2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

衝撃の事実!読書は頭を使わない!

1 :無名草子さん:02/03/26 07:48
あくまでも折れの感覚だが、
趣味として読書する時に頭がどのくらい働いているかというと、
ソリティアやってる時と、どっこいどっこいくらい。
フリーセルやマインスイーパーをやってる時より頭は働いていない。

2 :無名草子さん:02/03/26 07:51
朝からこんなスレたてて…
まったく情けないねぇ、この>1は。

3 :1:02/03/26 07:58
>>2
はい一匹(ワラ

4 ::02/03/26 08:54
おい、誰か書き込んでくれよー。さびしいじゃんかー。

5 ::02/03/26 09:00
あげるっち

6 :1(本物):02/03/26 09:05
>>4-5
お前ら、勝手に折れを騙ってんじゃねーよ。


7 :4=5:02/03/26 09:08
>>6
はい一匹(ワラ

8 :無名草子さん:02/03/26 09:44
習慣的読書に向く作家
 あくまで活字を追う作業、つまりは薄っぺらい内容が良
改めて読書を意識したいときに向く作家
 よし、読むか。とある種の意気込みを抱かせる内容が良
1が云うところのソリティア級読書は前者かと思われ。

9 :無名草子さん:02/03/26 13:44
たとえばどんなの?>>8

10 :無名草子さん:02/03/26 14:13
読書してる最中は確かに、あんまり頭使わないよ。
使うのは、中断したときや、読んだ後。

11 :無名草子さん:02/03/26 16:06
>フリーセルやマインスイーパーをやってる時より頭は働いていない。

ワラタ


12 :無名草子さん:02/03/26 17:06
読書とは、自分の頭でなく他人の頭でものを考える行為である。
読書ばかりしている者は、しだいにものを考える習慣をなくしていく。
byショーペンハウエル(ニーチェだったかも)

13 :無名草子さん:02/03/26 17:11
>12
とりあえず文の隙間を考えたりとか、突っ込みいれたりとか、
ここはこう自分の意見と違うなぁと考える部分をもちつつ読むのはのぞけて。

14 :無名草子さん:02/03/26 17:14
>10
そうかも。
昔マイブームだったのは、ほぼ正反対の主張してる本を読んで
どっちの意見を取るか、または自分の意見を考える事だった。
そん時は頭使ってたきがする。

15 :無名草子さん:02/03/26 17:14
>>13
そういうことって、日常的にやってないか?普通。
読書してるときに限らないだろ。

16 :無名草子さん:02/03/26 17:38
>12
あー、「読書は思考の代用品である」というやつだね。
それ、ショーペンハウエル級の大知識人に限っては有効かも知れんが
凡人にとっては、まず模倣するところから上達が始まるんでないの。

17 :無名草子さん:02/03/26 17:58
読書ばっかりやってるとボケるのか!?

18 :無名草子さん:02/03/26 18:11
>16
あれ?その本の主張って
「代用品であるが故良いものを模倣しろ」
つまり、糞みたいな本なんて読んでないで
古典読めヽ(`Д´)ノゴラァーってなもんでなかったかい。確か。


19 :無名草子さん:02/03/26 18:18
ぼけないんじゃない?
変な雑学が身につく。漢字に強くなる。趣味:読書・・年輩にうけが良い。
これくらいか・・・読書の利点。
頭使わないって、いい事ではないの?
リラックスしてるというかさ、そういう時間もあっていいと思うよ。


20 :無名草子さん:02/03/26 18:55
>>12は間違いなくショーペンハウエル。
大学のドイツ語でこれをやらされた(実話)。
日本語訳は岩波文庫にある。『読書について』。

21 :無名草子さん:02/03/26 18:57
つか、あんな哲学書を読んでる人間が、なんでこんなにいるんだ、このスレには??

22 :無名草子さん:02/03/26 19:01
最近ではショーペンハウエルと言うのか。
教授め訛ってるゾ。

23 :無名草子さん:02/03/26 19:22
別に賢くなろうとか頭働かせようと思って読書してるわけじゃないのに
何、鬼の首とったみたいにスレたててんだか。
純粋に面白くて気持ちいいからだよ。読書するのは。

24 :無名草子さん:02/03/26 19:27
右手を激しく使います。

25 :無名草子さん:02/03/26 19:39
「読書とは他人の馬を頭の中で走らせる行為である」

誰の言葉だったかな。

26 :無名草子さん:02/03/26 19:46
≫14
困るのは「自分の頭で考える」と正しい結論に到達する
がイコールでないこと

27 :無名草子さん:02/03/26 20:32
>>22
じゃ正しくはなんと発音するの?

28 :無名草子さん:02/04/18 06:29
ショウペンハウアー

29 :無名草子さん:02/04/18 08:52
教養をつける目的でする読書があってもいいと思う。
しかしその場合、ただ読んだだけではダメ。
情報をインプットだけじゃなくて、アウトプットもしないとイカンのだそうです。
要約するとか意見や感想を書くとかして、はじめて「頭を使った」ことになる。
と、大学の先生に言われたことがあるよ。


30 :無名草子さん:02/04/18 13:21
ものを読んで理解するのより、それを書いて説明するほうが10倍難しいのである。

31 :無名草子さん:02/04/18 15:26
説明できないうちは理解できてないということだろうか。

32 :無名草子さん:02/04/18 18:28
オナニーはからだを使う。

33 :無名草子さん:02/04/25 16:41
本読んでる時は無意識に必ずおちんちん弄ってしまうというのを
戦前の誰かのエッセイで読んだんだけどタイトル解る人います?
難しい本ほど迅しく弄ってしまうという所で凄い笑った記憶があるんですが
このスレ見てて何故かまた読みたくなってしまった。

34 :-:02/04/25 17:22
リビドーだね

35 :無名草子さん:02/04/25 18:15
確かにアタマよりココロの栄養って感じ。本にもよるだろうけど
ギョエテとは、俺のことかとゲーテ言い  by・・・、芥川だっけ?
哲学的なんだか駄スレなんだかよく分からんなここ
ま似たようなもんか

36 :=☆☆(゚∀゚∀゚)U・S・A(゚∀゚∀゚)☆☆= ◆USA/W/mE :02/04/25 19:12
想像力情景が浮かぶ
読みながら色々考える


頭が働かないのは馬鹿だから

37 :無名草子さん:02/04/25 20:52
赤川次郎なんて読んでると
脳はほとんど働かない

別に批判の意味ではないよ
そういう本のあり方もあると思われ

作者本人の執筆中もそうだったら少し欝

38 :無名草子さん:02/04/25 21:09
筒井康隆は結構頭使う

39 :無名草子さん:02/04/27 03:15
>21
岩波文庫が薄くてとても平易だから、読んでいる人は結構いると思う。



40 :無名草子さん:02/04/29 23:52
一年に何百冊も本を読む人もやはりいちいち考えながら読んでいるのでしょうか。

41 :無名草子さん:02/04/30 01:03
私の父はぼけていたけど
読書家だった。
聖書とか時代小説とか良くよんでいた。
映画なんかもよく見て筋はちゃんと理解していたよ。


42 :Toppamono:02/04/30 03:57
>>8
その意見で、ほぼ間違いないでしょう。
(1)習慣的読書に向く作家
 あくまで活字を追う作業、つまりは薄っぺらい内容が良
(2)改めて読書を意識したいときに向く作家
 よし、読むか。とある種の意気込みを抱かせる内容が良

小生には、もう1つの分類があります。
(3)気分を高揚させるときに向く作家
 読んでいく内に、自分の可能性を信じられる内容が良

最近は(1)の類の本しか読んでおらず、
恥ずかしい限りです。
また(3)の類の本は、あまりどっぷり浸かると、
本を読んで気分を高揚させること自体が目的になってしまい、
手段と目的が入れ替わってしまいます。
人生を豊かに生きるどころか、あたかも麻薬の様に
(3)の類の本を追い求めてしまうのです。
類型化された前向きな考えに溺れていれば、自分の頭を
使う必要がなくて楽ですから。
小生ももっと(2)の類の本を読んで、頭を刺激して
脳を活性化させなくてはなりませんなあ。

43 :無名草子さん:02/04/30 09:16

お、やっぱりショーペンハウエルの話が


8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)