる経験って大人になったらないよね。
たとえば私は京極夏彦は読んでも柳美里は読まん。

4 :対象者は30代以上:02/04/02 12:41
>>2
君の読むジャンルは何?

5 :財前一族:02/04/02 14:00
参加きぼん

6 :無名草子さん:02/04/02 16:34
場所は?

7 :古本屋店員A:02/04/02 17:19
短編の読書会ぐらいなら成立しそうだな。
どうせ10人も集まらないんだから、幹事するのも楽だぞ。
誰かやってやれ。

8 :無名草子さん:02/04/02 17:20
場所は沖鳥島な。サバイバル

9 :無名草子さん:02/04/02 18:24
場所は焼き鳥や

10 ::02/04/02 18:55
しばらくレスがついてなくて焦りました。。
そうですね、場所、読む本、議事の進行方法などなどを含め、
まずはマターリとここで話してみましょか。人生は長い。
古本屋店員A氏が来て下さるのなら心強いです。
さて、バクゼーンとした試案をまとめますか。(実施は夏ごろになりそう?)

読む本:短編
コンセプト:サバイバル
店:焼き鳥屋

11 :9:02/04/02 19:11
>>10
焼き鳥やはまじめに書いたんじゃないんで、試案にふくめなくていいです!
本に臭いとか汁とかつきそうだし。

12 :無名草子さん:02/04/02 19:21
9は30代?
なんとなく口調が大学生ぽくて(・∀・)イイ!!

13 :9:02/04/02 20:47
>>12
30代じゃぬぁ〜い!先月まで大学生。

14 :無名草子さん:02/04/02 20:51
>9
よく読むジャンル教えれ。

15 :無名草子さん:02/04/02 21:39
冒険小説の類しか読まないけど、参加できるかな?

16 :無名草子さん:02/04/02 21:40
冒険小説ってどんなものですか?
探検モノ?

17 :15:02/04/02 21:52
>16 そーゆーのもあるけど、戦争物、スパイ物が多いかな。

18 ::02/04/03 00:03
冒険小説氏、マターリとやりましょうや。
そうか、焼き鳥屋はセカセカしてるしな。
30代以上、と限定したものの、君もここ気になるのかい?>9くん
そういや「なんとか読書会」とか図書館の一室借りてやってるな。

19 :9(うっかり9兵衛):02/04/03 00:09
>>18
>30代以上、と限定したものの
失礼しやした。気付いてませんでしたYO。ちなみに私が好きなジャンルは
旅ものです。小説とかエッセイとか関係なく。


20 :古本屋店員A:02/04/03 03:12
>>10
行くのはいいけど、オレ関西在住だぜ。
東京でやるんなら、二ヶ月ぐらい先にしてくれ。
予定立てないと無理だ。
ついでに、三十代以下だ。

21 :無名草子さん:02/04/03 09:41
ちなみにここらへんが有名な読書感想文サイト

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/elasoni/

http://maromaro.com

http://sy.vis.ne.jp/

22 :無名草子さん:02/04/03 10:06
宮部みゆきで知った、時代小説にハマってます。


23 ::02/04/03 11:47
関西でも行いましょうよ。いつか。
2ヶ月とはいわず、2年以上先でもいいじゃないですかマジで
30代以上、と限定したワケはですね。
生活にそろそろ疲れ、仕事もなんだか閉塞感を感じ、古い友人とは
疎遠になり、家族もそれぞれの趣味に没頭している。
さて、自分はお手軽な読書でもやって時間をつぶすか、ゲームは
目を悪くするしな。昔読んだ本はワクワクしたなぁ、、
それに、最近は感動を人と語り合う、なんてことも減ったなぁ(詠嘆
という年代だからです。この読書会の趣旨が判っていただけますか。

読書感想文つーのは課題図書の選択がむずかしいやね。

24 :無名草子さん:02/04/03 16:01
生活疲れにも、仕事の閉塞感にも慣れ、
まあ楽しくやるかと開き直った、40代もいいですか?
しかも、東京より3000キロ南ですが、日本です。
ムリか

25 :無名草子さん:02/04/03 16:07
オフといえば東京、という前提でですね、物事が運ばれるというのは、
私はですね、いかがなものか、と思いますよ?
たとえば10年後、程よく醸成されたムネオハウスにて、
というのでもアリなのでは?! 委員長。

つーか、3000キロ南の24さんって
島の人だよね、本屋さんとかローソンとかあるの?

26 :西東京在住:02/04/03 16:09
凄い。ヤハリ2チャンですね、
全国津々浦々からカキコしている、という。
30目前の女子も参加よろしいでしょうか?

27 :24(島の人):02/04/03 16:23
本屋さん・図書館使えるのなし。
ローソン・セブンイレブンなし。
あるのは、ファミマにネットで通販。情報僻地です。


28 :古本屋店員A:02/04/04 01:43
関西なら、一週間も準備期間くれたらすぐに開けるけどな。
課題図書決めて、公民館の部屋借りてくればいいだけだし。
部屋代はどうせ5000円もしないだろうから自腹切るよ。

課題図書は短編を二つか、三つ。
参加者が一人一つ課題図書を推薦。
あとは話し合いとか、人気投票で決定。

29 :2です:02/04/04 07:30
関西なら参加したい!
けど小さい子いるから無理か。。。


30 :24(島の人):02/04/04 11:01
泡盛片手に板上参加、できるかな?
関西でも、東京でも来年3月にしか予定できない。(一年も先、スンマセン)

31 :無名草子さん:02/04/04 16:52
関西って大阪ですか?>28

32 :無名草子さん:02/04/04 18:16
6です。関西参加キボンです。

幹事さん(>勝手に決め込んでる(w
の古本屋店員Aさん、メアドさらしてください。
メル出します。

33 ::02/04/04 18:20
漏れはフリーメアドとりました。もしよければメールください<m(__)m>
>幹事さん=古本屋店員Aさん

34 :古本屋店員A:02/04/04 23:41
お前ら行動早すぎ(w

>>29
小さい子はベビーシッターか、親戚か、友達か、親か(中略)に預けろ。

>>30
来年にまたネタフリしろ。

>>31
間違いなく大阪。たぶん、使い慣れている弁天町の部屋を借りるはず。

>>32=6
あー、はいはい。
幹事で結構。
furuhon-a@mail.goo.ne.jp

35 :古本屋店員A:02/04/04 23:50
【読書感想会オフ@大阪】

日   時: 未定。5月の日曜日の昼から夕方ぐらいでいいだろ。金曜日でも可。
場   所: 大阪のどこかの公民館。
参加人数: オレが仕切れる範囲内。
課題図書: 短編を二つか三つぐらい。語り込めそうな奴。推薦募集。
幹   事: いいかげんなレスで一般書籍板を荒らす古本屋店員A。
連 絡 先: furuhon-a@mail.goo.ne.jp

36 :2です:02/04/05 00:18
5月は自分も家族も忙しく、
日曜は託児所も休みですんで正直厳しいです。

日程があえば参加ってことで。

37 :古本屋店員A:02/04/05 00:24
>>36
んじゃ、何曜日の何時ぐらいなら行けそう?
別に日曜日でなくてもいいわけだし。

38 ::02/04/05 00:27
うそみたいなホントの話だが、私は大阪城下○○堀住まいだったりする。
が、残念なことに5月には帝都に引っ越すです。
雑多な用事が入っておりもしも大阪でやるなら、参加できるのは
5月17日(金)のみ。もしその日に行われるのなら参加キボンヌ。

課題図書だが、、、
>語り込めそうな奴。
誰もが一度は聞いたこと、読んだことがある、流行モンじゃないやつってことで。
「かもめのジョナサン」はどうだ? 深いはずだ。

宗教やってるヤツ、ある特定の思想、哲学に傾倒してアツく語るのはいいが、
くれぐれも「勧誘」はするなよ(わらい
目的はあくまでかるーい「茶のみ」話だ。

39 :2です:02/04/05 00:32
平日の午後17時ごろまでなら
会社大坂市内なんで半休とって行けるかも。
って激しく勝手でしょ?

40 :無名草子さん:02/04/05 13:13
東京では夏やるってこと?

41 ::02/04/05 13:24
まあまあ、焦るらずともよいではないですか。
島の人のおかげで、我々には来年の予定もできたことですしね。
26の西東京在住○○才女子氏も、いきなりの2ちゃんでのオフは躊躇する
やもしれませんでしょ? まずは板上でじっくり互いの読書傾向なぞを
つれづれと語ったりしようではありませんか。ね?

例えば、、島の人氏は情報僻地にお住まいですが、アレですかね、
やっぱり自然の中におられると読む本の傾向も変わりますか?

ん?うっかり9兵衛はどこいった?

42 :島の人:02/04/05 21:25
>1さん お気遣いありがとうございます。
来年の春休みなら東京でもOKです。

電車に乗らない(電車なし)ので読書時間が減りましたね。
真夏はミステリーなど刺激の強いものでないと
暑さで頭がボーっとしてきます。長編はダメです、これは5月まで。
スジがわからなくなる。
高村薫ならクラクラしながら読んでしまいますが。

中南米ものが、雰囲気としてはピッタリきます。
ムッとした熱帯の香りの中では、現実と空想の境目が曖昧になってきます。

まあ、こんなのが前から好きなので
こっちに住むことにしたのですが・・

現在は熱帯夜が始まる前にと、あせって『指輪物語』読んでます。
皆さんは今はどんなものを読んでらっしゃるのでしょうか?

43 :無名草子さん:02/04/05 21:32
>>42
昨日ヒマだったので、買っておいた宮部みゆきの「あかんべえ」を
読みました。彼女の本は、本当読みやすいので助かります。
今は、山崎一夫&西原理恵子の「たぬきランド3」です・・・・。スマソ。

44 :無名草子さん:02/04/05 23:32
>42
ナンシー関と町山広美の対談集「堤防決壊」読んだよ。(ナンシースレ住人)
対談集は、頭使わなくてもいいし、話がアチコチいって
僕は読みやすいです。硬い本も読まなくちゃな〜
指輪物語かぁすげーなー

45 ::02/04/07 04:07
暑さで筋が追えない、なんていう世界が日本にあったんですね。
いっそホラーなんかいいのではないでしょうか?
わたしはミステリ読みです。しかし、最近はフィクションが
肌にあわず、なんか関が原の合戦前後の歴史モノ読んでますね。
「城塞」とか。宮部みゆきは先日「火車」読みました。
この人の時代物はまだ読んでないな。

46 :15:02/04/07 06:24
自分も時代小説は嫌いじゃないけど、どうしても伝奇、アクションの味付けした
ヤツばっかりですな。南原幹雄とか一応お勧めなんですが。大店が財力をバックに
日本支配を企んだり、薩摩藩が建設した軍事要塞を幕府の隠密が破壊したり、
東北六藩の謀反を防いだり・・・どうも時代小説版007て感じがなかなか。
知り合いに勧めたら、軽い!と一蹴されましたが・・・


47 :島の人:02/04/07 08:01
皆さんいろいろなものを・・
ゆっくり書き込みたいので、また後で来ます。


48 :島の人:02/04/07 12:05
>43
宮部みゆきは「火車」が印象的でした。スラスラ読めるので、夏のアイテム
にしています。レベル7も楽しめました。
この人の時代ものは私もまだ読んでません。

>44
ナンシー関は未経験です。友人で全てを読んでいるのがいますが・・・
「指輪」は3度目の挑戦です。
古い文庫のバージョンで読んでますが、序章を飛ばし
本題から入ってみました。一巻目の最後くらいから盛り上がり
あとは引き込まれました。
序章がやっかいなようです。流れにのると中断する方が苦痛になるくらい
のめりこめます。内容は10代でも理解できますし、
巨大な力を捨てるというテーマは、大人でも魅力があります。
SFが苦手でなければオススメできます。

>1さん
ホラーもミステリーもかなり好きです。
情報僻地の悲しさで、
図書館でスティーブン・キングの「ザ・スタンド上」を借りて
読み、下 が一年たっても入荷しません。トホホです。
下 だけ買うか思案中。

>46
時代小説版007 全く未知の世界です。007は青少年の頃の愛読書でしたが・・
近そうなものでは、山田風太郎などかそうでしょうか?
この人は結構荒唐無稽かなと思ってましたが
それ以上な様子。
「南原幹雄」探してみます。

49 :15:02/04/07 14:02
>48 山田風太郎みたいに、SF的な荒唐無稽さじゃないんですが時代小説なのに
  設定がなんか現代風なんですね。上記にもあるとおり悪役で大店が出てくる
  んですが、私設軍隊持ってたり、日本各地の支店を通じて主人公を窮地に
  陥れたり・・・主人公も幕閣中枢しか知らない秘密機関に所属してて
  剣だけじゃなく、錠前の破り方とか色んな事が出来たり・・・
  最近は作者もこーゆーのは書いてない様です。やっぱりまともな時代小説
  じゃないっていう後ろめたさもあるんでしょーか。それはともかく、こんな
  のばっかり読んでたんで、普通の時代物にはついていけません・・・

50 ::02/04/07 14:28
おおぅ。なんか面白そうだな。それは単なるトンデモ本とも違うような。
15氏はまた、いったいどんなキッカケでそういう方面に手を伸ばされたのですか?
確かに普通の時代物とは、、かなり、、、
「もしも小早川秀秋が寝返らなかったら西軍が勝ったか?」
みたいなものとは相当違いますね。
新本格のガチガチのミステリを読みすぎて、宮部みゆきみたいな
フツーのミステリがもう読めない体になってしまった私のよう。
(レベル7は明日仕事があるのに明け方までイッキ読みしてしまいましたよ)

>大店が財力をバックに
日本支配を企んだり、薩摩藩が建設した軍事要塞を幕府の隠密が破壊したり、
東北六藩の謀反を防いだり・・・どうも時代小説版007て感じがなかなか。

んーむ。確かになかなか(笑)私も手を出してみようかなー
作者の後ろめたさ、ではなくて、そういう骨のあるテーマ(笑)つーのは
発想がすべてで、ネタ的に難しいから書くにも書けないのでは?
と、読んでもいない初見の作家についてあーだこーだ研究してる私ですが、何か?

>巨大な力を捨てるというテーマ
これ、気になりますなぁ。。

51 ::02/04/07 14:29
>43氏
これはいったいどういうご本なんで?
>山崎一夫&西原理恵子の「たぬきランド3」
んー。想像つかんぞ。

52 :15:02/04/07 15:09
>1 史実の改変はないですね。変えない範囲で好き勝手にしてるって
  感じもなくはないですけど。はまったキッカケは「灼熱の要塞」って
  題にひかれて・・・(隠密が薩摩の要塞を破壊するヤツです)
  騙されたと思って読んでいたらハマって、似た様なのを読みあさり
  ました。今まで読んだ印象では忍者や隠密の死闘が描きたくて時代
  小説を書いてるのかなって気もします。全然そーゆー活劇のないのも
  書いてるみたいですけど。


53 :島の人:02/04/07 16:56
ますます気になりだしました。
南原幹雄「灼熱の要塞」でいいんでしょうか?
できれば、出版社も教えて下さい。

「指輪物語」はその指輪をはめる人の技量によって、世界制覇も可能な
力を保持してしまう。という魔力のある指輪を捨てる旅に出る冒険旅行です。
第二次大戦中にかき始められ、戦後に終了した壮大な物語です。
作者は指輪と核の関連性をみとめてはいませんが、
巨大な力に対する批判は確実に存在します。


54 :15:02/04/07 17:05
>53 「灼熱の要塞」は集英社から、ハードカバー、文庫で出てます。

55 ::02/04/07 19:21
http://www.alc.co.jp/members/jidai/jdread11.html#yos
↑によると、なんかイッキ読みできそうですよ。灼熱の要塞。
面白そうな本を紹介してくださって、ありがとう。
島の人氏、いかがです?この夏、熱帯夜で眠れぬ夜に読む、というのは。
私も探してみよう。

そうですか指輪を「捨てる」旅。
物語というのはパターンとして何かを「求めて」冒険するものだ、
と思っておりましたので、その辺が意外でした。超大作RPGみたいですね。
私はこういう本を手に取る気持ちの余裕、今はないな。

56 :うっかり9兵衛:02/04/07 21:51
みなさん面白そうな本を読んでいらっしゃる。


57 :無名草子さん:02/04/09 02:56
ミステリーお勧めありませんか?

58 :島の人:02/04/09 14:39
>
53

59 :島の人:02/04/09 14:52
↑失礼しました、不用意にクリックしてました。
あらためて
>53 灼熱の要塞 見てきました。
たしかに寝苦しい夜を快適にすごせそうな様子ですね。

>57
どんなタイプのミステリーがお好きですか?
オーソドックスなところでしたら、「灼熱の要塞」の説明にもあった
「ジャッカルの日」などは、文句なしに面白いです。

日本人の作家なら、高村薫はいかがでしょうか。
私は「マークスの山」で、すっかりはまりましたが
好き嫌いもあるようですね。

宮部みゆきの「火車」はいっきに読めます。

翻訳ものでしたら、スティーブン・キングやロバート・マキャモン
も楽しめます。
年齢とか好みの傾向がわからないと一口にオススメというのも
当り障りのないものになってしまいますが・・


60 ::02/04/10 16:35
トリック研究会とか面白そうだな。

61 ::02/04/11 11:07
島の人氏、指輪物語どのくらいまで進んでおられますか?

62 :島の人:02/04/11 11:18
新しく出た文庫はかなり何巻もあるようですが、
私のは古いバージョンで全6巻で4巻目の半分くらいです。
早く進みたいような、終わるのがおしいようなといったところです。

63 ::02/04/11 14:10
読書会分科会しませんか、メールいただけるとうれしいです。
ochanomi@mail.goo.ne.jp

64 :島の人:02/04/12 21:18
>1さん
出入り自由の匿名性は2chの魅力でもあります。
下げ進行ではどうでしょうか?

65 :古本屋店員A:02/04/13 22:43
一般書籍板でsage進行なんて始めてだな。

>島の人
旧版指輪物語なんてよくよめるね。
オレは、一回通して読んだだけで、売り飛ばしたよ。
あの字の細かさにはほんとまいった。
ブームが去ったころに新版を古本屋で買って読み直すつもり。

66 ::02/04/14 21:53
週末東京に行ってまして、ただいま帰阪しました。
sage進行了解です。
が、sageでやってて倉庫入りした板があったもんで。。(笑
明日また書きます。

67 :古本屋店員A:02/04/15 01:37
書き込みがある限りdat落ちはしないから安心してろ。
順位が下だからdat落ちするんじゃなくて、書き込みのないもの、1000逝った奴が
落ちるわけ。

68 ::02/04/15 03:42
そうだったのか。マターリとやることにしよう。
ときに、君は今何を読んでいるんだ?

69 :古本屋店員A:02/04/15 11:20
山形信者として以下の二冊を読み読み中(w

『銃・病原菌・鉄』上巻 ジャレド・ダイアモンド著
『グローバル経済を動かす愚かな人々』 ポール・クルーグマン著

前書は人類史を扱っている。
今読んでいるあたりは、世界各地でなぜ文明が発達したところと、
発達していない場所があるのかという考察。
それには複数の要因がからんでいるわけだけど、一個一個取り上げて
これまでの俗説を叩き潰していくのが快感になる。
amazonでもレビューが多くて楽しいわ。

後ろの一冊は、経済に関する偏見を正そうとする本。
感情論でいい加減な主張をすると恥をかくという仕組みだな。
一番の問題は、このレベルの判りやすい記述でも難しく感じる自分の脳味噌だが(w
しかも、文庫でも出てきたし。

あと、文化批評に興味が出てきたので、
『カルチュラル・スタディーズ入門』ちくま新書
まだ序文ぐらいしか読んでないが、社会現象と斬ったはったをする批評理論らしい(w

70 ::02/04/15 12:25
いやーそんなに面白そうな本を読んで、どこにも感想を発表しないという
ものももったいない。ぜひとも諸君の独断と偏見に満ちた解説を聞きたいぞ。
指輪物語も、それらの本も、私は読む時間が今はない。連休は旅行するしな。

諸君と短編の読書会をこの板で一度催したいと思うんだが、
1〜2時間くらいで読める本か、もしくはweb上の小説でもないかな。
自己紹介がわりに、同じ本を読んで各自がどういう感想を持つのかが知りたい。
島の人の蔵書の中からよさげな物はありませんか。

71 ::02/04/15 12:30
あ、すまないが「山形信者」って何だ?無知でもうしわけない。
それと『銃・病原菌・鉄』とはなぜそんな題名なのだろうか?
ポール・クルーグマンという人は何をやってる人?


72 :古本屋店員A:02/04/16 03:38
>>70
山形についてはこのスレッドを参照のこと。
「山形浩生 XP 2002+」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1012315711/
フリーソフト大好きひねくれ系わりと天才おじさん。
文章が面白いのと、視点が新鮮なので読んでいて気持ちいい。
このひとの各種コラムと書評にはいろいろお世話になっていたりする。

本の感想はねー、別の板でさんざん書いていたりするんだ(w
だから、一般書籍板では、つっこみ入れるだけで割と満足しちまうんだわ。

『銃・病原菌・鉄』は、ある文明が、他の文明を滅ぼすために必要な要素を意味してる。
「何が人間の歴史を動かしてきたのか」とオビ背にあるんだけど、これがタイトル
そのまんま。個人的には、この本は実用書だな。
現代で生きていくためには、人間への視点を持たないとやってられん。
オレって弱い奴だからさ(w

クルーグマンは、アメリカの経済学者。かなり有名。
アジアの通貨危機を予測したことで、すげー見直されるようになったのがきっかけか。
経済は複雑なシステムであって、いろんな現象付き合わせただけでは全容は
解明されないという自明なことを、ちゃんと理解させようと書けるところが凄いよ。
まあ、それだけ経済学に無知なのが経済を牛耳ってるってことなんだろうけど。
日本の政治家と官僚にも読んでほしいね。

73 :古本屋店員A:02/04/16 03:39
読書会するんだったら、青空文庫の奴をなんか指定すればいいっしょ。
ネットで完結しないと、こういうところでの企画は難しいよ。

74 :島の人:02/04/16 15:40
しばらく仕事に没頭してました。
ご無沙汰です。

こちらの蔵書ということですが、
本の入手はだいたいネットでできますので
そういう意味でのお気遣いはなさらないで大丈夫です。

短編なら、暑くなってきたのでガルシア・マルケスを出してしまいますが
皆さん読書傾向が個性的なので、全く別の分野でやるのも面白そうです。
青空文庫といのもいいですね。



75 ::02/04/16 21:26
特に理由はないのですが、手始めに太宰治の『親友交歓』はいかがでしょうか。
http://www.aozora.gr.jp/cards/dazai/htmlfiles/shinyu.html
まずはざざっと読んでみましょう。いや、これでどういうカタチの
「感想」が出てくるのかわかりませんがね。

76 ::02/04/16 21:33
>文章が面白いのと、視点が新鮮なので読んでいて気持ちいい。
これはリアルタイムで2ちゃんにいる方なんだね。ほほぅ。
どういうキッカケでこの人の信者になったのかな?

>現代で生きていくためには、人間への視点を持たないとやってられん。
オレって弱い奴だからさ(w
君とはいつかどこかの板で煽りあったような気がする、、、(笑

指輪物語は、子どもが成長してから一緒に読もうと思っている。
何歳くらいになると理解できると思いますか。


77 :島の人:02/04/17 12:55
太宰治は中学生以来です。さっそく読んでみます。

「指輪物語」は10歳になれば自力で読めるのでは・・
ちなみに我が家の子供9歳は「ハリーポッター」は読んでますが、
「指輪」は古本屋店員Aさんの仰るとおりで文字が小さいため拒否されました。
ポケットゲームの細かい文字には文句は言わないんだが・・

1さんのお子さんは何歳ですか?

78 :無名草子さん:02/04/17 21:59
age

79 ::02/04/18 16:40
私には共感できる小説でしたが、皆さんいかがでしょうか。
さて、筆者を尋ねてきた人物は、いったい何をしに来たんでしょうか。

うちの子はまだ8ヶ月です。紙と髪の区別がやっとついた頃です。
指輪物語までは遠い道のりですなぁ。

80 :島の人:02/04/23 17:06
やっと読みました。

久々の太宰で、酔っ払ったほとんど見ず知らずの人の不快感が
ゾクゾクするほど伝わってきました。
神経を逆なでする文章のウマさはさすがです。
でも、好みを言えば、このリアルな不快感は苦手です。
歳をとってもこれには変化がなかった(笑

8カ月のお子さんでは大変な最中ですね。
思い返すと読み聞かせはよくやりました。というか子守りにかこつけて
そういえばこれはまだ読んでなかったという
興味を引かれる児童書を乱読しました。
自分達の頃には翻訳されていなかったものも多く
また、大人の感覚で読み返すと興味深いものもあり、楽しめました。
1.2歳でも大人が自分のために読んでくれるというシチュエーションが
楽しいようで、内容は子供なりに理解しているようなので長いものを
毎晩少しつつという具合でも大丈夫ですよ。
どうぞ、この機会を楽しんでください。

幼稚園くらいになり、ひらがなが読めると自然に読むようになります。


81 ::02/04/25 11:40
暑くなってきましたね。
こちらもかなり来ています。
逆撫でされましたか(笑)ただでさえさわやかでない気候なのに、
大変なことを強いてしまいました。
これは太宰治の「愚痴」でしょうね。
こういう不快な人間をさらっとクリアできないと、自殺してしまうという。。

なるほど、児童書はいいですね。
学生時代に恩師から言われたんですが「児童書を読むとき、大人は
もういちどこどもになり、成長する」わたし自身は読書など
しないこどもだったので、子どもの読書にかこつけて童話やら古典を
楽しもうと画策しています。

82 ::02/04/26 18:15
連休、留守にします。ネットもできません。
どこかで書き込めたら書きますね。


24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)