2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

登校拒否の友達に読んで欲しい本

1 :チェンマイ三郎:02/03/08 11:08
オレの友達が登校拒否に陥り、引篭り、今年の四月から通信制の学校に通います。
多分、原因は、友達、人間関係などのコミニケーション面から起こってるのだと思います。
悪口、陰口を言われることが凄い気になってしまう、と言ってました。
多分、クラスメート、または違うクラスの生徒からそういうことを言われたんだと思います。
友達は、人に優しく、凄い気を使ってくれる人だっただけに残念でした。
今では対人恐怖症っぽくなっており、外へでるのもままらない、と言ったところです。
でも、電話とかでは到って普通なんです。
オレは、とにかく家にいるだけでは発狂するぞ、外へ出て遊んでみれば?とか言うんですが、やっぱり怖いと言います。
クラス会などが計画されてあったので、それにも参加してみれば?と言ってもやっぱり怖いっていうんです。
でも、やっぱり、一番辛いのは孤独だと思うんです。
そして、友達の親は、友達のことを精神病などと思っており、それもまた、ショックだったと言っていました。
友達は、生きている意味がわからない、死にたい、と思っており、自殺未遂的なこともした言ってました。
オレは正直、言葉がでませんでした。何も力になれない、自分への苛立ちも感じたからです。
そこで、オレは本を薦めたいんです。オレ自身が本を読んでいっぱい考えさられたし、いろいろ役に立ったからです。
と、言ってもちょっとしか読んでないのですが。
もし、よければ、こういう状況に出くわしている友達に読ませたい、薦めることができる本を知っていたら教えていただけないでしょうか?
ただ、いかにもメンタルケア的な本は薦めたくないんですよ、、、
個人的には、村上龍のエッセイをと思うのですが、、駄目ですよね、、、

2 :無名草子さん:02/03/08 11:45
これ読ませれ
ttp://www4.osk.3web.ne.jp/~kawami/

3 ::02/03/08 14:50
滝本竜彦


4 :チェンマイ三郎:02/03/08 19:29
お願いしますよ

5 :無名草子さん:02/03/08 19:31
完全自殺マニュアル

6 :無名草子さん:02/03/08 19:41
『シュレディンガーの猫がいっぱい』

これでも読んで、ほかの世界の自分に思いを馳せよう。それしかない。

7 :無名草子さん:02/03/08 19:47
あー……
リアルタイムという点で、
ラジオのほうが効果的なんじゃないか?
AMね。いいぞ、主婦向け番組。
テレビだと明るさにめげちゃうだろうし。



8 :無名草子さん:02/03/08 19:47
読んでほしい本
『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎)
『努力論』(幸田露伴)
『この人を見よ』(ニーチェ)

観て欲しい映画
『カッコーの巣の上で』(ミロス・フォアマン、1975)
『泥の河』(小栗康平、1981)

聴いて欲しい音楽
モーツァルト『交響曲第四十番ト短調』
ベートーヴェン『交響曲第三番エロイカ』

9 :無名草子さん:02/03/08 19:48
本もいいアイデアだけどそういう子は考えが内面に向いちゃうよ。
春から学校通うんだし、外の世界を見せるのがいいと思うけど。
いや、クラス会とかじゃなくてね。


10 :無名草子さん:02/03/08 19:51
村上春樹の「ノルウェイの森」
・・・・・・を読むと友達はすごく共感するかも知れないけど、読ませない方がいいかも。

11 :無名草子さん:02/03/08 19:55
ゲルヴェン「ハイデガー『存在と時間』註解」
夢野久作「ドグラ・マグラ」
中島義道「『時間』を哲学する」
作者不詳「西遊記」

12 :無名草子さん:02/03/08 21:09
登校拒否を肯定する本がいいの?
学校に行かせるような本かいいの?

13 :チェンマイ三郎:02/03/12 00:34
ありがとうございます、

>>12
とにかく、友達がよい方向へ向かえば、、、、

14 :J.P.サルトル:02/03/13 03:45
嘔吐




ますます引きこもったらゴメン

15 :無名草子さん:02/03/14 00:31
庄司薫の「赤頭巾ちゃん、気をつけて」。
本とは違うけど、落語の「唐茄子屋政談」。
うーん、難しいな。

間違っても「だからあなたも生き抜いて」は読ませないほうが……。
あれは逆効果だと思う。

16 :無名草子さん:02/03/14 00:35
君が話し相手になってあげることは良い事だ。本ならラッセルとかヒルティー
の人生論風の物が良いでしょう。

17 :無名草子さん:02/03/14 00:44
ベタに性善説とか。
って俺は読んだことありませんが。

漫画で申し訳ないが、『バガボンド』の1、2巻は良いと思う。

18 :無名草子さん:02/03/14 00:51
むつかしい本より、ありきたりで「友達っていいな、仲間って大切だな」
って思えるようなライトノベルとか。
個人的には宗田理のぼくらの七日間戦争を始めとするぼくらシリーズを
薦める。「こんな奴らと友達になりたいなあ」と思う本ベスト。

19 :無名草子さん:02/03/14 00:54
まず外へ出すのなら掘越日出夫の『ストーカー日記』。
ダメでも海外に目を向けさせるならゲッツ板谷の『インド怪人紀行』。シリーズではこれが適当。
もっと強くなれ、と思うなら国松俊英の『おかしな金曜日』。
家に引きこもってばかりならそのまま家の本を。渡辺篤史の『こんな家を建てたい』。
好きなことを極めさせるなら淀川長治の『「生きる」という贅沢』。

20 :無名草子さん:02/03/14 01:02
ショック療法として2CHを教える。
おススメできないけど、
世の中には色んな人がいる事を知るきっかけにもなる。

でも、1がいること自体が、その友達にとっては何冊の本にも勝ることだ。


21 :チェンマイ三郎:02/03/15 01:01
みなさんありがとうございます。
勧めみたいと思います。

22 :無名草子さん:02/03/15 01:59
本を薦めても、その本を読んでいる間はその世界にひたれていいと思うけど、
読み終わったらまた現実に引き戻されて同じ状態になると思う。
その友達は嫌がるかもしれないけど、やっぱりカウンセラーの人に相談したり
して、外に出る意志を持たせるようにする方がいいと思います。
基本的に、本は一時的な逃避みたいなものだし。
結局は別世界、みたいな感じですよ。
私も1さんの友達みたくなったことあったから、わかります。

23 :ミ[゜゜]ミ ◆LikHmODM :02/03/15 05:55
>>20が良いこと言ったな( ´ー`)y─┛~~

24 :無名草子さん:02/03/15 10:37
>>20
2Chの洗礼を受けて、バスジャックするだけだと思われ。

25 :古本屋店員A:02/03/15 20:34
2chの影響ごときでバスジャックする馬鹿者なら、ほっといてもそのうち犯罪に走るだろ。

26 :無名草子さん:02/03/15 21:27
たしかに、2ちゃんが更正だろうが犯罪だろうが行動の"きっかけ"にはなるかもしれんな。
ただ2ちゃんで更正ってのはにわかに信じられん話だが(藁

27 :無名草子さん:02/03/15 21:37
>>1
そういう人って大抵沢山本読んでると思うんだけど。
あとそういう人って孤独を辛く思うの?
人間嫌いなんだから誰とも会いたいと思わずむしろ孤独を楽しんでいるんじゃない?
俺はそうだけど。


28 :無名草子さん:02/03/15 22:53
自分の無力感を本で穴埋めしよーってか。おめでてーな。
人に本を薦めるってすごく傲慢なことだと思うんだよね。
きっとどんないい本を薦められても、
推薦されたという事実だけで、その友人は読む気をなくすと思うな。

実は私も高校中退で、理由は友人さんと似たようなことなんだけさ。
やっぱり当時の友人はすごくショックだったって言ってたよ。
どうして相談してくれなかったんだろうと悩んだそうな。
だから1さんも色々動揺していることは想像できるんだけど
気を遣いすぎたり考えすぎたりしたら、友人はますます心を閉ざすと思う。
神経過敏になっている人に小細工しても、裏目にしかでないよ。

小細工なんかいらないからさ、普通に友人でいてあげればいいじゃん。
電話で話を聞いたり、一緒に遊ぼうなどと誘ったり、
うざいと言われたら黙って待ってあげればいい。
その友人の言うことが正しいと思えばうなずけばいい、
間違っていると思えばそれは変だと言ってあげればいい。

あえて本を勧めるなら、1さんの好きな村上龍でいいんじゃないの?

29 :チェンマイ三郎:02/03/15 23:52
>>27
読んだことがある本は五体不満足だけだと言っていましたが、、、

>>28
そうですね、普通に友人でいつづけたいと思います。
友人も今、かなり悩んでいると思うんですよ。
友人の家はかなりの遠方にあるのでメールのやりとりをするくらいです。
4月から通信制に通うと言ってましたが、それでも、かなりの不安があると思うんですけど。
だから、其れに対して少しでも力になることができればとおもったんですが。

>>自分の無力感を本で穴埋めしよーってか。おめでてーな。

こういうつもりでこんなスレたてじゃないんですけど。
かなしいなー。それに本ってそんな穴埋めなんてそんな価値しかないのかなー。


30 :無名草子さん:02/03/15 23:58
>>28
それじゃスレたてらんないじゃん

31 :無名草子さん:02/03/16 04:08
中坊公平「金ではなく鉄として」
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0225160/top.html

asahi.comに連載していた頃より愛読していたけれど、なかなか地味だけど、ええ自伝本だったYO。
登校拒否はもとより、中坊の事が嫌いな左翼も在日さんも、みんな読んでみ。

32 :age-man:02/03/17 12:16
age

33 :無名草子さん:02/03/17 13:16
西の魔女が死んだ

34 :無名草子さん:02/03/17 20:44
メンヘル板とかで聞いてみたら.
たとえばカウンセリングとかするときはあまり処方箋を出すような態度じゃダメらしいよ.

35 :無名草子さん:02/03/17 20:56
>>29

>>27
読んだことがある本は五体不満足だけだと言っていましたが、、、

イタイ・・・・イタスギル・・・・・。
その人は本なんか読まないヤツだと思うな・・・。




36 :無名草子さん:02/03/17 21:49
「西の魔女が死んだ」はいいぞ。
もともとヒッキーが主人公だし。
オバアチャンノカラダヲダッシュツセイコウ!

37 :無名草子さん:02/03/17 23:48
「ぼくは勉強ができない」山田詠美

38 :無名草子さん:02/03/19 12:34
精神科や神経科への偏見を解く本。

39 :無名草子さん:02/03/19 12:46
本よりガーデニングでも勧めてはどうか
日光にあたるだけでも効果あるっていうし

40 :チェンジオーバー:02/03/19 20:28
マーガレット・マーヒー
「めざめれば魔女」



41 :無名草子さん:02/03/19 20:38
自分の経験から言うと、そういうときは悲惨な、救いの無い本を読むのがいいよ。
自分はこの程度のことで悩んでたなんて。。。平和な2000年代の日本に住んでて良かった、
と思えるほど酷いのが良い。


42 :無名草子さん:02/03/19 22:09
>27
の意見にちょっと同意。
人に会いたくない、一人でいたいって思ってる気持ちもあると思う、1さんの友達は。
かまってほしくないのにかまわれると余計イライラする。

43 :無名草子さん:02/03/20 14:14
河合隼雄さん(臨床心理学者)の本おすすめ。
「こころの処方箋」とか。
この人のはなんでもおすすめです。
あとは楽しい本がいいかな。自分の悩みをかを忘れるぐらい熱中して
読めるもの、本でもまんがでも。


44 :無名草子さん:02/03/20 14:28
岸田秀
「ものぐさ精神分析」「幻想の未来」等
己追及型のちょっといいかげんさが入った彼の著作
(実はあの方はひょうきんなヒトなのかも)

45 :無名草子さん:02/03/20 14:38
斎藤茂太「豆腐の如く」

46 :無名草子さん:02/03/20 14:41
岸田や河合のは読むべからず。

47 :無名草子さん:02/03/20 14:49
聖書。永遠のバイブル。

48 :三村:02/03/20 19:10
>>47
そのまんまかよ!

49 :小森まなみ:02/03/20 20:10
だいじなだいじな宝物を読ませてください

50 :無名草子さん:02/03/21 05:03
>小森まなみ
ロリ声おばさん

51 :それで:02/03/31 12:01
読ませる本は決まったのか?

52 :無名草子さん:02/03/31 12:09
カミュの異邦人

53 :無名草子さん:02/03/31 22:50
小説は、特に影響はないと思うが。
むしろエッセイとかのがいいかもな。更生にすこ〜しだけでも
役に立つかもしれんのは。
小説は、ただの娯楽です。


54 : :02/03/31 23:03
不道徳教育講座 三島先生

55 :名無し募集中:02/03/31 23:06
吉本ばななさん。
人生捨てたもんじゃないって思える。
あっ、男の子だったら村上春樹さんのノルウェイの森。

56 :無名草子さん:02/04/01 19:26
漫画だけど、古谷実のヒミズはどうでしょう?

57 :無名草子さん:02/04/01 21:29
興味のありそうな分野から行くしかない気が…

ちょっと読むだけで万人に興味が沸き起こし読了させ、
かつ更正できそうな小説があるとはおもえない。

58 :無名草子さん:02/04/02 10:32
キングのハイスクール・パニック。
寧ろ行きたくなるかも

59 :無名草子さん:02/04/02 11:29
本じゃないけど、恐怖物のビデオ。
呪いのビデオとか。
怖くて一人でいるのがイヤになり、人との接触を求めるようになる…。

60 :無名草子さん:02/04/02 14:44
あんまり小難しい小説読むと余計に落ちこむ気がするよ。
だから軽くマターリと笑える本がいいんじゃないかな。
というわけで、いつもここから『悲しいとき』を推したい。

61 :60:02/04/02 14:49
60の書き込みだとなんか無責任過ぎる気がするので……

先に書いたことと矛盾しますけど、
ジュディス・L. ハーマン『心的外傷と回復』をぼちぼちと
読んでもらってみてはどうでしょう。かなり高い本なので、
図書館とかに行くしかないかもしれないですけど。

あとがきの中井久夫氏のいじめ体験の告白なんか
結構自分もいじめられっ子だったので身につまされました。

62 :無名草子さん:02/04/02 15:36
「戦闘妖精・雪風」「グッドラック 戦闘妖精・雪風」
他者とのコミュニュケーションに関するSF小説。人間関係に関する視点がちょっと
変わるかもね。

63 :名無し:02/04/24 15:32
サマーヒル少女の日記 やっぱり自由がすき
大塚千野   晶文社

64 :田中康夫:02/04/24 15:45
俺も同じ状態だったことがある。でも俺は克服した。
はたしてどのようにして克服したか?
ポイントは人の顔を一切見たり、感心があるような素振りを
見せないこと。
そうすれば、周りに人がいてもいつも一人でいるのと同じ状態
になり、いつもリラックスできる。

65 :無名草子さん:02/04/24 17:14
「早過ぎる夜の訪れ」を。
新潮から出ている自殺の研究本(といってもハウツーではないよ)なんだけど、
いろんな人の自殺前の遺書とかね、集めてあるの。
落ち込んでいるときに読むと気持ちが落ち着く。
不思議なんだけど、落ち込んでるときにあかるいものって、
世界からおいてけぼりにされたようで、受け付けないんだよね。
死にたいときは、それに関するものを。一番関心が高いことについて
語られているものを。

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)